[日記過去ログ 2006年07月]
06/07/31(月) 23:20

○楽しそうに歌い踊る℃-uteを見るのは楽しい

こども未来博℃-uteミニライヴのレポ。
見てて感じた事をさらっと。

始発の飛行機で会場入り。初日1回目のミニライヴ整理券は61番だった。
会場はキャパ600で、横に3ブロックで30席×20列って感じかな。
前列の方もまだ空いてたけど、5列中央ブロック右側通路千聖ポジションをゲット!

身内で、通路側縦4連番くらいだったね。
全員着席とはいえ、右側通路だと即抱キックできるしw


開演すると、いつものまっさらのジャケ衣装で℃-ute登場。
この衣装はずっと使われてるけど、ダンスで激しく動く身体の様子が良く分かるから好き。

出てきた千聖ちゃんの第一印象、茶色い! より茶色くなって、すごく勇ましく見える。
千聖ちゃんのパワフルなダンスも、よりかっこよく見えるよね。



・わっきゃない(Z)(ショート)

CD発売となった、新生わっきゃない(Z)。
曲自体に特に大きな変化はないけど、見てると、やっぱり全然違うよ。

初披露の頃からの成長分はもちろん、それにプラスして、やっと「わっきゃない(Z)」が
CDになるんだ!!っていう意気込みみたいなものが感じられるんだよね。
大切な初めてのオリジナル曲が、こういう形で披露できるっていう喜びが感じられて。

1回目はじっくりと見てた。パート割りとか確認したいし。
けど、千聖ちゃんは、パート以外でもかなりの部分で歌ってるから、判断がつきにくいね。

最後のフルの時に確認したけど、「魅力をください」って部分は千聖ちゃんだね。
このパートをもらって、とても嬉しかったんだろうね。
千聖ちゃん、ここのパートを、すっごい大切そうに歌っているんだもん。
とてもいい表情だった。

他にもいくつか、パートだったり、二人くらいで歌ってるパートがあったかな。
この名曲に、千聖ちゃんの歌声がより多く乗るってのは、ホントに喜ばしい事だよ。


あと、ここでアクシデント発生。千聖ちゃんのヘッドセットが外れかける

全然直らなくて、ずっと左手でマイクを押さえながら、右手だけで頑張って踊っててね。
大きい激しい振りが多いから、すごく大変そうで、見てて気が気じゃなくて。

けどね、そんなアクシデントがあっても、ホントに大変だったろうに、そんな素振りも
見せずに頑張ってる千聖ちゃんの姿を見てたら、ジーンときた。
しかも、ずっと笑顔を絶やさないんだもん。
やっぱりね、笑顔の神様に魅力をもらった子だもんね。


・大きな愛でもてなして(ショート)

2番が無いので、千聖ちゃんの「フー!ジャンプ」がない!!!
なんてこったぁ〜。
それと、この曲の千聖ちゃんは左サイドなんだよね。前列の子たちの影になっちゃう。

おかげで、他の子がどんな振りをしてるのか、始めて見たw
後列の子達の振りも投げキスとかあって可愛らしいけど、前列も可愛いね。
そして可愛いだけじゃない、可愛らしい中にもかっこ良さを感じる歌だなって思った。

それと、もう一つ発見!!
その可愛らしい曲を歌い踊るめぐちゃんの、罰ゲームを受けてるような苦笑い顔!!
話には聞いてたけど、ホントに微妙な表情で歌ってるんだ。
けど、これはこれで良いかも!


・即 抱きしめて

1曲目から3曲目まではノンストップ。
わずかな曲間に、ポジション移動するみんなの様が、なんかカッコよかった。

即抱きは、改めて、適距離からマジマジと見ても、やっぱりカッコ良過ぎる曲だ。


・MC

「未来」にちなんだ話を織り交ぜつつ、自己紹介。
千聖ちゃんは「小さい頃、空を飛ぶ自動車を夢見てたけど、まだないぞー!」っと。
そんな自動車が出来たら、一緒に乗ろうね!


MCが終わると、「次は娘。の大ヒット曲を」っていう曲振り。

なんかなんか、千聖ちゃんが真ん中に歩いていくよ!!
なんか、千聖ちゃんが左右に揺れ始めたよ!


・LOVEマシーン (土曜のみ)

千聖ちゃんが真ん中にどかっと居座って、LOVEマシーンが始まる!!

この日の千聖ちゃんはね、最初から微妙なそわそわ感があったんだよね。
ヘッドセットが外れた時も、ちゃんと直したいって気持ちがすごく伝わってきた。
それは、この曲が控えてたってのも大きかったのかな。

やぐっつぁんパートっぽかったね。三銃士のLove*3ファクトリーも千聖ちゃんが担当。
そしてもちろん、最後の「LOVEマシーン」も千聖ちゃんが担当だよ。

このラストは、去年の正月ハロで愛理ちゃんも担当したパートだもん。
永遠のライバル千聖ちゃんは、「愛理には負けない!」って思うに決まってる。
その思いが強すぎたのか、2回ともちょっと気持ちが入りすぎちゃった感じがあったね。
でもそんなのは関係ないよ。
千聖ちゃんのラヴマを見れただけでも、来た甲斐があった。


・まっさらブルージーンズ

近頃は、あまり聞く機会がなかった曲だけど、かなり高まった!!!!!!

この曲のLoveMe*4の部分、千聖ちゃんは斜め上の方を見つめながら絶妙な表情を見せる
「見せ場」だったんだけど、この日は、すっごく楽しそうな感じで歌ってたな。

ホント、この曲は特に、歌い踊れて楽しいんだろうなってのが伝わってきた曲だった。



・わっきゃない(Z)(フル)

MCを挟んで、最後はわっきゃのフルサイズ。
こうやってメインとして見させられるとね、やっぱりわっきゃない(Z)こそ℃-uteだなぁ
ってつくづく思うよ。



初回終わった後とか、驚きもあって、見た後の充実感と満足感が、すごかったね。
ミニライヴの方は、あまり期待してなかったっていうギャップもあったし。
マイマイが日曜に欠席だったのと、ラヴマが土曜だけだったのが、残念だったけどね。

騒ぎたいだけとか、ヲタ芸したいだけとか、そんな人がほとんど居ない、まったり空間
人数的にも、初回が200強、2回目が200弱、日曜は一般層が多くて400強くらいかな。
そんな現場で、歌い踊る事を本当に楽しんでる、テンションがやたらと高い℃-ute達

最後方ら辺を除いて、ほぼ全員着席で、℃-uteの魅力を見せ付けられるイベントだった。
細かい部分までしっかり見れて、たくさん気付いたとこがあった。
マジマジと見た、即抱きの千聖ちゃんの身のこなしとかもね、惚れ惚れしたよ。



結局、2回目のライヴも整理券54番で4列目右通路、日曜も268番で8列目右通路って
感じで、3回ともほとんど同じ場所でライヴを見てた。

ちょうど、わっきゃも、まっさらも、即抱きのサビ部分も、千聖ちゃん真正面!!
踊ってて自然に視線が来る位置だし、歌い踊ってる千聖ちゃんの姿が大好きなかたっぺに
とってはね、文句無くベストポジションだった。

座りとはいえ、正面で向かい合って一緒に踊ってると、二人でダンスレッスンをしている
かのような気持ちになったね。
千聖ちゃんの発するパワーを、たくさん受け取れた気持ちになれた。
たくさんの魅力を見せ付けられて、大好きな気持ちが、また次の段階に進んだ感じ。
ホント、楽しかった。





<<< メールレス >>>

>>スクエアダンスさん

>6曲ですか? うらやましい。。。
>4曲以外は何を歌ったんでしょう?
>私は、おとなしくハロショで「わっきゃない(Z)」買いました(悔)

曲は上に書いたとおりです!
ライヴ前は、わっきゃ以外はショートでもいいから3曲はやって欲しいなぁっ
とか言ってたんで、見てる方もビックリでしたね。
ラヴマは、千聖推し的には涙ものでしたし。
かなり無理をした札幌遠征でしたが、行った甲斐がありました。



06/07/30(日) 25:00

○リアル℃-uteの夏休みin札幌

℃-uteのみんな、おつかんな!

ホントに楽しい札幌遠征だった。
何よりも、℃-uteが楽しそうだったのが、最高で。
かたっぺは、大好きな子が楽しそうにしてる姿が、とても大好きなんだよ。

だから、楽しい気持ちを忘れないように、殴り書き。



ヲタも高まってたけど、℃-ute達のテンションが異常に高まってたね。
それが、札幌が最高な現場になった要因の一つだと思う。

千聖ちゃんもいつもと違うって感じの事言ってたもんね、「せっかくの北海道〜」って。
それに、あのめぐちゃんが、すっごい楽しそうにしてたって同行めぐヲタも話してたし。
北海道っていう地が、℃-uteを特殊なテンションにしていたのかもしれない。

なんかね、「℃-uteの楽しい夏休み旅行」に、招かれてしまったって感じだった。
「一緒に楽しもう!一緒で楽しい!」っていう℃-uteの気持ちが、とても伝わってきて。


もちろん、全6曲という今までに無い曲数をやったっていうのも、一つの要因だね。
歌とダンスに非常に高い意識を持っている℃-uteのメンバー達だからこそ、
ファンにパフォーマンスを見てもらえるって楽しみ、それを感じてるんだと思う。

例えば千聖ちゃんとかね。
近頃は歌う時には、しっかりと表情まで作って歌い踊ってる千聖ちゃん。
そんな千聖ちゃんが、楽しくて耐え切れないような感じに、歌っている途中に、
満面の笑顔がこぼれてきちゃうんだよ。
「楽しいね〜」って言葉が聞こえてくるような表情だった。


ライヴ自体の内容的にはもちろん、℃-uteたちの楽しんでるって気持ちも、場所的にも、
キャパ600人の会場に180人っていう観客数も(日曜は400くらい)、全員座りってのも、
全て抜群のシチュエーションが揃ってしまった、そんな感じだった。

当然、推し姿勢によって評価は分かれると思うけどね。
少なくとも、自分や、行動を共にさせてもらった界隈にとっては、これ以上ないって現場。


楽しみながらのこういう経験は、℃-uteの実力として蓄積されるはず!!
この経験が、今後の℃-ute達の活動にどう活かされていくか、とても楽しみ。




そんな状況に我を忘れてか、握手会はとんでもない大失敗!!に、大失態!!
これで、何とか頑張って、福岡に行かねばならなくなったな。


1回目でテンパったから、2回目の準備のために書いたこんなカンペも、無意味だった。




そんなテンパっておかしくなってるかたっぺを、優しい眼差しで微笑みかけてくれる
千聖ちゃんの優しさと大きさに、さらに惚れ直したよ。
千聖ちゃんが、大好きだ。



06/07/28(金) 24:20

○わっきゃないぜ

いよいよ明日、℃-uteの曲「わっきゃない(Z)」のCDを手にすることが出来る。
こんなに幸せな事はない。


Cutie Circuitも、いよいよ、わっきゃない(Z)バージョンだ。
8月でCircuitも最後だろうし、毎回4曲歌ってくれたりしないのかな?
歌とダンスと℃-uteが大好きなあの子達だって、全部歌いたいに決まってるじゃん!
そうなれば、℃-uteも℃-uteを応援する方も、幸せの中になれるだろうに。


そうそう、わっきゃが発表された時は、かんちゃんが居なかったんだよね。
その後、パート割とかも変わってきているらしいし。

そんな中、シングルCDとして登場するわっきゃは、どんなものになるんだろう?
ガラっと変わるの?
「直感2」のように進化しちゃう?
それとも「直感2remix」の域まで一気に行っちゃう?





冗談はさておき、このわっきゃでは、かんちゃんが加入した後の℃-uteの真価
いよいよ発揮されるかもしれないって思うんだよ。
近頃の℃-ute達を見てると、なんか殻を破るような、そういう雰囲気を感じるんだ。

応援企画で初めて見たときから、鮮烈な印象を受けた、わっきゃない(Z)。
それが、さらに洗練されて、あれから成長した「今の℃-uteの魅力」を、余すとこなく
表現するような曲に生まれ変わって帰ってくる。

そう期待して、新曲を見に行くような意気込みで、参加してきたいよ!!



06/07/27(木) 23:20

○なんか温度差を感じる事もある

2年前、「34丁目の奇跡」を起こした、千聖ちゃんと愛理ちゃん。

カーテンコールで出演者が、口々に「幸せな空間」と言ってたあの現場。
あのミュージカルが、これ程までに幸せな空間となった理由

それは、千聖ちゃんと愛理ちゃんの才能と存在感が、他の演者にいい影響を与えた
って部分がとても大きいって思ってる。
贔屓目かもしれないけど、それくらい、場を変えるくらいの存在感だったし。

周りにプラスの影響を与える存在。



だからこそ、℃-uteが出演する場面では千聖ちゃんしか見ていないかたっぺ的にも、
千聖ちゃんの活躍を通じて、℃-ute全体が見れるって思ってた。
千聖ちゃんが頑張ってるって事は、イコール、℃-ute全体としても頑張ってるんだって。
ムードメーカーな千聖ちゃんの頑張りは、℃-ute全体の頑張りを映しているんだって。

けど、千聖ちゃんだけ、ちょっと突き抜けちゃってるのかもしれないのかな?
てっきり、周りのみんなも頑張ってついて来てるのかと思ってたのに。
なんか、そう思うことが多い。
そう思わされるようなことにぶつかることが多い。

近頃の℃-ute現場で、やたらと千聖ちゃんヲタが増えてるなぁ〜って思うのは、
錯覚ではないのかもしれないな。


そんなだからね、「℃-uteに対する熱さ」に触れると、とても心地良いんだ。
かたっぺが思ってるこんな事、全部気のせいだったんだって、安心できるから。

だからね、℃-uteの本当の魅力をもっともっとたくさん知ってもらうためにも、
その魅力に気付いてもらえるような言動を、これからもして行きたいと思う。

まぁ、千聖ちゃんを推す事を通じて、ってことになると思うけどね。



06/07/26(水) 23:00

○このワンダコンでデビューした人達

明日菜ちゃんもそうだし、それに、℃-uteにとってもCDデビュー後の初のコンサート
なった、今回のワンダフルハーツランド。
「始まりのコンサート。」

℃-ute達にも明日菜ちゃんにも、思い出深いコンサートになっただろうね。
当然、そんな子達を推しているヲタにとっても。
℃-uteについて言えば、やっぱり持ち歌持ってのハロコンは、テンションが格段に違うよ。


℃-uteの選曲、「大もて」(大きな愛でもてなしての正式略称?)と、「即抱き」っていう、
わっきゃ&まっさらに比べて認知度が落ちる曲を選んだのはどうなのか?

別に認知度は関係ないって思う。いろいろと℃-uteを取り巻く状況を考えてみても。


前に、soraぷーが言ってた事なんだけど、Cutie Circuitで℃-uteのライヴを目にした
親子連れ(?)が、愛理ちゃんの歌声を聞いて、「すごい」って言ってたらしい。
多分、初めて見聞きする曲だったと思うのに。
だからね、曲を知ってるか知らないかに寄らずに、℃-uteの魅力は届くんだからと思うし。

基本的に℃-uteの出演時はステージ上しか見えてないんで、会場の雰囲気がどうだったか
良く分からないけど、認知度低いとはいえ、シーンって感じではなかったと思うし。
2004年夏ハロでベリがハピネス歌った時のようになったら、どうしようかと思ったけどさ。


個人的な思いだと、もう何度も書いてるけど、今の千聖ちゃんの魅力が一番良く表現
される曲
が「即抱き」だと思ってるし、今一番聞きたいって曲が「大もて」だったから、
このタイミングで聴くにはベストな2曲だったんだけどね。
まぁもちろん、4曲全部やってくれるに越した事はないんだけどさ。

その他もろもろ含めて、「℃-uteコンサート」までのお楽しみとして取って置こう。
応援企画を見て以来、その思いがとても強くなってるよ。ホントに楽しみだよ。




○バトン?

なんかなんか、千聖ちゃんがバトン(?)を拾ってきたようなので。

リ ・一・リ<まるるんとこで拾ったぞー!



℃-ute楽曲印象バトン(?)

今時点で、その曲から受ける印象と、その曲への思いを書いてみようかと。


・わっきゃない(Z) -23回

このイントロが流れるとね、わっきゃが聴けるってより、℃-uteが見れるって印象。

この曲を歌い踊る℃-ute達を見るたびに、℃-uteらしい曲って思う。
逆に、℃-uteから溢れる魅力を、歌詞とメロディーに乗せたって感じがするんだよ。
近頃良く思うんだけど、℃-uteを推している人はホントにこの曲が好きだ。
大好きな℃-uteの曲。


・まっさらブルージーンズ -13回

テンションを一気に引き上げられる曲。ライヴの一発目とか、すごく合ってる。

解き放たれた℃-uteが疾走していく感じが、とても小気味好くて心地よい。
1速2速3速と、どんどんスピードを上げていく感じに引き寄せられる。


・即 抱きしめて -14回

℃-uteの、特に千聖ちゃんの鼓動が伝わってくるような曲。躍動感と疾走感

℃-uteのパワーで、会場全体を包み込んでしまうようなパワーを感じる。
この曲を踊ってる千聖ちゃんが、一番かっこよく見える。
千聖ちゃんの筋肉の動きひとつひとつまでもかっこよく見える。


・大きな愛でもてなして -11回

一見ほんわかしたイメージなんだけど、実際はすごく奥が深くて面白みのある曲。
聴けば聴くほど夢中になっていくって感じで、かなりの勢いで聴いてる曲。

世間的に「大人」と呼ばれている段階を、既に超えてしまっている℃-ute達に、
「ちゃんとついてこいよ!」って煽られてる感じがするよ。
それを、あの可愛らしい衣装と振り付けでやられるんだから、たまらないって話。



もちろん、全曲とも大好き。いろんな種類の大好きだ。



06/07/25(火) 23:00

○エッグの名前を初めてアナウンスした理由

いや、理由って訳じゃないけどね。
今回はエッグが、選抜メンバーのみだけど名阪に遠征もしたし、名前もしっかりと言われたし、
そういう「変化」を見ると、いよいよエッグ写真が登場し始めるって事もあるのかなと。


まぁ、今までのハロプロとか、キッズとかとも違う展開をしてるエッグの事だから、
早く出さなきゃどうこうって話も無いと思うけどさ。
でも、そろそろ欲しいとこだよ。




これは、代々木の22と23の昼だけに入ってた、CRY FOR HELP!とコトブキ珈琲のチラシ。
左が橋本愛奈ちゃんで、右がストューカス・ロビン・翔子ちゃん。

こんな子達の写真、見てみたいって思うじゃん。


リ ・一・リ<明日菜の写真もだよぉ!

そう、明日菜ちゃんの写真がハロショで売られるなんて考えたら、ゾッとするね。
楽しみ過ぎてゾッとするよ。



それに、写真といえば、ハロコン後に発売される「みんな大好き、チュッ!」シリーズ。
夏ハロのはあまり出なかったり、今回はワンダ公演だけだったりと、出してくれるかは
微妙かなって思うけど。

もし発売されたらね、千聖ちゃんのページに明日菜ちゃんが出るのは間違いないよね。
それに加えて、明日菜ちゃんを連れ回す千聖ちゃんが、いろんなトコに写ってたりとか。
それを見て嫉妬しちゃうマイマイが写ってたりとか。
男の子用のおトイレに入ろうとして、明日菜ちゃんに止められる千聖ちゃんとか。
めちゃくちゃ見たいんだけどな。

まぁ、ワンダライヴ写真が発売され始めたら、明日菜ちゃん見切れ写真を必死で探すよ!



06/07/23(日) 25:40

○千聖ちゃんのお姉ちゃんっぽさ

今日はワンダコンの千秋楽。
最後の公演って事で、千聖ちゃんは、明日菜ちゃんの方をたくさん気にしてたね。


ごちゃまぜメドレーの時、セクシー↑↑を、すれ違い様の明日菜ちゃんに向けてやったり。
ちらちらと見る機会も、昨日より多かった気がするな。
その、明日菜ちゃんを見る時の表情が、もう完全に、優しいお姉ちゃんの表情で。

けどね、明日菜ちゃんは初舞台でテンパってるから、全然反応できないんだよね。
そういう風景を見てて、すっごく微笑ましい気持ちになってきたよ。


ごちゃまぜメドレーの時は、ブリッジ反対側で千聖ちゃんと明日菜ちゃんが踊る。
その後、千聖ちゃんが外周路を走って行って、その後を明日菜ちゃんが追いかけてく場面
あってね、その姿がもう、

ノソ*・ー・リ<お姉ちゃん待ってぇ〜

って感じに見えてね。そのシーンは熱かったなぁ。


でも、一番の見所は、最終公演のラスト曲、SHIP!TO THE FUTURE。
最後にね、千聖ちゃんと明日菜ちゃんがハイタッチして、ほぼ並んで歌い踊る。
それが曲の最後の方になると、全員が集まって千聖ちゃんと明日菜ちゃんの間の距離も
縮まってくるんだよね。

そこで、千聖ちゃんがやたらと明日菜ちゃんの方を振り向くんだよ。
それはもう、ホント、お姉ちゃんの眼差しでね。

リ ・一・リ<コンサート楽しかったでしょ?

って訴えかけてるような感じがして、その表情がホント、千聖ちゃんの家族愛が出てて。
あんな表情を千聖ちゃんに向けてもらえる、明日菜ちゃんが羨ましいよ。
それに、あんな可愛らしい明日菜ちゃんといつも一緒にいられる千聖ちゃんも羨ましい。


舞台に出てる明日菜ちゃんを見てると、いっつも表情を作れず素の表情だったね。
そりゃね、初のステージなんだからしょうがないよ。

けど、その魅力の片鱗は、しっかりと伝わってきた気がしたよ。
千聖ちゃんを女の子っぽくした感じの明日菜ちゃんだけど、根は千聖ちゃんと一緒だね。
噛めば噛むほど味が出る、明日菜ちゃんもそんな子だと思うよ。
これからの展開が、とても楽しみだね。


そしてもちろん、妹に負けられない千聖ちゃんの、さらなる飛躍も楽しみだよ。
明日菜のデビューが、千聖ちゃんに影響を与えないはずは無い。
その成長を見逃さないためにも、千聖ちゃんの疾走するスピードに必死についていくよ!!
だって、千聖ちゃんを推していると、とっても楽しいんだもん!!




○楽しかったワンダコン

あ〜ぁ、楽しかったワンダコンが終わっちゃった。
ワンダが終わっちゃうと思うと、最終公演の最後の方は泣けてきた。

ぶっちゃけね、℃-uteが2曲もフルで歌ってくれた事が大きい。
℃-uteがオリジナル曲を歌うって事で、そのコンサート自体が楽しいと思えてるんだ。
ちょっと前までは、考えられなかった事だしね。

それに、ただ歌ってるだけじゃない。ただ、出番があるだけじゃない。
千聖ちゃんも℃-ute達も、その2曲で、膨大な魅力を発しているんだもん。

だから、そんな℃-ute達のパフォーマンスによって、ライヴ自体が楽しいって思えるのは、
とても自然な事なんだって思うよ。
だから、そんなワンダコンが終わってしまうのが、とても悲しかった。
ホントに楽しかった、ワンダコンの℃-ute達だったよ。


そんなワンダコン、こんこんとまこっちゃんの卒業ライヴだった。
さすがに、最後に5期4人で好きな先輩を歌う姿は、感傷的にならざる得なかった。

けどね、それよりも一番心に残った事。
最後のメンバーとの挨拶の時。

こんこんとまこっちゃんにメッセージを伝える愛ちゃんが、とりとめが無くなってきた時、
「まとまってないよ!」って突っ込んだガキさん。
卒業メッセージにツッコミを入れるなんて、前代未聞だよね。

けど、それがね、5期の4人で行われた空間ってとこが、5期らしいなって思った。
最後の最後まで5期劇場が見られたなって。
卒業するメンバー、残るメンバー居ても、5期はずっと5期のままだなって思えたよ。





<<< メールレス >>>

>>たくやEZ-8さん

>代々木コン お疲れ様でした。
>また次回お会いしましょう。

お疲れさまでした。楽しいワンダコンで良かったですね。
またこれからも、いろんなとこで会うと思いますので、よろしくお願いします。

>今回は℃-uteのグッズが多かったですね。いっぱい買ってしまいました。

自分は、グッズ熱が一気に冷めちゃったんで、関係ないや〜って感じだったんですけどね。
でも、全部セットの千聖ちゃん写真が可愛過ぎて。これから集める事になりそうですw



06/07/22(土) 27:50

○明日菜と千聖のハイタッチ

ワンダコン@代々木の初日に行ってきた。

そう、この日が、岡井明日菜ちゃんのデビュー公演なんだよ。
千聖&明日菜姉妹の初共演だよ!!


一緒のステージに出るってだけでも、感慨深かったんだけどね。
それだけじゃなくて、歌の途中で千聖ちゃんと明日菜ちゃんがハイタッチしてたよっ!
もうね、その場に崩れ落ちそうだったな。

それ以外にも、二人が近づいた時に、明日菜をちらちら見てる場面もあったし。
千聖ちゃんが明日菜ちゃんの手を取るような場面もあったし。

なんとも言えない感じだな。
千聖ちゃんの家族愛がすっごく分かるから、舞台上ではコンサートの演出とかもあるし、
それをあまり出さないようにしているんだけど、やっぱりなんとなく出ちゃう、
そんな千聖ちゃんの妹思いなところがかすかににじみ出る様子が、たまらないよ。
楽しそうだったなぁ。

明日菜の目印は、ちっちゃい背にベレー帽っぽい帽子なので、探してみて!


ちなみに、千聖ちゃんほどじゃないけど、明日菜ちゃんも健康的な肌の色をしてるよ。
千奈美ちゃんと明日菜ちゃんが並ぶ時があったんだけど、ほとんど同じ色だった。
しかも、つんつんしたくなるような、かわいらしい肌の質感も、千聖ちゃんと同じだ。


けどね、明日菜ちゃんが舞台に出てる時は、必ず千聖ちゃんもいるんだよ。
明日菜ちゃんをじっくりと見れない苦しみ。

だけどやっぱり、千聖ちゃんが大好きだからね。しょうがないよ。
それに、明日菜と一緒にいる千聖ちゃんは、とてもはりきっちゃってるからね!!




(14:00)−−−−−−−−−−−−−−−−

○千聖ちゃんの雷獣シュート

お台場冒険王の、MIX GATASが出る8/7チケを前&後購入。8/22は様子見。
ホントは、フットサルとか興味なくってね、スルーする意気込みだったんだけど。




今年は学校のクラブで、球技部に入ったという千聖ちゃん。
今週の℃-uteちゃんでも、「走るのも速くて、球技も出来る」と言われる千聖ちゃん。
そして、ロナウジーニョな千聖ちゃん。


そういうの考えると、フットサルで活躍しちゃいそうな気がしてならないんだよね。
それならば、見に行かないって手は無いからな〜。

めぐちゃんが言う、「球技とかも出来たり」とか、「なんでも出来ちゃう」とかね、
フットサル練習中の千聖ちゃんの活躍っぷりを見てきた感想とも思えるんだよ。


ライバルの良い所や得意技を、すぐに自分のモノにしちゃう、サッカーの申し子大空翼、
そんな雰囲気を、千聖ちゃんからは感じる。
仲良しの武藤水華ちゃんと意識し合って、レベルアップしてるのかなって思ったり。

あ、でも、雰囲気的には、どっちかって言うと日向小次郎って感じか。
ユニフォームの袖を捲り上げて、強引なドリブルをしちゃうのが似合ってるよ。


リ ・一・リ<タケシ、ボールをよこせっ!

リ ・一・リ<もっと暑くなれ! そうすれば俺に有利になる!!




○夏の予定がぞくぞく

ついでに、こども未来博のチケットも購入。
土日分2枚買うのとあまり差が無いんで、フリーパスにしてみた。
これで、閉会式に出ても安心(?)。

けど、元々札幌旅行は、ヲタ事から離れた同級生との慰安旅行だったのにねw
いち早くCDを買えるだけでも良いと思ってたのに。
それなのに、OPセレモニーとか、ミニライブとか、Circuitとか、どんどん入れられて、
休ませてくれないんだね!!


昨日は、お盆の福岡行きの旅券も手配。
ホントはかなり諦めてたんだけど、マッチしたツアーがあったんで。
それでも、結構キツめな行程になると思うけど。

Cutie Circuitのラストがどういう扱い(?)になるか分からないし、日程的にも福岡が
ラストにはならないかもしれないけど、その可能性があるなら行きたいって思ったから。
今度こそ、100%千聖ちゃんを応援し尽くしたい!!




<<< メールレス >>>

>>スクエアダンスさん

>ハロプロアワー(℃-ute編)のコラムを書きました。
http://www.scramble-egg.com/column/178s45e.htm

ご連絡ありがとうございます。早速、読ませてもらいましたぁ!!

千聖ちゃんが高評価で、とても嬉しいですね。
古くからずっとキッズを見続けてる方に、評価してもらえるってのは、千聖ちゃんの実力が
ちゃんと認められているんだなぁって思って、ホントに嬉しいです。

千聖ちゃんの歌について、ソロっていうのは自分も意識してるんですよね。
2004年の34丁目で初めて聞いた時、「大人っぽい」「ハロプロっぽくない」ってのが印象。
厚みのある存在感のある声質。
それって言うのは、ユニットよりもソロでこそ輝ける才能だと思うんですよね。

あの時、ハロプロNo.1の「天使の歌声」と同じ舞台で歌った千聖ちゃん。
それでも、その歌声に魅力を感じさせるってのは、すごい事なんだって思います。
千聖ちゃんと愛理ちゃんは、No.1の歌手を目指すライバルでい続けて欲しいですね。



06/07/21(金) 22:00

○めぐ王子と岡井少年の大冒険 出会いの章

はるか遠い彼方にある、ある王国の物語。

その国の王子が、ある日、「もっと外の世界が見たい!」と言い、城を抜け出した。



リ|*‘ヮ‘)|<ここまで来れば大丈夫だな。

リ|*‘ヮ‘)|<これからは、王子って立場も忘れて、外の世界を思い切り楽しむぞっ!

リ|*‘ヮ‘)|<そうだな。まずは、街の方に行ってみようかな。


王子は街へ向かって歩き出した。



同じ頃、一人の少年が、愛犬を連れて散歩を楽しんでいた。


リ ・一・リ<おさんぽ、おさんぽ、たのしいなぁ〜♪

リ ・一・リ<パインと、リップだ、うひょひょひょひょ〜♪

リ ・一・リ<今日のおかずは、なんじゃらホイ♪



リ ・一・リ<なんかなんか、おかずとか言ったら、なんかおなか空いてきたぞぉ〜。

リ ・一・リ<はやく家にかえってごはんたべよう!

リ ・一・リ<よしっ、パイン、リップ、家まで競争だっっ!!


リ ・一・リ<うひょひょひょひょ〜〜 (←パインとリップを引き離して爆走中)




ド〜ン!



リ ・一・リ<ほえぇ〜ぇ、なんかにぶつかったぞぉ〜。


リ|*‘ヮ‘)|<いたたたたぁ〜、いてぇなコノヤロウ。

リ|*‘ヮ‘)|<ちゃんと前を見て走りやがれっ!!



リ ・一・リ<うわぁ〜、オニだぁ〜ぅ。オニが出たよぉ!!

リ|*‘ヮ‘)|<うわぁ〜、オニだぁ〜ぅ。

リ|*‘ヮ‘)|<って、ぶつかっておいてオニ扱いするかなぁ!!

リ ・一・リ<あ、ほんとだ、よく見ると人間だったぁ。びっくりしたぁ〜。

リ ・一・リ<ごめんなさぁい。競争に夢中になっちゃってて。だいじょうぶ?

リ|*‘ヮ‘)|<これくらい大丈夫さ、日頃から鍛えているからね。



リ|*‘ヮ‘)|<ボクは、めぐおう・・・じゃなくって、めーぐるって言うんだ。

リ|*‘ヮ‘)|<(いちおう、王子って事は隠しておかなきゃな。)

リ|*‘ヮ‘)|<お前の名前は?

リ ・一・リ<おいらの名前は、ちっぺ。皆からは、岡井少年って呼ばれてるよ。

リ ・一・リ<それでね、このワンちゃんたちが、パインと、リップスティック。

リ ・一・リ<こっちの、ちっぺと同じ色の方がパインで、そっちがリップだよ。

リ|*‘ヮ‘)|<いやっ、犬の名前は聞いてないからっ!



リ|*‘ヮ‘)|<ところで街に行きたいんだけど、どうやって行けばいいんだい?

リ ・一・リ<そいでねそいでね、このパインちゃんに変なクセがあってね。

リ|*‘ヮ‘)|<あ、犬の話に戻るんだっ!

リ ・一・リ<パインちゃんね、赤ちゃんみたいに、手をしゃぶるんだよぉ!

リ ・一・リ<そうだっ、ちっぺの家に来なよ。

リ ・一・リ<リップとパインについて、もっと話してあげるよぉ!

リ|*‘ヮ‘)|<う〜ん、別にワンちゃんの話を聞きたいわけじゃないけど。

リ|*‘ヮ‘)|<(でも、城を出た身だし、この子の家に行くのもありかもしれ・・・)



リ ・一・リ<あっ、忘れてたぁ!

リ ・一・リ<ちっぺ、お腹すいてたんだ。家に帰らなきゃっ!

リ ・一・リ<よしっ、パイン、リップ、家まで競争だっっ!!

リ|*‘ヮ‘)|<えっ、ちょっと、待ちなさいよ!

リ ・一・リ<うひょひょひょひょひょ〜〜



岡井少年は、めぐ王子を置いて、一目散に家に帰っていってしまいましたとさ。



リ ・一・リ<今日は、パインとリップと同じご飯食べるよぉ!うひょぅ!



つづく。



06/07/19(水) 23:20

○応援するってホント難しいんだよ

℃-ute応援企画第5弾@御堂会館の、1回目&2回目に参戦。
2回目は4列中央という、今までに無い近さで、この幸せな空間を味わえた。

近いから良い!近くで見れるから良い!って言う、単純なモノじゃないけどね。
そのステージ上で繰り広げられてる「℃-uteの世界」を、ひしひしと感じられる距離感、
その世界に引き込まれる感じが、テンションをめちゃくちゃ上げたね。

もちろん、近くで見れるって事自体も、嬉しいよ。
千聖ちゃんの微妙な顔の表情とかもすごく分かるし、肌の質感と色も良く見えるし。
けどね、そういう事を考えてると、こっちがめちゃくちゃ緊張しちゃうんだよね。



イベントについて、千聖ちゃん中心にレポ。
登場した℃-uteは、第4弾と同じかな。ラメ入りピンクのTシャツに白いパンツ。

まずは自己紹介。
 リ ・一・リ<焼けないように気をつけてたけど、すでに黒かった岡井千聖でぇす!

ホントにね、前日のセルシーの日焼けが、もうしっかりと定着してたよ。
こんがり焼けてれば焼けてるほど可愛くなるのが千聖ちゃんの特徴なんだよ。


そして、いつものように応援企画らしいコーナー。

・プライベートクイズ

 リ ・一・リ<愛犬パインがする、変なクセはなんでしょう?

パインちゃん(黒い方、リップちゃんはクリーム色)が、どっちの犬かを説明する時にね、
「ちさとと同じ色」って言っちゃう千聖ちゃん。楽し過ぎる。

あと、最初に誰かが間違った答えを言った時に、ブザー音を待たずに自ら「ぶっぶぅー」
って言っちゃうとこも可愛かったなぁ。


2回目は、
 リ ・一・リ<何回見ても泣いちゃう映画はなんでしょう?

言わずと知れた「南極物語」だけどね、お父さんに見させられるらしいよ!!
確かに、千聖ちゃんは泣き顔もダイヤモンドだけどさっ。
けどきっと、これも、超自然派女優としての道を極めるための英才教育なんだな。


このコーナーだったかな。いや、このコーナーに限った事じゃないけど、
千聖ちゃんとめぐちゃんの会話のやり取りが、ホント、けんか腰なんだよね。

なんだか、やたらと意識しあってるんだよねぇ、この二人は。
どうしてそうなったかを考えるのも面白いし、とてもいいコンビに思えるんだよ。

千聖ちゃんとめぐちゃん、この殺伐カップリングを推していくよぉ!



・どっちどっち?

1回目は、夏休みの宿題を先にやるか後にやるか。
「真ん中でやる!」って言って、「先」にも「後」にも行きたがらない、千聖&マイマイ。
この二人は、ホントに頑固だよね。先の方に、仕方なしに行く姿を見てても。



・楽器で曲名当て

楽器を使ってハロプロの曲名を演奏(?)して、それを当てるっていうクイズ。
千聖ちゃんは、いつものようにタンバリン!!
打楽器こそ、センスが必要なんだから、大丈夫だよ千聖ちゃん!!
それぞれ、第4弾の時のセッションでやった楽器で、クイズを出してたね。
クイズが終了して、そのままセッションでわっきゃない(Z)を披露。

そういえば、クイズを考えてる千聖ちゃんに、しばらくの間、見つめられたよ。
なんだろうぉ、かたっぺの顔を見てると、何か思い浮かぶのかな?
もっとも、かたっぺの前にも後ろにも千聖ちゃん推しがいたから、誰を見てたのか
はっきりとは分からないけどね。
けど、こっちの方向を見てる千聖ちゃんをしばらくじっくり見れたのが嬉しかった。
だって、すっごいキレイな瞳をしてるからね。



今回の注目点は、千聖ちゃんの「ちっちゃいお口」「食欲」
両方の公演通して、千聖ちゃんは3回、ご褒美のスイーツを食べたのかな。

1回目は、パイナップルを手にした千聖ちゃん。
それがまた千聖ちゃん、でっかいヤツを取っちゃうからね、
 リ ・一・リ<どうしよ、入らない!
そう、どうみても千聖ちゃんの口に入らない大きさだよ。

けどね、クルっと後ろを向いた千聖ちゃん、それをまるごと口の中に入れちゃう。
千聖ちゃんの可愛らしいちっちゃいお口は、機能性も兼ね備えてるって訳だ。

2回目は、パイナップルとキウイの二つをひと刺しにして、パクり。
3回目は、またもや大きいパイナップルを取ったと思ったら、またまたクルっと後ろを
振り返ったと思ったら、口の中に入ってたよ。


思ったけどね、千聖ちゃんは、どの果物を取るか、かなり慎重に選んでるんだよ。
初めは、食べやすいちっちゃいのを選んでるのかと思ったけど、あれは違うね!!
一番でっかいヤツを選んでるんだよ。
千聖ちゃんの胃袋は宇宙だッ!!



後半はライヴ。
まっさら→大きな愛→そくだき→わっきゃっていう、オリジナル曲4連発。

まだ4曲しかない℃-uteだけど、キラーチューン4連発という感じだよ。
たった4曲なのに、2時間のコンサートを見たのと同じくらいの充実感がある。
実際にね、時間は短いけど、もらってるパワーは、それくらいの大きさなんだよ。

そのパフォーマンスのすごさは、ホントに言葉で言い表せられない。
いままでの使い古されたような言葉を使うのが失礼な気がして。
℃-uteのライヴは、歌や踊りを披露するっていうだけに収まらないって思う。

℃-uteとファンとの、お互いが持ってる「パワーの交換儀式」って感じがする。
ステージ上の℃-uteも楽しそうに歌い踊ってるし、客席も楽しそうに歌ったり踊ったり。
そこにいる全ての人間が幸せになれる、そんな空間に近いと思うよ。



最後に握手会。

速度は応援企画としては普通くらいかな。
かたっぺ的には、テンションが上がり過ぎたのと、思いが強過ぎたせいで、大失敗
握手で言いたい事が言えないって事で、こんなに凹んだのは初めてだ。

まぁ、伝えたい事はたくさんあるのに、粘って剥がされる姿はもう見せたくないし、
伝えたい事より楽しかったこのイベントの感想を言った方が良いのではとか思ったり、
そんな複雑な心境で臨んだら、テンパるのは当たり前なんだけどね。

けど、そんな凹みも誤差の範囲。
応援企画の圧倒的な楽しさが、全て飲み込んでくれたよ。

℃-uteの魅力がたっぷりの、めちゃくちゃ楽しいイベントだった。
応援企画は、ホント大好きだ。



イベ以外の事も。

売られていたグッズは、第4弾と全く同じTシャツ写真と、ネックピース写真、
それに大阪限定℃-ute8枚セットと、新写真付きの「大もて」のCD。
衣装とか構成とかもそうだけど、グッズ類も第4弾とほぼ同じ。
これは、第4弾、第5弾と、同じステージを関東と関西でやったとも取れるんだよね。

それなのに、まるで違うものを見ているかのようなパフォーマンスの上昇っぷり
6月の時だって、℃-uteのすごさに感動したのに、また新たな感動を受けているよ。

ライヴとか見てると、まだメジャーデビューすらしてないって事を忘れるね。
このまま疾走して、突き抜けて行ってしまいそうで恐いくらいだよ。



今回は、凹む事もあったし、それ以外にも考えさせられるような事もいくつかあった。
いくつかの課題が出来たって感じだな。

より、一心不乱に千聖ちゃんを推していく事を楽しむために、
そのために、万全系のかたっぺは、ひとつひとつ課題をクリアしていくよ。

千聖ちゃんを推していく事が、ホントに大好きで楽しいからね。





○ワンダコンでクールダウン

最終日の、ワンダコン@大阪城ホールについても少し。
雨降ってるし、行くの面倒だなー、やめよかなーっとか、普通に思ってたけど。

ピークだった前日のせいで、完全に脱力モードだったワンダコンへの参戦だったけど、
やっぱり、ハロコン系大好きなかたっぺとしては、普通に楽しめたよ。
ただ単に℃-uteヲタにとっては、相対的に見たら応援企画が神過ぎるって事で。


それにね、3Daysの最終日にも関わらず、千聖ちゃんはいつもの笑顔で元気いっぱいで。

 リ ・一・リ<そりゃそうだよぉ〜ぅ!

そうだね。学校の持久走で、82人中1位になった千聖ちゃん。
それに、走るのも早いし、球技も得意な千聖ちゃん。

そんなパワフルな千聖ちゃんが、例え3Daysをこなしたとしても、バテる訳ないじゃん!!
楽しい事をしてる時は、疲れなんて感じないんだ。



この日は、昼はアリーナだったんだけど、行ってみたら中央通路席で最後列。
周りを気にせず動き回れて、アルコールも少しは抜けたw

合間には、目の前に来た愛奈ちゃんや、ロビンちゃんや、武藤ちゃんにがっついたり。
愛奈と武藤ちゃんは、かなり踊りに必死だな。ダンス中は、全然客席に意識が来ないよ。
逆にロビンちゃんは、絶えず笑顔で客席を見てる。いや、いつもそんな表情か。


夜は、南側のスタンド1階の14列。
上の列では残念界隈メンバーがとっても楽しそうだし、下には見慣れたキッズ界隈の面々が
たくさんだし、アリーナ最前を見るとシャア専用メグミルクTが通常の3倍で動いてるし。
それに何故か、かたっぺの左側の4席が来ない!!
5席分を使って、思いっきり身体を動かしていたら、だんだん楽しくなってきた。
なんか、良い気分で大阪3daysを終わる事が出来たよ。


楽しかったからね、家に帰るまで、元気も勇気も持ったんだけどね。
困った事に、2日経った今でも、元気と勇気がまだ尽きないんだよな。
このままのテンションで、代々木に行きそう。



06/07/18(火) 23:20

○ひまわりのような千聖ちゃん

Cutie Circuit@千里について。

初の関西開催となるCutie Circuit。
遠征組が多勢と思うけど、千里だから行った!って人がいれば何も問題ないでしょ。

今回は、ハロプロやねんの公開録音というオマケ付き。
ただ、℃-uteのハロプロやねんは神番組だからね、オマケって言えないかもね。


イベントが始まって、℃-uteメンバーが登場。
太陽光の下で見る℃-uteたちの可愛さは、半端ないよね。
ひまわりのような千聖ちゃんの笑顔の輝きも、100%表れるって話だよ。


まずは、「即 抱きしめて」を歌う。
ほぼ生歌だったかな。屋外、かつ、激しい振り付けなのに、ちゃんと聞かせてくれる。

なので、ステージ上の℃-uteに釘付けです。
大好きな曲だし。今の℃-uteのパワーを、一番感じられる曲だよ。


そして、ラジオ公録が始まる。

スッペイベ@千里の時の公録と同じ感じだな。
ABCの司会者が進行するっていう、これまでの℃-uteハロプロやねんとは違う感じ。
確かに、公開録音で、あのいつもの℃-uteのみのトークは、難しいだろうしね。

でも、ラジオしている様子を生で見れるっていう価値には変えられない。
他の子が話してるのを見守ってるメンバーの姿とか、そういうのは貴重だもんね。

それに、千聖ちゃんとめぐちゃんが、妙に意識し合ってる風なトコも発見できたし。
千聖ちゃんが照れちゃってソワソワしちゃうトコとかも可愛かったし。

トークの内容については、ラジオを楽しみにするって事で省略で。


最後に、「大きな愛でもてなして」を歌う。
こっちも、ほぼ生歌だったのかな。コーラス(?)のトコとかは良く分からないけど。

この曲は、ホントに可愛らしいね。
ちょうどね、今の愛理ちゃんの可愛らしさにイメージがかぶるんだよね。
もちろん、歌の最中はず〜〜っと千聖ちゃんを見てるかたっぺが言うことだけど。


近頃ね、非℃-uteヲタによく、「この可愛らしい振りをヲタがすると思うと・・・」って
言われるんだけど、もうすでに、必死に振り真似してますからッ!!
あの気温の中だったから、この日はさすがにしなかったけどね。

「大もて」は、振り付け自体は簡単で覚えやすいんだけど、でもこの曲の勝負どころは、
「いかに可愛らしく」踊るかだからっww
あと、個人的には、2回目サビ終わりの千聖ちゃんジャンプにシンクロすること!!


そうだ、一番心に残った事!!

「即抱き」も、「大もて」も、ほとんど双眼鏡でスナイパーしてたんだけどね。
最後の大もての時に双眼鏡を覗いたら、すっごい違和感があるんだよ。
即抱きを見てたときと比べて。

もうね、この1時間足らずの間に、明らかに千聖ちゃんの色が変わってんだ!!
そんな超健康優良児な千聖ちゃんが、愛し過ぎて、大好き過ぎるよ。



っと、後で思い返すためにもレポったけど、やっぱり日にちが空くと熱く書けないな。

かたっぺは、即日にレポる事が多いけど、それは「いち早く」っていう意識じゃなくて、
現場の熱が残っているうちじゃないと、書けないからなんで。
まぁ、めちゃくちゃ楽しかった初日でした。



06/07/17(月) 25:30

○℃-ute大阪3Days

この3日間、℃-uteにとっては夏合宿のようなモノだったのかなって思った。
娘オーディションの時の寺合宿のように。
この機会に、ユニットとしてのレベル結束力も、より強まったと思う。

ただ、℃-uteメンバーの特性を考えると、ヲタを絡める形ってのが合っているんだよ。
自分を応援してくれるファンと触れ合える事を、ホントに嬉しく思ってる子達だから。
千聖ちゃんやマイマイが握手してる姿をしっかりと見てると、つくづくそう思う。

そんな3日間に立ち会えたのは、やっぱり嬉しいね。
℃-uteの成長のひとコマになれたかなって思えるし。
それにね、3日目の総仕上げとなるハロコン、夜公演でも元気いっぱいに駆け回る
千聖ちゃんが、とてもたくましく見えたよ!!



っとは言いながら、ぶっちゃけ3日目のハロコンは、完全に消化試合モードだったのだが。
やっぱり℃-uteの応援企画は、飛びぬけて幸せな空間だからね。
その余韻に浸りすぎて、今日は二日酔い気味だったし、完全に脱力モードだったなぁ。


そんなクールダウン気味のハロコンだったけど、最後に元気をもらった!!
途中で、1曲まるごと、「千聖ちゃんと一緒に楽しめた」って感覚になれた曲があったの。

ようは、その曲中ずっと、千聖ちゃんとほぼ対峙して、振り&振りマネし合ったっていう
だけなんだけど、それがやたらと楽しくって。一緒に遊んでるって感覚になって。
当然、誤爆も含まれてるだろうけどね。

だけどね、その間は、「遊び仲間」みたいな気持ちになれて、楽しかったんだよ。
なんか、こういうのって良いなって思った。こういうのもありだなって。
千聖ちゃんを推すことについては、いろいろと課題も見つかった3日間だったんだけど、
その答えが少し見えたような気もしたんだよ。

もちろん、そうそう狙って出来る事じゃないと思うんだけどね。
まぁ、この楽しい思い出が、℃-ute大阪3Daysの最後のしめくくりになった感じだな。


なんか、テンション高いままなんで、とりあえず落ち着かせようと思って簡易更新。
その内に、千里と応援企画については、書き残したいな。

もうね、燃え尽き症候群は、ある程度覚悟してるよ。
もう、今、2006年を振り返っちゃっても良いくらいの気持ちだ。
それくらい、充実感があった3日間だった。終わっちゃったぁ〜〜。

お会いした皆さん、お世話になった皆さん、ホントにありがとうございました。



06/07/14(金) 23:30

○「見返り美人」な千聖ちゃん

もうほぼ届いているだろうって事で、℃-uteのHello!daysから気になったトコを。
いや、超気になったトコを。


10月応援企画のリハーサルで、振り付けの練習をする℃-uteのメンバー達。

こういうレッスン風景こそ、ずっと待ち焦がれてた映像だよね。
舞台上ではない場所で、この子達がどんな様子なのか。
いろんな発見楽しさが詰め込まれている映像だよ。


その幸せな風景の中でも、特に、千聖ちゃんのこのシーンに目が留まった!!

Go Girlの出だしの部分、振り返る部分の振りをする千聖ちゃん。


     



こんな、まるで何かを語るかのような「見返り」をする子、見た事ないよ!

千聖ちゃんの「見返り」には、えも言われぬ説得力があるよね。



千聖ちゃんの振り返り仕草は、ちょうど去年の夏ハロ、やる気!IT'S EASYのラストでも
見る事が出来て、その時もやっぱり、その色っぽさに打ちのめされたんだよ。
これは、千聖ちゃんの「抜群のスタイル」が醸し出すオーラが、そう見せるんだろうな。

後ろを向いていても、その魅力的なスタイルで大きな存在感を放つ、千聖ちゃんの後姿。
その世界を打ち破るように現れる、ひまわりのような千聖ちゃんの顔。
それに、振り返るため動作にも独特なリズムを持たせる、千聖ちゃん特有の身のこなし。

そういう要素が合わさって、千聖ちゃんの魅力的な「見返り」になっているんだと思う。

こんな姿を見せられたらもうね、何も言わず、即 抱きしめるしかなくなるよ!





<<< メールレス >>>

>>ちっぺさん

リ ・一・リ<ねぇねぇ、かたっぺ。

(℃´一`)<なぁに?千聖ちゃん。

リ ・一・リ<キッズオフでやりたいことあるよぉ!

(℃´一`)<なになに?どんな事やりたいの?

リ ・一・リ<えーとぉ、みんなで「めぐおにゲーム」やろうよっ!

リ ・一・リ<めぐを皆でかこんで、「めぐおにめぐおに〜」って言うの。

リ ・一・リ<たのし〜よ〜ぅ、うひょひょひょひょ!

(℃´一`)<え、でも、めぐちゃんはオフに参加しないと思うよ。

リ ・一・リ<だったらさっ、めぐ推しをかこめばいいじゃん!

(℃´一`)<そっか〜。でもさ、

(℃´一`)<否応なしに鬼にされちゃうめぐ推しの人がかわいそうじゃない?

リ ・一・リ<なにいってんのぉ〜、かたっぺ!!

リ ・一・リ<めぐ推しの人は、℃Mな人ばっかりなんだよ!

リ ・一・リ<ぎゃくに、よろこぶに決まってんじゃん!!

(℃´一`)<なるほどね!さすが千聖ちゃん、良く考えてるねっ!!

リ ・一・リ<あたりまえだよぉ!

リ ・一・リ<ちさとは、ぜんいんが楽しめるゲームしかやらないよぉ!


って事で、キッズオフ2006では、「めぐおにゲーム」もやるかもしれませんッ!





(20:40)−−−−−−−−−−−−−−−−

○キッズオフ第3弾が開催決定

今年の文化祭にも、℃-uteとBerryz工房が出演する事が確定しましたので、
正式に「キッズオフ」の第3回目を開催する方向となりました。

『キッズオフ 2006 秋 〜大きな愛で 笑っちゃおうよ〜』

  開催日時:2006/09/17(日) 19時〜(予定)
  開催場所:未定(みなとみらい駅周辺)


開催日は、9/16(土)〜17(日)に行われる文化祭の2日目の終演後です。
9月は18日まで3連休なんで、ちょうど3連休の真ん中の日ですね。

℃-uteもBerryz工房も、それぞれの方向に走り始めた感のある近頃ですが、
たまには、℃-uteヲタとベリヲタ入り乱れて楽しむってのも良いかと。


とりあえず、他にもオフとかもありそうな日にちなんで、他とかぶらないように
早めに告知しましたが、お店とか、詳細とかは、まだ何も決まってません。
決まり次第、告知をしていきます。
正式な参加者募集も、もう少し近くなってから行う予定です。

ご意見ご要望などがありましたら、メルフォ等で送ってください。
「キッズオフやるなら行くよ!」っとか、「こんなのやりたい!」っなど、
そういうメールも送っていただけると嬉しいです。

よろしくお願いしますッ!



06/07/12(水) 23:00

○ホントはさ、タペなんて着けるの「無し」なんだよ

かたっぺの「タペ装着への葛藤」、それに気付いてくれてる人は、割と多い。
そう、こういうのは自分の中では「無い行為」って気持ちを、かなり持ってる。

今日の更新は、かたっぺの「勝手な思い込み」がとても強いと思う。
けど、かたっぺの信念となってるものだから。
信念があるからこそ、人間ってのは「何者か」になれるんだからね。





事ある毎に書いてるけど、いわゆる「レス厨」ってモノが、とてもとても大嫌い
嫌いな人は多いと思うけど、それとはまたちょっと違う感情かも。

きっかけは、去年のふれあいコン。
ふれあいコンで、途中に座席番号での抽選会があったんだけど、後ろの方の列が選ばれて、
ふと、後ろを振り返る機会があったんだけどね。

「必死にレスのみを求めているヲタ」の姿が、目に入った。
それは、自分のような大の大人が見ても、目を背けたくなるような姿だった。
「ボード厨」がアピールしてる姿の“見た目”については、たまにサイトで目にするけど、
レス厨のその姿は、それをはるかに超えた代物だと思うよ。

それを見て以来、あんな姿を千聖ちゃんに見せたくない!って強く思った。



だからね、タペも同類かって気持ちもあるんだよ。

それでも着けている理由は、千聖ちゃんの「最高の笑顔」を見たいから。
ここでは良く「嬉し笑顔」って書いてるけど、ちょっとテンション違う笑顔なんだよ。
去年のヘブンで、自分のタペを見つけた千聖ちゃんが見せた、とても嬉しそうな笑顔が。
その頃は、℃-ute現場ではタペ自体が少なかったからね。
1年近く経った今でも、その表情の移り変わりは、はっきりと思い出せる。

その笑顔を引き出せるのなら!って思ったらね、自分の葛藤なんて下らないものより、
その笑顔を引き出せるかもしれない可能性を、ずっと保ち続けたいんだよ。


ただしこれも今は、ただのきっかけ。
今はもう、タペってのは、かたっぺの推し姿勢のシンボル的なモノになってるんだ。
ただ単に目立つためとかだったら、絶対に着けない。

そんな姿勢を持つかたっぺが着けてるタペ、それを見つけた時の千聖ちゃんの表情が、
他の、いわゆるレス厨の人とかへ向ける笑顔と同じモノになってしまったら、
その時かたっぺは、タペを持たなくなると思う。


アピールしないでも、千聖ちゃんの方から探してくれる存在。
「千聖ちゃんの、心の拠り所になる存在。」
そんな存在が、かたっぺの、千聖ちゃん推しとしての目標だからね。

なんか、微妙な違いだから、良く分からないって人が多いかもしれないけど。
今の℃-uteを取り巻く環境を考えていくとね、「自分がやりたい事」として出てくる
答えは、どうしても複雑なモノになっちゃうんだよ。



今年の正月ワンダの名古屋公演、その時のかたっぺは、タペもつけず、ほとんど動きもせず、
千聖ちゃんがステージ上にいるときは、ずっと千聖ちゃんだけを見守ってた

そしたら、終幕時に千聖ちゃんは、何のアピールをするでもない、手を振るわけでもない、
そんなかたっぺに、自ら手を振って、ゲッツして来てくれたんだよ。

認知されたいんじゃない、ホントに千聖ちゃんに魅せられてる人がここにいるんだって事を、
千聖ちゃんに伝えたいんだよ!!


「自分のパフォーマンスをしっかり見てくれてる人」を、ちゃんと分かってる千聖ちゃん。
だからこそ、かたっぺのこの信念は、通し続けられるんだ。



06/07/11(火) 17:50

○茶色い瞳がきれい!ってよく言われる千聖ちゃん

先日、某もりさきヲタ(文中略)とエッグトークを楽しんでいたら、

「千聖と明日菜が同時にステージにいたら、どっちを見るエグ?」

って聞かれたので、千聖ちゃん!って、即 答えました。

そりゃそうだよぉ〜ぅ!
先日も書いたけど、明日菜ちゃんの事を、お姉さんの眼差しで見守っちゃう千聖ちゃんの
様子を見るのがとっても楽しみなんだから。
明日菜ちゃんと一緒に出演できる事の喜びと、心配に思う気持ちが入り混じっちゃう
千聖ちゃんが、どんな表情を見せてくれるのか。
また、千聖ちゃんの「未知の表情」を見れるかもしれないってのが、ホント嬉しい。

それにね、きっと明日菜ちゃんの姿も、千聖ちゃんのキレイな瞳に映ってるはずだからね。
可愛い瞳に可愛い明日菜ちゃんを映す可愛い千聖ちゃんとかね、この融合は人知を超えるね!!



06/07/09(日) 25:20

○ハロコンで、楽しい夏祭り

ワンダコン初日@名古屋に行ってきた。(ネタバレは別ページで)

楽しかった、いろいろ楽しめた、もっともっと楽しみたい。
そんな楽しい気持ちでいっぱいになるライヴだった。

夏のハロコンは、ハロプロとファンの皆で楽しむ夏祭り
「今年の夏も楽しかった!」、って振り返られるようなライヴだったと思う。


楽しい気持ちが冷めない内に、さらっとレポを。<ネタバレ注意!!>
今後の参戦時に、自分で参考にするためにも。

◆「ワンダフルハーツランド@名古屋RH 07/09昼夜」感想レポ◆


最近の更新で予想してた内容は、まぁ、ほぼ外れだ。
けど、何も問題ない。
初日前にあれこれ期待して予想するっていう楽しみを、満喫できたのだからね。



06/07/08(土) 19:20

○ホントは、ツアーコンプなんてしたくないんだよ

「ツアーコンプ欲」の全く無いかたっぺにとって、今回のハロコンのコンプは異例。

けどね、違うんだ。コンプする事が目的じゃないんだ。
逃したくないって事が目的なんだよ。
見る事が出来なかった、去年の正月ハロの、初日限りの愛理メインの赤い日記帳。
これもまた、大きなトラウマになってるんだ。

だって、もしかしたら今回も、

初日だけ千聖ちゃんのソロがあったりするかもしれないじゃん!!

無いとは言い切れない状況ではあるからね。


いや、初日だけに限らず、もちろん、千聖ちゃんのソロについても期待しているよ。

昨日の更新でも語ったように、ハロコンでは「愛理ちゃんへの期待」ばっかり高まるけど、
当然のように、千聖ちゃんへの期待だって大きいんだ。
まぁ、千聖ちゃんについては、その場で姿を見れるってだけで満足感感じちゃうんだけどさ。




コンサートが始まって、会場が暖まってきた頃、アナウンスされるんだ。

(〜^◇^)<次は、衝撃のデビューから2年、

(〜^◇^)<更に成長したこの3人の歌声を聞かせてもらいましょう!







ちっちゃいんず復活!!


いや、これはこれで、すごく楽しみだけどねッ!
千聖ちゃんのワンピースッ!!

さぁ、いろんな楽しみを抱えながら、いざ出発ッ!!




<<< メールレス >>>

>>merryさん

>先日はバトンありがとうございました。
>バトンはほとんどもらったことがなかったので、とても嬉しかったです。

いえいえ、こちらこそ、受け取って頂いてありがとうございました。
結構、真剣に考えちゃうようなお題だったので、大変だったと思いますが、
自分自身の考え方も振り返られるから、確かに良い機会でしたね。
自分としても、普段、あまりストレートな表現を使わない事も多い性質なんで、
勘違いされる部分も多いと思うんで、サイトに対する思いを書けて良かったです。

>明後日はハロコン初日に行かれるのですね。私も遠征を企てましたが、
>今日急に思いついたので、現実的ではありませんでした(笑)
>ぜひぜひ楽しんできて下さいね。

いやいや、行ってみればなんとかなりますよ!!w
ちょっと買い物に〜って家を出て、ふら〜っと行ってみたりとか。
初日だし、楽しい事もあるかもしれないし、楽しんできます!!


>>まろんさん

>ハロコングッズのタペストリーって絶対かたさん、soraさんの影響が
>大きく含まれてるような気がするんですけど。。。
>今回はグッズ代が高くつきそうですw

あれだけ現場で着けてれば、これは売れるかもって思われても仕方ないですねww
タペは、とりあえず実物を見て、買うかどうかを判断します〜。
けど、商品説明では「お部屋に飾ってね。」って書かれてるんですよ。
身に付けるものではないらしいw



06/07/07(金) 23:20

○愛理ちゃんvs菅井先生、勝負の行方?

2004年6月某日、都内某所で行われたシークレットレッスン。

ドキュで放送された、2004年の夏ハロで歌った「乙女パスタに感動」の歌レッスン風景
愛理ちゃん、めぐちゃん、梅さん、みぃたんの非ちっちゃいんずが、レッスンしてる。




先生は、あの、菅井ちゃん!!




「天使の歌声」愛理ちゃんも、しっかりとレッスンを受けてたよ。



とても、10歳(当時)とは思えない歌声と、落ち着きと、そのオーラ
ぶっちゃけ、この時点で、愛理ちゃんvs菅井先生は五分の勝負だと思った。



そして、菅井先生のひと言で、臨戦態勢に。



菅井ちゃん<あのさぁ、 すごくきれいに歌ってるんだけどさぁ
菅井ちゃん<ぜ〜んぶ最初から最後までさぁ、 ず〜っと同じだよね、雰囲気

州 ` v ´)<(ぬぅー)


完璧な歌を披露する愛理ちゃんへ、その上を要求する菅井ちゃん。
それに対して、自らの能力の大きさに戸惑って、それを解放しきれない愛理ちゃん。

しかもこの時は、4人組だから、100%愛理ちゃんの思うように歌える訳じゃない。
この段階の愛理ちゃんには、かなり難しい注文だと思うんだよね。

けど、これだけの厳しい言葉をかけるのは、愛理の歌声に魅せられている証拠だね。



そして、レッスン後のインタビュー。



州 ・ v ・)<先生がちゃんとアドバイスしてくれたから、
州 ・ v ・)<そこをもっと良くするために、家で練習してきます。


言葉こそ、優等生っぷりが伺える愛理ちゃんだけど、
そして、相変わらず可愛い愛理ちゃんだけど、
その視線の強さに、愛理ちゃんの「負けん気の強さ」がとても出ていて、清清しいね。

菅井ちゃんのアドバイスは、どんなモノだったのかな?
愛理ちゃんなら、そのアドバイスを吸収する事は容易い事だと思う。

けどそれが、愛理ちゃんの完全なる「天使の歌声」に繋がるとは限らないんだよ。



「愛理ちゃんの宝物」
去年の℃-uteのハロプロやねんで、宝物の話題になった時のこと。

州 ・ v ・)<「昔の自分の歌」が録音されてるカセットテープが、すごい宝物なんです。


愛理ちゃんの事を考えてて、菅井先生との対決や、宝物の事とか、思い出してたらね、
なんとなく気が付いたような気がした。

ミュージックスクールの先生から教わったモノでもない、キッズになってレッスンとかで
教わったモノでもない、
もっと子どもだった頃、愛理ちゃんが自分の好きなように自由に歌っていた歌こそが、
愛理ちゃんにとって、「最高の歌」なんじゃないかなって。

木魚に合わせてリズムを取ってしまうほどの愛理ちゃんの「自由な歌」って考えると、
どれだけの衝撃なのか、計り知れないね。


そんな事を考えてると、少しでも、愛理の、好きなように、自由に歌える環境
愛理ちゃんのソロっていう事を、願いたくなるんだよ。



06/07/06(木) 24:20

○キッズオフの季節

今年のキッズオフは、9月の文化祭時になりそうな予感!!

文化祭に、キッズメンバーが出演するって事が正式に決まってからの話だけどね。
きっと正式に決まったら、HAYATO。部長が告知してくれるでしょう!!
なので、文化祭開催の9/16の土曜の夜は空けておきましょう!!

こういうオフは、いろんな楽しみや出会いを得られる機会だからね。
ヲタ同士がぶつかり合って、いろんな化学変化を起こす、そんなオフです。

そして、文化祭会場のパシフィコ周辺で、安くて大人数が入れるお店
心当たりある方は、是非是非情報を!!




○バトン受け取りありがとうございます

昨日のバトン、しっかりと受け取ってくれているようで、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

このお題で、かなりしっかりと語ってくれそうな方を中心に選んだんですが、
期待以上に皆さんが書いてくれてるので嬉しいですね。
皆さんの考えをより良く知れて、ホント良かったです。
こういうのって、改めて考える機会ってないと思うし、良いきっかけだったかも。

それぞれのサイトには、いろんな思いが詰まっているんだって再認識ですよ。



06/07/05(水) 23:10

○キューティービジュアルを予約しよう!!

連番募集の告知だけではあれなんで。

9/6に発売される、℃-uteのDVD「ミュージックV特集1 〜キューティービジュアル〜」
買おうと思っている人は、是非是非、予約しましょう!!

予約の数ってのは、その後の販売店の扱いに大きく関わってくるからね。
この先どうなるにせよ、販売店に良い感触を与えておくってのは、重要だと思うし。
℃-uteってアーティストに、すでに注目している人達がいるんだって思ってもらえれば、
その後の出荷数とかに反映されるだろうからね。

℃-uteのために、自分達で出来る事は、コツコツとやっていきたいよ!




○ハロプロサイト管理人バトン

しゅがーぷらむの、まっくすさんよりバトンが回ってきましたので。

基本的にバトン系は、完全スルーなスタンスなんだけど。
でも、「WEBからハロプロを盛り上げよう!が目的」って部分にとても共感したので。
それに、自分のサイトに対してどんな思いを持ってるのかとか、いいお題だと思うし。


・あなたのサイト(ブログ)名を教えてください
→「Peach Lane 〜岡井千聖を愛する日記〜」
千聖ちゃんの魅力的な身体つきが、まるで桃のようだったから。


・あなたのハンドルネームを教えてください
→かたっぺ37.2℃
開設当初は「かた37.2℃」だったけど、2005/12/18で正式に「かたっぺ37.2℃」に改名。
自然や環境に調和したという事で温度の℃、、、って事ではなくて、
この由来は「温度差」を解消したいっていう意気込みとポリシーから。
ポリシーをハンドルネームにしてしまうほどの徹底振りはあまりないかもね。


・あなたのサイトはどのメンバー(ユニット)がメインですか?
→岡井千聖ちゃん
ただし、「1推し」や「単推し」には拘らない。
自分の気持ちに自由に、好きなモノは好き、良いモノは良いって気持ちを大切にしたい。
その結果、もうずっと長い間、千聖ちゃんが最愛の人になってる。


・開設日はいつですか?
→あの伝説の「キッズオフ2004」の翌日、2004/08/22から。


・開設したキッカケは何ですか?

岡井千聖を初めとする、℃-ute、ハロプロキッズのポテンシャルの高さと、
現状の、一般層からの関心の薄さとのギャップである「温度差」を埋めるため。


・サイトを通して自分の推しメンバーの知ってもらいたい部分は何ですか?
→「世界中の人が幸せにすごせるように」という千聖ちゃんのポリシー。
あの最高の笑顔も、歌も、ダンスも、全ては世界中の人々を幸せにしたいって言う
千聖ちゃんの思いから生まれているんだって事を、真の意味で知ってもらいたい。
いつも、周りに「プラスの効果のみ」を与え続ける、類稀な存在なんだと。


・現在のサイトの目標は何ですか?

開設した当初から一貫して、検索エンジンとかで検索して来てくれた人に、
来て良かったと思ってもらえるようなサイトを、目指している。
ネットで何かを探した時、これぞ探し求めたもの!って思うサイトに会った時の喜び、
それを与えられるようなサイトになりたい。
少なくとも、ガッカリはさせたくない。


・サイトを運営する上で困ったことや悩み事がありますか?

半年とか1年とか、長いスパンを意識して綿密に情報発信しているつもりなんだけど、
なかなか、その意図が伝わらなくて、表面上の部分しか見られてないような反応が多い事。
けど、なんとなく感じてくれてる人もいるから、頑張れている。


・リンク(相互リンク)の基準は何ですか?

「世界中の人が幸せにすごせるように」という千聖ちゃんのポリシーに共感して
もらえるサイトならば。と言いつつ、受けるのはほぼ全て受ける。
こちらから相互リンクを依頼する事は、基本的に無いし、今までも1度も無い。
開設当初から、検索エンジンで探し当てた人に見てもらいたい!!っていう意識で
作ってるからかな。


・日記を書くとき何か意識していること(気を遣っていること)はありますか?

これも開設当初から頑なに守ってる事だけど、批判的な事は書かない
うちのポリシーからして、そういう事を書く意味が全く無いから。
そもそも、批判的なことをこういう場で情報発信する事に、存在価値を見出せない。
その結果、何が生み出されるのかが。
あとは、他のサイトを巡回する前に日記を書く事。
影響されたくないってのが一つ。
それに、「他のサイトはこう書いてるけど、自分はこう思う」的な記述が嫌いで。
他人のフンドシで相撲を取るような行為にしか思えなくて。
それなら、最初から自分の思ったことをそのまま書きたいから。
それと、徹底する事。長期的視野で、行動して行きたい。
サイトのポリシー自体は、開設から2年近く、ずっとずっと変わらない。
このサイト開設前に、2年間くらい「完全ROM」でハロプロのサイトを見てきたのは、
良い経験になってると思う。いろいろと、意識する事は多い。
読む側と、一度でも書く側になってしまった人では、テキサイの見方が全く違うと思う。


・自分がよく見るオススメハロプロのサイトを三つ挙げてください(リンクと説明付きで)

Equinox 〜日常と非日常の狭間〜(メガニーさん)
 徳永さんと酒を愛する、ボウリングとラーメンのサイト。特選です!!

えあらび第2章(soraぷー)
 愛理ちゃんにここまで熱いのは、すごい事。尊敬してます。同じ匂いを感じる仲間。

MOMOKAN KIDS -嗣永桃子応援日記帳-(HAYATO。部長)
 これぞテキサイっていう、見本的なサイト。ハロプロテキサイの「指針」的存在。


・バトンを渡すサイトを五つお願いします(リンク付きで)

既に回ってるとか、バトンとかやらない人とか考えず、思いつきで。

のー(sasa。さん)
えあらび第2章(soraぷー)
ジロー!プロジェクト(Jさん)
Merryz日記(merryさん)
brown road(ゆうとさん)

サイトについて語って欲しいな〜って思う人等を選んでみました。
特にメールで通知したりしませんので、もし気付いて、書いてみたいって思われたら、
書いてみてください。
こういうバトンが趣味に合わなかったら、スルーでいいです!!



06/07/04(火) 25:30

○ハロコンといえば「発表の季節」

今回は、どんな驚きを与えられるんだろうね?
何かとんでもなく楽しい発表があると、家まで元気が持つんだけどな。


もう今週末って事で、予想してみた。

1.あぁ!第2弾シングル発表!! (期待度95%)

ていうかね、正月ワンダで「衝撃のデビューから何年」っとか仰々しい紹介をされたり、
これだけ雰囲気を作ったらね、あぁ!第2弾シングル発表!!って話にならないと、
そっちの方が不自然だよ。
唯一のネックになるのが、次の項目だな。


2.愛理ソロデビュー!! (期待度90%)

去年の紅組初日、赤い日記帳をメインで歌っただけで、騒然となる会場
その様子を見て、愛理ちゃんのソロを考えなかったはずはないんだよ。
愛理メインの赤い日記帳を見たさに、かたっぺsoraぷー急遽名古屋に行ったんだよ!
そんな、待ち焦がれている愛理ちゃんのソロへの大きな期待は、ハロコンの風物詩。
愛理ちゃんのソロには、タイミングとか関係ないと思うんだ。
今回こそきっとある!!って思って、名古屋に乗り込むよ。


3.愛理ゴルフ始動!! (期待度20%)

中学入学を機に、いよいよ愛理ちゃんがプロゴルファーの道を目指す!!
しかも、いきなりアメリカに乗り込んじゃう。
本場アメリカで、「美少女天才ゴルファー出現!」って大騒ぎになっちゃう。
優勝した後の18番ホールのグリーン上で、7番アイアン片手に歌を歌っちゃう。


4.岡井千聖&明日菜でデュオ!! (期待度70%)

このハロコンは、待ちに待った明日菜ちゃんのデビュー公演でもあるんだ!!
しかもね、東京以外でもエッグが出るような噂もあるし。
いきなり姉妹で、一緒に出ちゃうかも!!
お姉さんの眼差しで明日菜ちゃんを見守っちゃう千聖ちゃんとか!!
やばいね、書いたら、めっちゃ楽しみになってきちゃった。
こりゃ、少しでも多くその様子を見たいから、雛壇の復活を期待したいね。


5.ハロコンで1500m走!! (期待度30%)

スポフェスに出れなかった千聖ちゃん。

リ ・一・リ<あさ美さん、勝ち逃げは許さないでぇす!

って、いきなり言い出して、コンコンと1500m走マッチレース!!
去年の学校のマラソン大会で優勝した実力を、どうしても見せたいんだよぉ!

ん〜、なんだか「発表」とは遠くなってきたな〜。


6.℃-uteが4曲とも歌っちゃう (期待度80%)

これくらいやってくれても、バチはあたらないぞぉ!
ホントね、どの曲が外されても、かなり凹むと思うからな〜。
どれが絶対とか、そんな事は考えられないね。
各曲にそれぞれの思い入れがあるけど、全部の曲が、かなり高い次元で大好きだから。

わっきゃをラストで全員ってのも、まだやめて欲しいぞっ!!!!


さぁ、そんなこんなで、いよいよ今週末だ!!

どんな楽しいハロコンが待っているのか。
期待するだけはタダだから、めっちゃ期待して行くぞぉ!



06/07/02(日) 24:00

○[千聖Solution-04] 超前向きな千聖ちゃんの3.8秒

関連性があるので、2日続けての千聖Solution。
千聖ちゃんを取り巻くあらゆる事象を解決の方向へ導くために!!


[千聖Solution-03]で触れたけど、℃-uteのハロプロやねんの今週の℃-uteちゃんで、
「茶色い!」って言われた千聖ちゃん。
実は、その1回目の放送には千聖ちゃんはいなくて、その事を知ったのは、千聖ちゃんが
出演した翌週の2回目の放送だった。

その2回目の週の℃-uteちゃんのコーナー。
前週の℃-uteちゃんに選ばれて話題にされたのが千聖ちゃんと知って、どんなことを
言ったのか、知りたがる千聖ちゃん。

 リ|*’ヮ’)|<先週はね、千聖ちゃんについて話しましたよ!

「いい事しか言わなかった」とか「褒めちぎった」とか言う、めぐ&みぃたんに対して、


 リ ・一・リ<なんて?なんて?本当のこと言ってよ

 リ|*’ヮ’)|<ちょっと、茶色いみたいな事を言ったかもしれない

 从*・ゥ・)<言ったかもしんない

 リ ・一・リ<ひぃどっ、ひぃどっ、ひぃどぃっ

 从*・ゥ・)<あ、言ってないかもしれない

 リ|*’ヮ’)|<言ってないかもしれないけど、言ったかもしれないね

 リ ・一・リ<あ、でも、本当のことだから良いや



「茶色い」って言われた事を知って「ひどい!」を連発してから、気持ちを切り替えて、
「本当のことだから良いや」って思っちゃうまで、わずか3.8秒だよ!!

この放送の中でも、自分の肌の色を気にする発言をしてる千聖ちゃん。
近頃の応援企画のトークを聞いてても、結構気にしている事だと思うんだよ。

その事について触れられて、ホントに「ひどい!」って思いながらも、たったの3.8秒で
気持ちを切り替えられちゃうところが、千聖ちゃんのすごい所なんだよ。
こんな事で立ち止まっていられないっていう、千聖ちゃんの前進力がとても表れてる。


この超前向きな姿勢が、千聖ちゃんを一番尊敬できる所なんだよ。
人生の師匠と思えるところなんだよ。

千聖ちゃんを師匠と思うからには、自らも超前向きな姿勢が必要なんだ。
そういう姿勢で推していくからこそ、千聖ちゃんの本当の魅力が分かる気がするんだ。

もちろん、加速度を付けて、たくさんの魅力を発し続けている℃-uteを推していくにはね、
後ろ向きな思考なんてしてたら、あっと言う間に置いていかれちゃうから!!



こんな風に、この「ハロプロやねん」の放送からは、いろいろ得る所が多い。
当時の℃-uteの事が、ホントに良く分かる番組だからね、
まだ聞いてない人は、是非是非聞いてみる事をお薦めしますよ!!

かたっぺ的には、今でも、遠征時や列並びの最中に、いつも聞いてるからね。
何回聞いても楽しめる、いい放送だと思うから。



06/07/01(土) 26:00

○野心的って言葉が似合うれいな

ちょっと前だけど、正月ワンダのDVDパンフより。

2005年、印象に残ったこと。


娘から、れいなと愛ちゃんと藤本さんしか入ってないシャッフルに選ばれて、

 从´ヮ`)<正直、やったぁ〜〜ぅって思った。
 从´ヮ`)<チャンスじゃないですか、やっぱそういうのって。

気持ちいいくらいの、「上を目指す発言」をするれいな。
その言葉に「れいなの本心」を感じられるのが、れいならしいところなんだよね。
「こう言ったら受けるだろう」とかいう、胡散臭さが微塵も無くて。

上を目指すって気持ちを持たなきゃ!っとか、考えて思うんじゃダメなんだ。
根っからの性格が抜群の上昇志向を持つれいなが言うから、説得力がある。


そんなれいなには、野心的って言葉がとても似合う。
だから、「Ambitious!野心的でいいじゃん」で、どセンターにいるれいなはカッコイイ。

テレビの歌収録とかPVで見ると、まだこの曲の良さは出てない気がする。
現場で見たら、迫力あってめちゃくちゃカッコイイと思うんだよ。
そのカッコイイ集団の中で、ひと際目に付くれいなが居そうで、それが楽しみなんだ。


今度のハロコンでは、Ambitious!、きっと見れるんだろうね。
どうせなら、エレジーズもまた見てみたいな。
あのパフォーマンスを、去年の夏ハロ1回限りはもったいな過ぎるよ。

オリジナルが無理なら、千聖ちゃんと愛理と愛奈とロビンのエレジーズでも良いな。
いやコレ、超見てみてぇな!!




○[千聖Solution-03] 茶色じゃないもん、こげ茶だもん

大きな目的のために、まだまだ続く、千聖Solution。


今回は、千聖ちゃんの健康的な様子を表す「茶色」というキーワード。
この言葉が取り上げられたのは、去年10月にあった、℃-uteのハロプロやねん。

その中の「今週の℃-uteちゃん」のコーナーで、千聖ちゃんが選ばれて話題にされた時、
みんなが、「すごい元気」とか「いつも笑ってる」とか「やんちゃ」言ってくれてる中、
めぐちゃんが放った言葉、
 リ|*’ヮ’)|<茶色い! ちっちゃくて茶色い!

しかもね、ダメ押しに、
 リ|*’ヮ’)|<(照れて顔が赤くなっても)茶色いから、よく分かんない!

とまで言いやがった、めぐちゃん。


でもね、ここまで言われるのは、千聖ちゃんが皆から愛される存在だっていうことの
裏返しだと思うんだよ。千聖ちゃんの事が本当に好きだから、言える言葉なんだよ。

それに、いつも元気にかけまわる千聖ちゃんに似合っているからね。
千聖ちゃん自身の好きな色も「茶色」だし。
だからね、この茶色っていうカラーを、千聖ちゃんにとても似合う「イメージカラー」
として、かたっぺ的には推しているんだよ。

ちなみに「茶色じゃないもん、こげ茶だもん」っていうのは、かたっぺの勝手な付け足し。
ただの茶色じゃない、もっと特別な、ある意味高貴な色「こげ茶」を推していきたいんだよ。

これからも、こげ茶色で笑顔で元気いっぱいで可愛らしい千聖ちゃんを応援してくよ!




ホームへ