[日記過去ログ 2005年12月]
05/12/31(土) 16:00

○みんなが見てないところで頑張っていた7人

今年の大切な大切な思い出。

℃-uteが表立って活動し始めた事、
キュパイメンバーを始めとした「℃-uteの世界」の人達との馴れ合い、
ヲタラジオを通じての情報発信と交流。


今の℃-uteにすごい加速度があるから、とても純粋に推せる状況なんだ。
お互いにパワーを与え合える℃-ute達と℃-ute推しとの関係が、すごく心地よい。

ホントにいろんな事があった2005年。いろんな強い衝撃を受けた一年だったね。


その中でも特に心に残ってるのは、9月に入院した事。
その時、わざわざ遠い所まで、みんながお見舞いに来てくれた事。
先日、現場の振り返り更新をしたけど、このお見舞いこそ最高の現場だったよ。

こういう仲間ができた事が、今年一番の思い出だね。

それに、中さきちゃんに出会えた事。
最初の出会いは、「ちくわが結ぶ縁」だったんだけど。
中さきちゃんには、入院した時もそうだし、いろいろと助けられたんだよ。
他にない信念を持って生きている人はとても素敵なんだ。



今年は、千聖ちゃんが℃-uteに選ばれて活動し始めた。
もちろん、僕にとっての最終目標は「千聖のソロコンサート」だけど、
こういう歴史があるというのも、すごく良いと思った。
それに、厳選されて選ばれた7人の仲間たちだからね。


応援する場を与えられたんだから、来年も応援を楽しみたい。



今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。



05/12/29(木) 24:20

○現場が楽しい1年だったよ

34丁目も終わったらしいし、今年の現場の出来を振り返ってみようかと。

参戦数は、娘が18回(2回は回避)、ハロコンが13回、なっちが11回、℃-uteイベが5回、
ベリが5回、34丁目の奇跡が4回、その他コン6回、その他イベ6回。全部で、68現場。


ホントにね、今年は現場が楽しかった1年だって、つくづく思った。

なんだろうぉ、現場に行くって事自体を楽しんでるんじゃなくて、純粋に現場が楽しい。
また楽しみたくなって、居ても立ってもいられなくなって、また現場に行ってしまう。
そんな1年だったなって、すごく思うんだ。
特別な公演でもない、馴れ合いも期待できない第六感長野に単騎遠征してしまうとか、
この気持ちゆえの行動だって事に尽きるし。



じゃあ、今年の現場の出来をベスト10形式であげてみよう。
基本的に、同じツアーは一つとして。過去の日記を振り返りながら。
別に現場ベストだからって、セットリストとか構成とか何とか、そんな話ではない。


10位 スイッチオン@東京厚生年金

1stアルバムの曲を、これでもかって聞けて楽しかった。終演後も心を打たれたしね。


9位 娘。握手サーキットCチーム@横浜BLITZ

近くで見たお豆は想像以上だったな。その瞬間は「この子だったかぁ」って思いかけた。
結果的には、2週後の℃-uteヘブンと比べられる形になってしまったが。


8位 娘05秋バリバリ教室@よこすか

最初はやっぱり第六感と比べちゃって。楽しい事は楽しかったんだけど、どうしても。
けど、最後になるに連れてだんだんと熱くなってきたな。
例の客イジリとかは別としても、よこすかの一体感は、とてもとても楽しかった。


7位 桃子・佐紀・友理奈パシフィックヘブンFCイベ

1時間半もの間、目の前にネグリジェ桃子のおいしそうなフトモモがある事が有り得ない。
ゆり司会だったし、ヘブン系イベのおいしさのグダグダ感も、かなりあったしね。
ピンク地に黒模様のヒラヒラ付きのパンツとか。キャプテンの堂々とした姿とかも。


6位 なっち05秋24カラット@東京厚生

なんかね、℃-uteの幸せ感に似ているんだよ、なっちが醸し出す雰囲気は。
コンサートとしては最高。とても短く感じて、幸せな暖かい気持ちで帰れる。
特に東京圏千秋楽の公演は、気合が入ってるのもビシビシ感じられて。


5位 温暖化問題イベ@日本橋三越屋上

炎天下の中、きちんと温暖化劇をやる千聖ちゃんが素敵だった。
初めて、ちさタペを認識されたのもここだな。初めてみぃちさ親子タペ連番したのも。
こっちをたくさん見てくれてたから、もっともっと自分も頑張らなきゃって思った。


4位 正月ハロ@中野

「なんか気になる動きをするちっちゃい子がいる」って思っちゃったのが運のつき。
千聖ちゃんが全てっていう現場だったな。前後の3曲ずつしか出てないのに。
会場を出てから、「千聖が可愛い」ばっかり会う人会う人に言ってた気がするね。
現場で千聖を見る事の楽しさを思い知った現場。
動いてるのを見てるだけで楽しくなる。動きの一つ一つがいちいち可愛い
それでいて、めちゃくちゃ楽しそうなんだもん。
そんな千聖の魅力に落ちていく加速度が一気に上がった現場だった。





3位 第六感@八王子

娘の無敵モードにスイッチが入った公演だね。「楽しすぎるよ!!」って言葉に尽きる。
お豆の自分自身が客席と一緒に楽しんじゃう姿勢がとてつもない。
愛ちゃんは、一つ壁を打ち破って、超越しちゃってるパフォーマンスをし始めて。
れいなの全身と、その強い眼差しから、内に秘めた気合が溢れ出して来て。
よっちゃんは、短期間に急激にリーダーの顔になってたし。
推しがいるからとか、そうじゃないんだよね。楽しいから行きたいって現場だった。



2位 ℃-uteパシフィックヘブン9月FCイベ

千聖ちゃんの「嬉し笑顔」を間近で見れた。
℃-uteのみんなと一緒に、自由奔放に楽しそうに遊んでる千聖ちゃんを見れる幸せ。
それは、楽しい子達を選んで結成された℃-uteなんだから、当然なんだ。
「℃-uteの楽しさ」を満喫できるって意味合いでは、最高の現場だった。



1位 34丁目の奇跡

もう、ここ数日で語り過ぎてるから、今更言うまでもないが。
最高の物語に、最高の役者達、最高の劇場、最高の客席、最高の演技、最高の空間。
スペシャルカーテンコールの役者さん達の挨拶で、みんなこの舞台に「幸せな空間」を
感じて演じている事を訴えているんだよ。

あの2時間40分の間は、愛溢れる幸せな空間という「空想の国」になってる現場。
そこに、愛奈を初め、ロビン、花音、紗季ちゃんの初々しくもしっかりとした演技が
入ってきてアクセントを加えるという、文句のつけようが無い舞台だ。

この34丁目チームに、幸せな雰囲気を注ぎ込んだのは、去年出演の愛理や千聖達の
存在感が、周りの役者やスタッフに与えた影響のせいなんだと、信じて疑わない。
愛理や千聖達の小さいながらも溢れ出る才能に、他の役者さん達が、この子達には
負けられない
って本気にさせたからなんだと。


来年も、34丁目はきっとあるよ。
宝田サンタや、フレッドが、絶対に続けるように働きかけるはず!!
それに、客席からの拍手に暖かさを感じた、他の役者さん達もきっとね。






チャンピオン ℃-ute応援企画10月

イベントの内容としては、ヘブンほどの破壊力は無い。まぁ、それでも充分過ぎだよ。
「私たちを応援してください」って気持ちがすごく伝わってくる現場だった。

個人的な感想になっちゃうし、昨日の更新でも同じ様な事を書いたけど、見つめ合って
握手しながら、千聖ちゃんが最高の笑顔の中の笑顔を見せてくれた事が嬉しくて。

可愛い千聖ちゃんの手は、大きくて暖かかった。
可愛い千聖ちゃんの真正面から見た瞳は、一点の曇りも無く透き通ってて綺麗だった。

千聖ちゃんだけしか見れなくなったきっかけの現場。







別次元 ふれあいコン

あんなに一体感溢れる雰囲気は、ふれあいコン以外では絶対に作れないよ。
まさに「ふれあい」って感じ。
なんだか、ネタで、なちヲタ殺伐とか書いている人が多かったせいか、本当にそういう
雰囲気だと思っている人もいたみたいだけど、あんなに暖かな現場は無かったよ。

最後の成田公演では、隣のなちヲタが開演前に、「邪魔してくれるなよ」っとか言ってた
けど、最後の方には℃-uteを応援していたもん。あのなちヲタがだよ。
そういう意味で、ここも「奇跡の空間」という言葉に尽きるんだな。

その原因は、なっちにあると思う。
何事にも影響されないなっちのピュアな感性が、℃-uteの底知れない魅力に感化されて、
このふれあいコンメンバーで頑張っていこうっていう一体感を生んで行ったと思う。
なっちのそういう思いに、名前が付いたばかりの℃-ute達も、ちゃんと応えたしね。

℃-uteもなっちも、才能の方向が似ているんだ。
レッスンでは学ぶ事が出来ない特殊なモノを持ってる子達が集まっているコンサート。
だから、幸せや暖かさが沸き立つような現場なんだよな。

抽象的な感想しか出ないのは、言葉で表せられないから。
こんな現場は、もうきっと無いんだろうなって思いながら見ていた現場だった。
けど、この暖かさや幸せ感を超える現場は無いだろうけど、℃-uteの持つ魅力で、
このふれあいコンを超えるような楽しい単独コンサートをやってくれる事を期待して、
これからもずっとずっと応援して行きたいと思うよ。





楽しさが、バシバシよみがえって来るな。
ホントにホントに、楽しかった2005年だったよ。





<<< メールレス >>>

>>soraぷー

>「うひょひょひょひょ!」が4位に入るとは!w
>嬉しいです!!

少なくとも、この界隈では有名すぎる名言ですからね!!w

リ ・一・リ<soraぷーも、ちさとのスージーを楽しみにしててね、うひょひょひょひょ!



05/12/28(水) 25:30

○2005年の千聖名言ベスト10

千聖ちゃんの大きな大きな魅力の一つ、甘くてちょっと舌足らずな魅力的な声

千聖ちゃんの声の特徴と言えば、元気なんだけど優しい声、心に直接響いてくる声質、
喋り出しに勢いつける感じ、語尾が微妙に強まる感じ、てにをはの独特な抑揚。


それだけでももう充分大好きなんだけど、その声で発せられる言葉が、また良くてね。

何かをすごく言いたい時は「ねぇねぇ」で喋りだす事が多い。
ちょっと改まって何かを言う時は「えーとぉ」で喋りだす事が多い。
みんなに何かをして欲しい時は、「しなよぉ!」って微妙に強まる。

ツイストパン作りの最後で、出来上がったパンをみんなでジャムをぬって食べる時、
「ねぇねぇねぇ、あんずジャムも付けなよぉ!」って言葉が、とても千聖っぽくて、
名言って感じじゃないけど、とてもお気に入り。耳に残る言葉だね。


って事で、今年の千聖ちゃんの名言をベスト10形式であげてみよう。



10位 やたぁっ〜ぅぅ〜

正月ハロコンパンフの椅子取りゲームで、なかさきちゃんとの戦いに勝った時の言葉。
ホントに楽しそうで、こんなゲームでもマジで楽しんでるんだなって感じられて。
譲ったなかさきちゃんも、こんなに喜んでくれたら満足でしょう!!



9位 嬉しくて、ずっと顔がニヤニヤしてまぁす

12月の応援企画の自己紹介、持久走で優勝した嬉しさで、ニヤニヤしちゃってると。
嬉しくてたまらなくて、ニヤニヤしちゃうだけじゃ足りずに、ニヤニヤしてる事を
みんなに言いたくてたまらない
っていう千聖ちゃんが可愛過ぎです!!



8位 牛乳もおいしく感じました。

ふれあいコンパンフの、人力ミキサーのコーナー。
牛乳が嫌いな千聖ちゃんだけど、がんばって人力ミキサーをこいでくれた舞美ちゃんを
思ったら、苦手な牛乳もおいしく感じたっていう、ホントにいい子な千聖ちゃん。



7位 わたしも楽しかったでぇす

またふれあいコンパンフ。なっちが、℃-uteのみんなとパンフ撮影して楽しかったと
話している最中、それをさえぎる様に千聖ちゃんが発した心からの声。
今や、ちさなちはガチだけど、ちさなちのファーストアプローチだったかもね。



6位 なんだろうぉ(ちさとぼいす)

10月の℃-uteのハロプロやねん、話題を振られた千聖ちゃんが、話す事を考えようと
した時に、とりあえず発した言葉。これまた千聖の特徴や魅力が詰まった一言で。
ラジオだったけど、その時の千聖ちゃんの様子が手に取るように分かる言葉だった。
何か楽しいこと言いたいな、けど、何を言おう〜ってニコニコしながら悩む顔とかね。



5位 ひぃどっひぃどっひぃどぃ。 あ、でも、ホントのことだから良いや!

これもハロプロやねん。前週の℃-uteちゃんで、千聖が選ばれて話題にされた内容を
聞いたら、めぐに「茶色いとか言ったかも!」って言われて、言った言葉。
「ひぃどっ」って言い方がとても可愛らしいんだけど、やっぱりその後だよ。
ホント、5秒もしない内に、「でも、ホントの事だから良いや!」だもん!!!!
千聖ちゃんの大きさと前へ前へ進む前進力が、すごく良く出てるよ。



4位 うひょひょひょひょ!

千聖が、楽しかったり、嬉しかったり、ちょっと得意気だったりする時に発する言葉。
これは、soraぷー「妄想の国」の千聖ちゃんの一番の口癖だね。
けどもう絶対に、実際に千聖も言ってるよ!うひょひょひょひょ!って!!
今度、会話できる機会があったら、聞いてみて欲しいね。
「『うひょひょひょひょ!』って良く使うよね?」って。




そして、ベスト3!!


3位 ちさとのパン、ないっ!

8月のハロモニの℃-uteの夏休み。ツイストパン作りの場面。
パンの生地を上手く竹に巻きつけられなかったけど、味は自分のが一番って思う千聖。
早く皆に食べさせたいって思いながら焼いていたのに、どんどんはがれて行っちゃって、
とうとう半分くらいになっちゃった時に出た言葉。

残念さと、それに、やっぱりやっちゃったぁ〜感が、とても込められてるよね。
けど一番強かったのは、みんなにおいしい自分のパンを食べさせられないって事だよ。
みんなの喜ぶ顔が見れない!!って思ったから、あんなに悔しがったんだ。

あと、スタッフに修復してもらったら、もう完全に立ち直っちゃうとこが千聖らしいね。




2位 いつもスマイル、いつも元気にかけ回る

ふれあいコンの、最初の自己紹介の言葉。
これほど、千聖ちゃんを表した自己紹介は無いねって程、完璧な言葉だよね。

そう、千聖ちゃんはいっつも笑ってるよ。スマイルだよ。
共演のなっちが、「いっつも笑ってるね!」って公演中に言っちゃうくらいだもん。
それに、いつも元気だし、いつもかけ回ってるよ。
例え動いていなくても、その場かけ足しちゃうくらい、かけ回ってるもん。

いつもスマイルでいられる、いつも元気でかけ回っていられる千聖ちゃんは、
やっぱり目指すべき、人生の師匠だと思う。




そして、最後に1位が残ったわけだが。
まぁ、名言って言ってもね。言葉にもいろいろあるからね。



1位 大好きです!

10月の応援企画。タペ5連番で挑んだ握手会。
見つめ合いながら「千聖ちゃんの事が、大好きです!」って告白した僕に返してくれた、
千聖ちゃんの最高の笑顔の中の笑顔は、僕には「ちさとも、大好きです!」って言葉
見えたから。
音としては出ていないけど、これが千聖ちゃんの今年一番の名言としたい!!
だって、最高の笑顔は、やっぱり最高に可愛いんだから。









来年も千聖ちゃんは、℃-uteとして、岡井千聖として、いろんな経験をして行くね。

前を前だけを目指して頑張っている人には、その人にしか見えてこない言葉が見える。
千聖ちゃんの開拓者精神は本能だからね。

また来年も、たくさんの名言を、千聖ちゃんの可愛らしい口から聞けると思うよ。



05/12/27(火) 26:30

○ハロプロ的な34丁目キャスト

あの不朽の名作「34丁目の奇跡」を、もしハロメンでやるならば、どう配役するか。


・フレディ(別所哲也)
「ちゃんとした男」って言えば、やっぱりよっちゃんだな。
照れずに真面目に男役に徹すれば、かっこいいフレディになると思うよ。
それでいて、常に楽しさを求めたり、ガンガン引っぱっていくトコとかも合うね。


・ドリス(愛華みれ)
仕事と娘のために生きる、芯の通った大人の女。こりゃ、めーぐるだな。
だって、劇中でフレディを、ひっぱたいてるもん!!
ちょっとお茶目な部分もあるんだけど、めーぐるのそういう所も見てみたいし。


・スージー(橋本愛奈/ストューカス・ロビン)
母を支える聡明なお嬢さん、クールに見えつつ実は素直で、そして奇跡の歌声。
愛理のためにある役だよ。


・ヘンリカ(小川紗季/福田花音)
オランダから来たばかりで言葉が通じず友達が出来ないけど、ホントは皆と遊びたい!
まぁ、愛ちゃんやで。本物のサンタクロースやよ!


・グループ判事(市川勇)
個性豊かな役者さんの中でも、一番インパクトがある役。顔の印象もあるのかな。
混乱する法廷をしっかりと仕切る冷静さと器の大きさで言えば、マイマイかな。


・シェルハマー(六角)
ちょっと抜けてるけど、自分を信じてめげずにガンガンいくタイプ。
桃子とか合いそうかな。


・サンタ(宝田明)
白い髭と優しいまなざしもさることながら、その圧倒的な存在感があるサンタ役。
そして、誰よりも世界中の人々を幸せにしたいという気持ちは、千聖以外にありえない。
舞台に登場するだけで、場の空気をガラっと変えるパワーがある。
サンタにしてはちっちゃいけど、心の大きさは誰にも負けないからね!!



あんまり練らずに、思い付きで書いたけど、こんな感じかな。
実際に、ハロメンでのこのミュージカルも見てみたいな。



05/12/26(月) 26:30

○千聖タペストラー

なんだか、「振り返り」が流行っているみたいなんで、うちのサイトも。


「34丁目の奇跡」の振り返り!!

・オープニング
マンハッタン34丁目にあるメイシーズ・デパートが舞台。その前を行き交う街の人々。
舞台中央の回転扉から駆け出してきた、スーザン・ウォーカーにスポットライトが当たる。
そして、スージーの透きとおった歌声が、会場全体を「奇跡の空間」へと誘う。
「雪をけり ソリははしる ・・・」


って、34丁目バカも、たいがいにしないと!!!




一心不乱に夢中になった「34丁目の奇跡」週間も終わって、久々に、まともに巡回してたら、
終演後に寄ったハロショ原宿店でお会いしたマイマイトレカを追い求めるルーさんから文中が。

「千聖タペストラー」


って事で、なんとなく千聖タペ紹介。



今、持っているのは、この二つ。どちらも思い出深い衣装だよ。
千聖を確信した正月ハロ衣装と、千聖とふれ合えたふれあいコン衣装


今は、ふれあいコン衣装の方の装着率が高いかな。
なので、見かけたらお気軽に、このタペの周辺にいるであろう愛理タペのほっぺを、
つんつんしてやって下さい、喜びます!!w

一部では、℃-uteヲタ=タペっていうイメージがあるかも知れないけど、それは誤解。
℃-ute現場は、タペは少ない。分別ある層のヲタが多いからかなww
ただ、タペしている人が「分別ない」かと言えば、決してそうではない。
特に身内のタペストラーは、みんな、色々と悩み考えながらのタペ装着だと思うし。


そんなこんなで、来年の正月ハロ@横アリのために、千聖応援タペ企画第3弾!!!



ランドセルタペ連番が、今から楽しみでならないよ!!



05/12/25(日) 23:50

○メリークリスマス&ハッピーバースデイ

今日はクリスマス。「34丁目の奇跡」の千秋楽。そして、劇中のスージーの誕生日。


・願い

ずっと思い続けてた、クリスマスの願い
去年の34丁目の奇跡を見て、その現場で感じた「幸せな空間」を追い求めた願い。


ベリや娘の現場に辟易してた時に出会った、去年のこのミュージカル。
この舞台の現場がとても幸せな空間を作り上げていて、その幸せを、なんとか周りに
広げようと、この1年間はそれを訴え続けた1年にもなっていたと思う。

表立ってストレートには書かなくって、いろんな表現方法を使って訴えてきたけど、
この思いが、サイト更新する上での中核となっている部分が多かったと思う。


そういう更新に込められた真意に、反応してくれた方々もいたしね。
その思いが伝わったのなら、少しだけでも、改善の方向へ進んだのかもしれない。

もちろん自分一人だけで、全ての人達を相手に、こういう思いを盛り上げていこうと
思ったら、それは不可能だと思う。
けど、例えその中のひと握りの人にだけでも、何かを感じてもらえればって思えば、
それなら頑張り甲斐が出てくるというもの。


その人達が、さらに周りの人達へ伝えていってくれるだろうから。
そうやって幸せな空間が広がっていったらいいのに。




・今年の出来をチェック

今年の34丁目は、愛奈&紗季、ロビン&花音それぞれ2公演ずつの4公演を見た。

配役が決まった時は、どうしようかと思ったけどね。
舞台としては、楽しい大好きな物語だったし、あの幸せな空間は変わらないと思って。


ストーリーは、シーンは完全に、セリフを含めても、ほとんど去年と一緒だったね。
これだけ同じ構成っていう部分には、34丁目の奇跡が、今後何年も続いていく
定番ミュージカルになっていく予感を感じた。

セリフも言葉遣いが変わるだけでほとんど一緒だった。
ただ、主役クラスの人達のアドリブが多いね。特に、別所フレディの。
去年の公演も、後半になるに連れてアドリブが多くなっていったけど、今年はそれが
最初から多かった感じ。役者も観客と一緒になって、舞台を楽しんでいる感じで。



エッグから参加、スージー役の愛奈、ロビン、ヘンリカ役の紗季ちゃん、花音たん。
パッと見た印象は、「めちゃくちゃレッスンしてきたんだろうな!」って思った。
4人とも、それぞれの役に応じた、とてもしっかりした演技をしているなって。
他のハロメンでも、ここまで出来るかどうか?って感じを受けた。


ヘンリカ役の紗季ちゃん花音ちゃんも、歌声がすごく高かった。
ともに、120センチそこそこの身長もあって、ハロメンというよりも「子役」って
イメージが強かったな。それでいて、やっぱり何か光りを放っていたと思うよ。
当然、見た目の可愛さは、半端無いからね。スポット浴びれば、すごいと思うよ。



ロビンは、去年のスージーと比べると、とても幼く感じた。
背も140超えたくらいで可愛らし過ぎる部分と、後は、やっぱり声が高いんだよね。
声の点については、最初に見た23日の公演では、常に声が高いから、言葉の抑揚が
分かり辛いなって思ってたんだよね。セリフへ気持ちも入れ辛くなるし。

けど、今日見た時は、わずか2日の間なのに、すごく良くなっていたように感じた。
技術的に急に伸びるのは難しいから、きっと、昨日のイヴ公演を見て何かを思ったり、
千秋楽っていう思いが、よりスージー役に入り込めさせたのかな。



愛奈は、去年の愛理よりも、もっともっと「サンタを信じない子」には見えない。
顔も雰囲気も、可愛らし過ぎるんだよね。

物語が動き出す、アパートの前で新聞を読むスージーに、フレディが話しかける場面。
この場面の愛奈が、今年一番のお気に入り
新聞を読みながらも、フレディの事が気になって覗き見ている時の笑顔がね。

この時に見せる愛奈の笑顔が、奇跡的に可愛いんだよ!!
正直、愛奈って、顔のタイプ的には自分の中では「無し」だったんだよね。
だけど、この一瞬の笑顔に、打ちのめされた。
意味合いは違うと思うけど、これも「笑顔の中の笑顔」なんだな。
笑顔が似合う子が好きなんだな。


あと、去年の愛理回の感想でも書いたけど、スージーのサンタを信じないって思いは、
元々母親のドリスに押し付けられた考え方なんだよ。
そう考えれば、可愛い笑顔の「サンタを信じないスージー」もありなんだと思う。
素直な気持ちを持ちつつ、ドリスの教えを守って生活をしている子っていう目で見ると、
やっぱり愛奈のスージーは素敵だなぁって思った。

24日の第1幕のラスト、ドリスに「大嫌い」って叫んで走り去るシーン。
このシーンは秀逸だったね。感情が、これでもかって伝わってきて。

それに、第2幕最初の方の、精神病院のシーンも。
自分を信じられなくなっていた宝田サンタに、スージーが信念を再び持たせる場面。
サンタのやる気を出させるために捲くし立てるシーンとか、その合間の愛奈のソロとか、
すごく気持ちがこもってて、そのシーンの素晴らしさに涙が溢れてくる場面だよ。


愛奈回は、17日、24日と、間を空けて2公演見たんだけどね。
その短い間にも、どんどん成長していっているんだなって、とても思った。
最初見た時は、「あぁ、愛理がやってた役を、あの子がやってるんだな〜」って感じで
見ていたんだけど、昨日のイヴ公演は、「愛奈のスージー」ってすごく思えてね。



・カーテンコール&終演後の会話

今日は、昨日に続いてカーテンコールに全キャストが揃った。
カーテンコールは5回だったかな。最後の1回分は、客席の声援に応える形だったと思う。

最後に出てきたとき、花音ちゃんは泣いていた。終わったと思って涙が出たんだろうね。
その様子を見て、別所フレディが抱きかかえる、宝田サンタがなぐさめる。
花音ちゃんは、あまり気持ちが表情に出ない子だと思った。
けど、心の中では、涙が出るほどの気持ちを持っていたんだね。

その後、子役皆に挨拶をさせて最後のカーテンコールも終了。
けど皆が舞台袖にはけたと思ったら、愛華ドリスに促されて、愛奈とロビンが二人だけ
出てきて、観客への、最後のお礼をさせてもらっていた。
今年の34丁目の舞台の締めくくりを、この二人に任せてくれたのは、スージーへの、
クリスマス&バースデイプレゼントだなぁって思った。
当然、そんな最高の終わり方を見られた、僕にとっても最高のプレゼントだな。


千秋楽連番してくれたHAYATO。部長、どうもでした。
ホントに、34丁目の話題で話せる人が増えるのは嬉しくてね。



あと、終演後、近くにいた年配の夫婦の会話が聞こえてきた。

「あの子、他にも何か舞台に出てるのかな?」

一般層に注目されるという、今のハローに無い部分を持ったあの子達。


こんな素敵な舞台を経験できて、この4人はとても成長したと思うよ。
ハローの中でも、注目を浴びる存在になっていくかもしれないね。




・人から人へとひろがる

もう一つ、僕の好きな場面。
フレッドに連れられて、嫌々サンタに会いに来たスージーが、ヘンリカとサンタの
会話や、サンタの語る周りの皆に愛を幸せを、という思いに触れたのをきっかけに、
サンタに心を開いていく場面


その時に歌われる歌。

 私から あなたへ  プレゼントは 愛の心

 人から 人へと 愛がひろがったら  悲しみは消えて みんな笑顔

 愛の心で  この街中 染め上げよう

 勇気を出して 今 心開こう  Here's Love Love Love

 目と目を合わせて 微笑を交わそう  Here's Love Love Love




もちろん、去年の舞台には、千聖もこのシーンにいた訳で、





あれから1年経っても、人から人へと、世界中の人へ幸せを広げようという気持ちを、
千聖ちゃんが持ち続けていることが、とても嬉しい。



05/12/24(土) 25:00

○初めての舞台を終えて

今日は、34丁目3連荘の中日。そして、クリスマスイヴ。
サンタの粋な計らいか、朝起きたら37.2℃-uteだったよ。今は38.9℃-ute、惜しい!

今日は終幕すると、出演した愛奈&紗季と、それにロビン&花音も舞台に出てきて、
全キャスト&バンドメンバーで、クリスマスイヴ恒例のカーテンコールが行われた。


全員、一言ずつ挨拶をしてくれたんだけど、宝田ボスの振り方が上手いんだよね。
特に上手い事を言う訳じゃないんだけど、ボソボソって紹介する時に、役者さん達への
宝田ボスの思いが見えるようでね。
そんな宝田ボスに振られる役者さん達も、とても嬉しそう。

慣れた芸達者な挨拶だったり、初々しい挨拶だったり、嬉しくて感極まってしまったり、
色んな挨拶を聞けて、とても楽しめたカーテンコールだった。

挨拶はそれぞれなんだけどね、役者さん達も、この舞台が好きなんだなって思った。
それに、この舞台が作り出す幸せな空間が好きなんだなって。


みんなが挨拶してたんで、カーテンコールは20分くらいやってたのかな。
今日は、そらりーんと3列真ん中で連番だったけど、ちょうど二人の目の前に、
愛奈とロビンが来てくれたんだよね。

しかも、僕の前に愛奈、そらりーんの前にロビンっていうナイスグッドポジション!!
カーテンコール中、愛奈とロビンはニコニコしながらしゃべってたね。






けど皆の挨拶が進む中、感極まってきたのか愛奈ちゃんは涙ぐんできて、最後の方には
泣き出しちゃった。愛奈にとっては最後の舞台だったから、それもあったのかも。
初舞台で、これだけの役をこなしたんだもんね。ホントにすごいと思う。

それに、17日に見た時より、ずっとずっと良くなっていた。
「愛奈のスーザンが素敵!!」って言いたくなるような舞台だった。
去年の愛理に近づいたとかそういうのじゃなくて、愛奈なりのスーザンを見せてくれた。


34丁目の奇跡を演じる愛奈には心を奪われたよ。

時々見せる、強烈な「可愛い笑顔」が忘れられなくなった。
今後の愛奈に期待したいよ。




<<< メールレス >>>

>>きぃたん

>だって・・・
>ル ’‐’リ<桃も仲間にいれてほしいんですぅ
>って頼むんだもの。。。

℃-uteに桃子って、一番違和感ある組み合わせだったりするんだけどねw
写真はまだ良いけど、℃-uteのあのトークに、桃子が絡んだらどうなるんだろう。
見たくないような、絶対に見たくないようなw

>もう見せたと思いますが、入れ方は
>上の段左から:マイマイ、千聖、愛理、なかさきちゃん
>下の段左から:めぐ、舞美、梅さん
>の年齢順ですよー、これが何だか1番落ち着きます。

確かに、℃-uteのコールも年齢順だもんね。
実際のメンバーの並びだと、愛理がピョコって出ちゃう感じだけどね。
けど、なかさきちゃんも部分部分でポコって出てるからプラマイゼロだ!!w




○相互リンク追加

CARAT〜安倍なつみ応援サイト〜 (ともやさん)

相互リンクのお誘いを受けましたので、相互リンクページに追加させてもらいました。

千聖のマブダチなっちのサイトですね。今後ともよろしくお願いします。



05/12/23(金) 27:50

○サプライズラジオ「キッズベスト1」放送完了

今日は、HAYATO。部長「Skypeを使用した多人数ラジオ」の研究。

最初はやっぱり上手く行かなくて、あーだこーだと試行錯誤していたら、
無事に放送出来る方式を発見!!


それで、どうせだからって事で、サプライズラジオやっちゃいました。

「キッズベスト1」〜℃-ute×Berryz工房=?〜
  パーソナリティ:HAYAちっち、かたっぺ
  飛び入り参加:あきぃたんきぃたん


23:30から約3時間。
告知もほぼしなかったけど、聞いてくれた方、チャットに参加してくれた方、
ありがとうございました。

内容も進行もグダグダだったけど、初の試み、やってる方は楽しかったかな。



まだまだ、いろいろと問題点はありそうだけど、これで可能性は広がったね。

やっぱりラジオは、放送する側は顔を見合わせてやるのが一番って思うけど、
例えば、スポット的に一つのコーナーだけ参加してもらうとかも出来るし。


そう!すべての可能性は、℃-uteと千聖ちゃんを盛り上げるために!!!!



05/12/22(木) 23:00

○℃-uteセット写真の並べ方

℃-ute写真も、あまりセット買いはしないんだけどね。
イベント写真とか、思い出深い写真は、やっぱりセットで持って置いてる。



それで、見開き8枚のアルバムにセットで入れるのだが、こんな感じ。





この並べ方は、どのセット写真でも決まってるんだよね。


前列センターの、左に千聖ちゃん、右に愛理ちゃん。東西の正横綱らしくどっしりと。

センター後列には、みぃママめーぐるの、しっかりとした中盤が締める。

後方左右には、梅Luマイマイが自由奔放な感じで。

なかさきちゃんは、自ら前へ前へ出てくるから、前列右側って感じ。



℃-uteは7人で℃-uteだから、1枚分余るけど、そこには、千聖ちゃんが入る。
2コマ使っちゃうとこが、じっとしていない千聖ちゃんらしいって言えばらしいよ。

あと、集合写真がある時はここに入ったり、8人目の名誉℃-uteのなっちがある時は
ここになっちが入ったりするけどね。


もうずっと続けてるけど、この並び方がとてもしっくりくる。
かたっぺ的、℃-uteのベストフォーメーションだな。

僕は左耳が弱いから、千聖ちゃんのとろけるような声でめろめろにされたいんだ。



こういう所にも、性格とか、推し具合が出るんだろうね。
今度、みんなの並べ方も見てみたいな。

あっ、なんか、「も」の付く非℃-uteを入れてる人のは、見なくて良いやww



05/12/21(水) 24:30

○愛奈と紗季ちゃんレビュー

まだ、花音&ロビン回を見てないけど、愛奈と紗季ちゃんの感想。


愛奈ちゃんは、以前、ぷにぷに推し大手ののり〜んのさんが言ってたように、
『ぷにぷにのくに』出身
実際、大きいんだけどね。中1らしいしね。
けど、パーツ一つ一つは可愛らしい部分が多いかな。

スーザンは元々、サンタを信じない、ちょっと冷めた女の子役。
この設定の割りには、愛奈スージーは、物語の序盤からかなり笑顔が多かった
その笑顔が、愛奈の魅力だからかな。それを違和感に感じる所は少なかったけど。


あとはね、愛奈は、正面を向いた顔と横顔が、とってもイメージが違う!!
ぶっちゃけ、正面を向いた顔はかなり推せるが、横顔はあんまり推せないなぁ。
こんな感じの子も初めてだね。
いつか、違う現場でもしっかりと見てみたいなって思った子だった。


パフォーマンスについては、想像していたよりも、ずっと良い感じ。
去年が凄まじすぎたから、舞台そのもののイメージが違っちゃうかなって心配を
していたけど、しっかりと見れるだけの舞台にはなってたと思う。

ただ、プラスαの部分が、まだまだだとは思ったけど。
愛奈のスーザンが素敵!!って域にまでは、もうちょっとかと。
あとは、声が小さかったな。なんかちょっと押さえ気味な感じを受けた。
ラスト公演までに、この辺の成長が見られると嬉しいんだけどね。

ただし、これが初の大きな舞台って事を考えると、すごいと思うよ。



次は、ヘンリカ、街中の子、空想の国の住人役をこなした紗季ちゃん。

もう一言で言い表すなら、ちっちゃい!!!ハロメンとは思えないくらいだな。
キャプテンやマイマイもあの中ではちっちゃく見えるけど、人間としてちっちゃい。
パンフを見る限り、あのかのんたんよりもちっちゃいもんね。

顔は、既出の画像とか見ると、しっかりした顔付きなのかな〜って思ってたけど、
やっぱり年相応、いやそれより下かな。とても子供っぽい可愛らしい顔付き
だけど、表情とかは、天才子役チックな出来だった。

歌や台詞の時に、口をしっかりと動かして発音しようとしてる仕草が良いね。
愛奈もそうだけど、ホントにこれが初舞台とは思えないくらい堂々としてるし。


この子達がどんどん活躍しだしたら、キッズメンバーの良いライバルになるよ。

けど、娘達とキッズの毛色が違うように、キッズとエッグの毛色も違うと思った。
それぞれがそれぞれに、活躍していく感じがするよ。
「周りを楽しませる」っていう気持ちだけは、みんな共通だと思うけどね。





(20:30)−−−−−−−−−−−−−−−−

○「空想の国」の住人の千聖ちゃんに会いに

ロケ地めぐり。ミュージカルのロケ地めぐりは、その劇場に行くしかないしね。

って事で、去年のクリスマス、千聖ちゃんが可愛らしく「空想の国」の住人等を演じた、
アートスフィアの舞台に、ロケ地めぐりに行ってるし、これからもまだ行く。

会場に入って、セットを見ただけで、去年の千聖の元気な演技振りがよみがえる。
片足上げて止まる千聖ちゃんのキャワいさったら、もう言い表せないくらいっ。



もちろん、「今年の出来」素晴らしいものだよ。

去年はたまたま「天使のような子」が演じちゃったから、別次元な舞台になって
しまったけど、今年のミュージカルも、充分に楽しめるモノになってる。
っていうか、4回だけじゃ足りなかったなって思っちゃうくらいだし。





今年は、あと、23、24、25日の3公演を見に行く。
上の告知にも書いたけど、25日千秋楽は3階のボックス席を連番で持っているんで、
興味があれば、連番よろしくお願いします。

もし希望ならば、天覧相撲で後ろから解説する親方のように、解説しますんでw




<<< メールレス >>>

>>soraぷー

>応援企画お疲れ様でした。
>3回目はでか宇宙だったんですね。1回目は手握でしたよ!

お疲れさまでした〜。会えて良かったです!!
あっ、1回目と3回目で変えてたんですね。近頃3回目のパターンばっかりだなって
思ってたんですが。たまには、赤い日記帳も聞きたいし見たい!!

>オリジナルのわっきゃ以外に歌う曲のレパートリーがそろそろ増えて欲しい気がします。
>というより℃-uteオリジナル!
>以前はオリジナル曲ないほうがよかったけどわっきゃが世に出たからには
>これからはオリジナルがどんどん生まれて欲しいです。

そう、わっきゃない(Z)は℃-uteの魅力が詰まった曲だと思うけど、
℃-uteの魅力は、1曲だけじゃ表しきれないですよ!!
いろんな歌を演じられると思うです、あの子達は。
となると、先の話かもですが、アルバムデビューってのも必然なのかなって。
シングル1曲だけで、℃-uteの魅力を伝える事なんて出来ないんだから。



05/12/20(火) 26:00

○12月℃-ute応援企画を忘れないように

レポっぽくないけど、後から自分で見て、ニヤニヤしたいための記録。


舞台に℃-uteが入ってくると、見た事ない衣装着てた。
千聖ちゃんは、白地に緑の模様が入ったシャツに、赤のオーバーオールだったかな?
緑色の腕ウォーマー(?)みたいなのが、可愛らしかった。
あと、帽子も被ってたけど、帽子から溢れる髪が、すっごく長くなってるね。
ほたるの星の写真に迫るくらい?けど、今回の方が野性味ある感じでよい。


最初の挨拶では、千聖ちゃん、持久走で優勝したらしい!!

リ ・一・リ<嬉しくて、ずっと顔がニヤニヤしちゃいまぁす、うひょひょ!

ニヤニヤしちゃう千聖ちゃんなんて、めちゃくちゃ見たいよ!!可愛いよ!!


笑い顔っていうテーマの写真では、千聖ちゃんの赤ちゃんのころの写真が出てきた。
出てきたのに、千聖って気付かずに、千千コンビ連番のメガニーさんに叱られた。
だって、赤ちゃんの頃の写真なのに、とても「人間っぽく」写ってたからさっ。




千聖ちゃんは、歌では歌パートはあまり貰えてないけど、トークでは喋りまくり。
イベントの間中、ずっとずっと喋ってるもんね、千聖ちゃんは。
誰が何してようと、ずっと千聖の声が聞こえる

だから、今になっても千聖ちゃんの、あの独特な甘い声が頭から離れないんだ。
とにかく、何かにつけ疑問に思う、何かにつけ反応する。
絶えず、「その場駆け足」しているような、いつも元気にかけ回る千聖ちゃんを
ずっと見ていられるのが、イベントの最高な部分だな。




夏と冬どっちが好きか?バトルでは、最初は、夏は、ちっぺとみぃたんの親子のみ。
つべつべみぃたんと寄り添う姿は熱くなったけど、それだけじゃすまないよ!!
二人でどんどん相手の隙を付いて引き抜いていく!!

えりかちゃん、マイマイ、愛理が引き抜かれて、最後は夏が5人の圧勝だったね。
けど、千聖ちゃんはたくさん喋ってたけど、引き抜きにはあんまり効果的では
なかった
のが、また可愛らしくて推せるよ。


オフィシャルニックネーム決定。
千聖ちゃんの投票結果は、そこそこいい勝負の末に「ちっぺ」に決定
オカールとか、岡井ちゃんとかよりは、全然いいよ!!

ちっぺは、感想を聞かれると、ちょっと黙ってしまう。
「気に入らなかったの?」ってな雰囲気になったけど、千聖ちゃんは、
「嬉しくって言葉がでない」
「℃-uteの皆が付けてくれたニックネームで、それが選ばれて嬉しい」
って。
これも本音だったんだな。


ライヴは、11月と同じ、行くZ→FK→ビーム→でか宇宙。
そしてオリジナル曲の「わっきゃない(Z)」(←画面表記は、こんな感じだったね。)




最後の挨拶は、千聖はなかさきちゃんの次の2番目だったんだけど。
なかさきちゃんが喋ってる時から、やっぱり成田の時みたいにそわそわしてた。

これは、いろいろと考えたんだけどね。
きっと「こんなに充実して楽しい空間が終わっちゃう」っていう寂しい気持ちが
強かったのかなって思った。

イベントを重ねて自分自身が成長したり、ファンに応援されたりする事もひっくるめ、
7人でのイベントは、千聖ちゃんにとっては「楽しい空間」だったんだよ。
楽しさは、頑張れる一番の理由。

頑張っている千聖ちゃんは、自分の挨拶の時に、思いが溢れ出して来ちゃって、
涙で言葉が出なくなっちゃった。

それが、すごく自然な流れに感じられた。
だって、ずっと千聖ちゃんを見続けてたら、ずっとずっと楽しそうに頑張ってたもん。

千聖ちゃんをずっと見ている人たちの前で頑張れる事を「幸せ」と思ってくれてる
千聖ちゃんを、ずっとずっと大好きでいるよ!!




最後に握手会。
握手前に、なんかちょっとトラブルったけど、それもいいスパイスになったかな。

千聖ちゃんには、「千聖ちゃん、大好きです!」って心から伝えた。

きっと、何か言葉を考えていたとしても、目の前にしたら、これしか言えない。
大きくうなずいてくれた千聖ちゃんには、気持ちが伝わったと思う。

もう一言くらい言える「間」に、何も言えないのが、これで4回続いた。
だけど、何かを言うよりも、僕の「大好きです」を受け止めてくれた千聖ちゃんと
「ただ見つめ合えた時間」になった事が、結果的に良かったと思う。




千聖ちゃんが大好きだ!!


それに、千聖ちゃん達が大好きだって気持ちを分かり合える仲間が大好きだ。



05/12/19(月) 26:30

○リ ・一・リ<(そわそわキョロキョロ)

ふれあいコン成田千秋楽の最後の挨拶の時のように
12月℃-ute応援企画3回目の最後の挨拶の時のように

この時の、周りを伺って落ち着かなくてキョロキョロそわそわしてる千聖のように
なんだか気分が、とても落ち着かないな。


落ち着かないから、千聖をベッドに寝かせてみた。



あんまりコレやらないけど、なんだかちょっと落ち着いてきた。
落ち着いたというか、これから大きな山を登る準備が出来たって感じだな。

千聖ちゃんが好きすぎて、もうしばらく余韻に浸りたい。
いや、まだ余韻に浸る心境にまで落ち着いてきてないんだな。


涙を流した事じゃないんだよ。涙を流すほど入れ込んでくれてた事にだよ。


同じような心境になっている仲間達がいる幸せも。



(02:30)−−−−−−−−−−−−−−−−

○千聖に応援は届いている

3ヶ月続いた℃-ute応援企画の、最後の公演の、最後の挨拶。

ちっぺが、堪え切れなくなって泣き出してしまった。


何を思って泣いたんだろうね。

悔しくて泣いたわけでは無い。やり遂げた充実感からだと思う。
それに、℃-ute7人一つになって活動できた事が、嬉しかったんだと思う。


大好きな仲間達と、大好きな歌とダンスを出来る場を与えられたっていう状況、
それが千聖をどんどん成長させる。

「やり遂げた」という思いには、ファンの声援を受けられた事と、イベントをして
ファンと一緒に自分自身が成長していくことを感じられた事も入っているんだ。


とても楽しそうな千聖ちゃん、とても頑張っている千聖ちゃんが好き。


とても伝わり辛いと思うけど、そういう千聖を、ずっとずっとずっと大好きって
思い続けていきたい!!って思う気持ちこそが、最高の応援だと思った。





(25:00)−−−−−−−−−−−−−−−−

○キミは、℃-uteの国へ言った事はあるかい?

12月℃-ute応援企画の3回目に参戦。
冬の特番シーズンだし、今日はヲタヲタしい出会い系更新。

千聖ちゃんの声が頭から離れないし。千聖ちゃんの声が強烈過ぎて。


駅に行ったら、みぃママが待ってた。みぃママは、お風呂の香りがした。
会場に行くと帰ってるはずのsoraぷーがいる。清清しい顔してた。会えて良かった。
ルーさんがいた。マイマイはすっごいから、きっと満足して帰るだろうなって思った。
さきぱーさん界隈がいた。ごめんなさい、あの時の僕には、さきといえば紗希でした。

2回目が終わったらしい。
まるでドラマのワンシーンかのように・・・・。

帽子を被った中さきちゃんがいた。いつもよりもよりいっそうキャワキャワ。
まるつさんも帽子を被ってた。白いTOKYOめぐ帽子が暖かそうだった。
部長しろくまさん界隈が出てきた。汗かきみぃたんにきっとKOされたはず。
  生界隈が出てきた。いつも一緒で、仲良さそうだった。
今日の相棒、千千コンビ、かつ、こげ茶こげ茶コンビのメガニーさんよろしく。
ゆうとさんが前の方から歩いてきた。ランドセルの名刺とか!!!
シェナーさんがいた。かのんちゃんもさきちゃんもいないっていうのに。
ハロショ帰りのCCさんがいた。℃-ute現場は大人ばかりだっていうのに。
ごごごさん(?)がいた。梅さんタペのデビューはいつなんだろう!!

3回目の入場、会場内でもたくさんたくさんの人がいた。
ってか、全員上げるのをろまんちっくあきらめもーど
3回目が終わった。

ショートカットあきぃたんがいた。本家の前にベリキュー合同で忘年会へ。


終電間際の新宿駅で、℃-ute推し7人揃ってはじけたぞいっ!!

℃-uteが℃-ute過ぎるから、みんなが幸せになれる国がそこに存在する。
℃-uteの国には、信じればキミもきっと行ける!!



05/12/18(日) 11:50

○12月応援企画を 最後の握手として 一生千聖の事 愛したい

11、12月と、関東圏のハロ系コンサートに℃-uteがサプライズとして出るのは、
もはやサプライズではなく、「既定路線」という感覚だった。既に動かない事実。

それと同じ感覚で、12月応援企画が℃-uteのとの最後の握手という気持ちが強い。


いよいよ今日、ラストの応援企画だよ。

最後だから、テンパるのは目に見えてる。
結果的に、3回目1公演しか入れなかったのは、むしろ良かったのかもしれないな。
最後の最後に全神経を集中できるから。


たくさんたくさん考えたけど、

「大好きです」

以外の言葉を発したくないって気持ちが押し寄せているよ。






千聖ちゃんなら、千聖が持っている大自然の力で、この、原稿用紙20枚分くらいの
「言いたい事」を、この一言だけで全て理解してくれるんだよ。

それを理解してくれた千聖ちゃんは、きっと最高の笑顔で応えてくれるはず。


あとは、この想いをどれだけ握手の時に込められるか。
千聖ちゃんの、綺麗で可愛らしくて吸い込まれそうな魅力的な瞳に、
どれだけこの想いをぶつけられるか。

これからの千聖ちゃんの人生にとって、ずっとずっと糧になるような強い想いを。


言葉よりも伝わるもの、それを大好きな千聖ちゃんに伝えたい!!



05/12/17(土) 24:50

○去年の主役、千聖ちゃんのトレカは9プラス1

今日はアートスフィアへ、「34丁目の奇跡」の今年の出来を見るってだけなら
って思って、観戦してきた。

感想やレポは、今年は、クリスマス公演を見てからにしよう。
いや、クリスマス公演を満喫してからにしよう。



って事で公演前に、久しぶりにハロショで買い物してきた。

朝に上げた未購入写真9種類を、アルバムに見栄え良く入るような枚数を考えて、
合計60枚購入。


計算したわけじゃないけど、ちょうど9000円で、トレカ(?)9枚分ゲッツ。





同伴入店したきぃたんに、ちっぺを2枚貰ったんで10枚。
うん、みぃたんの配布時期は愛理と被ってないから、みぃたんお返ししよう。

ハロショのカードサイズリフィールは1シート9枚だから、1枚余っちゃった。
いやいや、8枚足りなくなっちゃった!!w



合計60枚、「オチ」と取られる写真も買ったんだけどね。
いや今も、れいなとお豆は「可愛いのだけ買う」っていう姿勢だから問題ない。

って訳で、文化祭れいなを「1枚」買ったんだが、、、家に帰ると



れいな分裂してるっちゃ!!!

やばいな?これは運命感じろってことか?
まぁ、今日運命感じかけたのは、「れいな」じゃなくて「あいな」だけどなっ!!!!


っていうか、レジ担当が「出来ないおっちゃん」に当たっちゃったんで大変だった。
何度も打ち直すし、間違えて写真を持ってくるし。
なので、1枚の増加なんて誤差の範囲かな。

1枚足りなくて、60枚近くの写真を並べたまま、棚に取りに行かれるという、
罰ゲームじみた事もされたが、みぃママがいてくれたから、安心してられたw

っつか、積極的にヲチって来る人が居たよ?
なんだろうぉ、見入ってたよな。そんなに珍しい?そうでもないよ、℃-ute界隈ではw


けどね、久しぶりに言うけど、千聖を5枚買う人に、「これで合ってます?」って顔で
見るのはやめましょう!!
僕は「レア厨」ではないので、レアさを突かれても喜びません!!ww





(10:30)−−−−−−−−−−−−−−−−

○そうだ、ハロショに行こう!

昼の予定にぽっかり穴が開いたんで、早めにアートスフィアに行こうかと思ったけど
今日の34丁目の昼公演は、13時からなんだね。
その終演に合わせて行ったんじゃ、さすがに早すぎだな。

それに、1回目を見た人の「満足気な表情」とかも見たくないから。
自分の目で、満足感も味わいたいから。

こんなにネタバレを気にするのは、生まれて初めてだなw
はてなアンテナの画面さえも開きたくないww


州 ・ v ・)<今年の出来は、自分の目でチェックやよ!


って事で、夜公演開始前に、割と久々、2ヶ月2日振りにハロショに行こう!
なんか、昨日はキュパイ界隈勢揃いっぽかったけど。
干されのウチには、関わり合いの無い事でござんすよ。

買うのは、八景島パート2の千聖、ペア、集合、FC限定DVDパート1、5周年記念、
娘05秋より、文化祭ドラマVer、カレンダーパート1、ランドセル。

9種類もか!?何枚買うことになるんだろうか。
あの机の上に並びきらなかったら、どぉう〜しよぉ〜〜〜〜!!



05/12/16(金) 25:00

○愛理の戦闘力が落ちてると言われて

ウチのサイトの管理人:かたっぺページには、推しているメンバーの推し具合を、
某マンガの「スカウター」をパクって戦闘力で表示しているんだけど。

この間のキュパイラジオの時に、「愛理の戦闘力が落ちてるよ!」って
soraぷーに言われた。


先日のゆうとさんからのメルフォでも同じ事を指摘されたんだけどね。
あのスカウターは、相対値なんだよ。
千聖ちゃんの100は固定。
固定というか、究極の地点に千聖ちゃんがいるっていう感じだな。

だから、愛理ちゃんが落ちている訳では決してないんだ。
千聖が絶対って気持ちが強くなっているんだ。

だって今は、「愛理ちゃん×12月×アートスフィア」って最強コンボだよ!!
12月の愛理は、赤丸急上昇中だよ。
1年経った今もはっきり、オープニングの自ら光り輝く愛理が思い浮かぶよ!!


けど、やっぱり、ちさ〜と、ちさとだね〜♪




土曜はコスモワールド&34丁目。日曜は℃-ute応援企画&℃-utie忘年会。

ってな感じで、土日へ向け浮き足立ってるので、
自分の推しメンの推し具合なんていう、見る側にとっては苦痛でしかない更新で
お茶を濁そうとする、現実。


近頃、どうやって、千聖の可愛さを訴えるかって事ばかり考えてるな。
別に推しになってもらわなくても良い、千聖の可愛さを知らせたい。

キュパイメンバーのみんなとか、言ってくれるんだよね、

「千聖の笑顔のすごさが分かった!」って。

なんでそんなに夢中になってるかを、理解してくれる言葉が嬉しい。


なんだろうぉ(ちさとぼいす)


好きな言葉の一つ。

「ねっ、だから言ったでしょ!?」



05/12/15(木) 25:00

○橋本愛奈という名前を日記に書いてみる

いよいよ、34丁目のアートスフィア公演が始まるね。明日から。
アートスフィアというだけで、パブロフの犬の如く、テンション上がるさ!!

僕は明後日の土曜日が初観戦。橋本愛奈&小川佐紀早貴紗季ちゃん回でスタート。
4列目の愛奈サイド(去年と同じならば)だから、愛奈を見よう!!
愛理ちゃん+れいなという、「一人あぁ!」状態の名前が推せる!!!
愛奈かわいいよ愛奈!!!!!!!!


近頃、二人ゴトだか、娘ドキュだか、よろしくセンパイだか、もう良く分からんが、
夜中にれいなが連日出ているね。

しかも、あの強気なれいなを苛めている映像がたんたんと流れるという。
ちょっと、寝起きみたいな顔をしているけど、可愛い子はどんな状態でも可愛い。

一緒にデートしている風な喋り方は、ああいう設定なのかな。
けど、れいなの仕草は、わざとらしくないからいいね。爽快に可愛い。



ってな事を、千聖ちゃんの写真を見ながら書いているわけだが。
何事も千聖ありきで動く事が、とても自然。
だって、千聖ちゃんは可愛いから。

いよいよ明後日は、千聖ちゃんを思いっきり応援だ!!
応援するって難しいよ?
ちゃんと応援する事が出来る人は、そうはいないんだ。
難しいからこそ、やりがいがあるし、楽しいんだ。

写真なんて見なくとも、僕の網膜には永遠に消えない千聖の残像が残ってる。
ずっとずっと消える事のない、二人で空想の国へ行った証し。
千聖ちゃんの可愛い笑顔。最高の笑顔はファイティングポーズよりダテじゃない!!



05/12/13(火) 24:00

○℃-uteの「リアクション芸」比べ

今夏に放送された、「℃-uteの夏休み」大自然でアウトドア体験。

ウチのサイトもそうだし、今もなお℃-ute界隈で使用されるネタの宝庫なんだが。



千聖チームの2回目は、野外でのツイストパン作り。

もう「ツイストパン」って聞いただけで、心躍るって話だ!!




自分でこねた生地を、竹の棒に巻いて炭火で焼く。

もちろん火を使うからね、火傷に注意なんだけど、そこは大自然な℃-ute!!







この中ではお姉さんな梅さんだけど。




出来上がって、愛理とハイタッチしたテンションのまま、竹の棒の先の方に触れる。

「あちぃっ」って言いながら、手を振って冷やしてる梅さん。
熱がっているんだけど笑顔なのは、いつも楽しく!な梅さんらしいね。






中サッキーは、焼いている最中に生地がはがれて、直そうとするが、




当然のように、熱いよ!!!

それなのに、当たり前のように触っちゃうトコに、中サッキーの大胆さを感じるよね。
ヘブンとかふれあいコンでも、その堂々とした行動っぷりは見れたもんね。







熱いのを我慢して、ガールスカウトのお姉ちゃんにヘルプを求める。


我慢して素の顔をしようとしているんだけど、やっぱり耐えられなくなっちゃって、
ちょっと顔をしかめちゃう所とか、中サッキー可愛いよっ!!

けど、こういう我慢しようとする所も、

ノソ*^ o゜)<早貴、千聖や愛理よりお姉さんなんだよぉー!

って気持ちが出ているからなのかな。






そして、我らが千聖っちゃん!!

千聖ちゃんは、ツイストパン作りでは暴れたい放題だったけどね。


すったもんだの末、千聖ちゃんのツイストパンも焼きあがった。




皆より遅れたとか関係なしに、もう食べたくってしょうがないんだよ!!千聖は。

そんな訳で、焼きたて熱々なのに、とにかく触ってみる!!
この口の形が可愛いのだが。




やっぱり、当然のように熱い!!!


っで、千聖ちゃんのリアクションは、





リ ・一・リ<あちっあちあちあっあつあつぅ!!!!


もうね、これをやりたくって、わざと触ったのかのような抜群のリアクション芸だよ。
だけどこれが、天然なのが千聖ちゃんのすごい所だな。
なんたら倶楽部の人達も、ビックリだ!!


千聖がいるだけで、ホントにその場が楽しくなる。楽しくなれば幸せになる。
場を幸せにする存在感ってのは、千聖ちゃんの最大の武器だよ。

ハロコンの舞台裏で、どれだけ千聖が、他のハロメン達に幸せを振りまいているか、
ニヤニヤしながら眺められたらいいのにな。最高だろうな。


リ ・一・リ<皆が楽しんでると、ちさとも楽しい、うひょひょひょひょ!






そして、愛理ちゃんは。





聡明な愛理ちゃんは、「火にかけていたモノは熱くなっている」っていう事を、
ちゃんと知ってるので、触ったりしません。

さっすが、ロジカル様!!



美味しそうにツイストパンを頬張る、愛理ちゃんのほっぺがおいしそうだよ!!



05/12/11(日) 23:00

○℃-uteも徐々に独り歩きしてきた感

第2回「ラジオ℃-utieパイ」〜わっきゃない(Z)〜、無事に放送完了しました。

聞いて頂いた方、チャットに参加して頂いた方、それに、メールを送っていただいた方、
本当に、ありがとうございました。
2回目はどうだろうって思ったけど、リスナー数も初回とほぼ同じで、ちょっと安心w


今回の放送は、今週のキュパイちゃんとかの、ショートコーナーも途中に入れつつ、
やっていても楽しかったラジオだったかな。放送している自分達が楽しかった分、
聞いている方はどうだったのかなってのも気になったりするんだけど。
けど、放送しているうちらが楽しんでやる事が大事だと思ったし。

放送内容の方は、今回はいろいろあってライト感覚だったかな?
個人的には、11月の応援企画とかいろんな事象を引きずっていたのが原因かな。
まだまだ、どう必死になって行くか模索している状態なんだな。


デビューに関する思いは、キュパイメンバーは結構似てたね。
デビューしなきゃ話が進まないって部分はあると思うけど、そのためだけに、
準備不足とか体制整ってない状態なのに、デビューを急ぐのは本末転倒だから。

ラジオをやってみて思ったけど、デビュー準備の中に、「ある程度売れる状況が
出来てから」
っていう要素は要らないってとても思った。
℃-uteは、ハロプロの「シンボル」として、そういう俗世間のものからは切り離した
存在としていって欲しいんだよ。
売り上げとかと切り離して、℃-uteの魅力をいかに発揮するかのみに没頭して欲しい。

その為には、それを求める姿勢で応援していく事が、自分に出来ること。
それを追い求めていくよ。もりもりあげあげでっ!!!!


あとは、せっかくの℃-uteオンリーの幸せな場所なのに、℃-ute以外に脱線する事が
ちょっと多すぎたかなってのが反省点かな。
ヲタ話とか、ライジング話とか・・・ww

今回は、キュパイの裏番の中さきちゃんがリスナーの立場で、鋭く観察してたらしいので、
次回の放送にその意見を活かせていけたらいいな。



それと、第2回の音源を、音源置き場に置いたので、興味ある方はどうぞ!!

 音源置き場 → 「ラジオ℃-utieパイ放送履歴」



05/12/10(土) 16:00

○℃-ute中心ラジオの告知

℃-uteヲタの、℃-uteヲタによる、℃-uteヲタ&℃-uteのためのラジオ、
いよいよ今日12/10 22:00から、第2回「ラジオ℃-utieパイ」をやりまぁす!!


詳細は、上の番組用ページにかいてあるけど、ここでもさらっと。

 ・時事ネタ&11月応援企画の話題で、今現在の℃-uteを知っちゃおう!!
 ・ショートコーナー:今週のキュパイちゃん、℃-uteを動物に例えると、等々
 ・激論「℃-uteの今後はどうなる!どうする!!」



メインコーナーは、やっぱり気になる、℃-uteの今後の展開について。
始まったばかりだからこそ、いろいろ想像できるんだもんね。

12月応援企画チケも届き始めているようだし、また℃-ute熱が高まる今日この頃、
℃-uteの事をこうやって語れるのは、今だけかもしれない!!
今しか出来ない事は、今やろう!!


という事で、℃-ute推しの方、そうでもない方、℃-uteあんまり興味ない方も含めて、
是非是非聞いてみてくださいね!!

当日は、チャットも用意しているので、そちらへの参加もよろしくお願いします。
また、「℃-uteを動物に例えると」のアンケートもまだまだ受付中ですので、
それ以外の番組へのメッセージ等も含め、お便りお願いいたします!!

番組用メルフォ → ラジオ℃-utieパイ専用メールフォーム




来年の大賞は、私たちがゲッツ!!だ〜ぞぉ〜



05/12/09(金) 27:00

○声

千聖ちゃんの、心を素手で揺さぶらされるような魅惑の声。

パッと聞いた感じでは、舌足らずな感じを受けるけど、それが抜群なエッセンスになって
全身の神経をくすぐられるような、やわらかく優しい声になっているんだな。


元気なのに優しい、暖かいのに心にゴンゴン響いてくる声。

独特な喋り出し方、声の出し方と、独特な抑揚の付け方。

喋りたい気持ちに口の動きがついて行かずに、焦り気味になる感じ。


喋り方を含めた千聖ちゃんの声質は、とても大好きな重要な構成要素の一つだ。


だけど、こんなに魅力的に言葉を発する千聖ちゃん。
やっぱり、この声で歌う歌を聞きたいよ。

けど、この不世出な奇跡の声を、メロディに乗せるのはたやすい事ではないよ。

ただ歌わせるだけなら、なんとでも出来る。
千聖のこの声でなきゃダメなんだ!!っていう曲を作ってこそ、生きるんだから。


歌手に「なれないと思う」って言った千聖を見て、何かを感じただろうつんくP。
千聖ちゃんの声の魅力を、100%出し切る楽曲を作る事が出来たその時こそ、
つんくP自身が、次のステップに行けるきっかけだと思うよ。

頑張れ!!



05/12/08(木) 23:00

○あれから1年・・・・・

34丁目の奇跡の奇跡、スポフェスまー忘年会などなどなど。
いろいろあった去年の師走。






ハロプロ楽曲大賞2004で、ほぼ1年前の曲にもかかわらず「白いTOKYO」が2位
なったのも去年の師走の事だな。

そうか、白いTOKYOのめーぐるから、もう2年なんだな。
白いTOKYOの直後に何かあれば・・・
まだまだ楽曲大賞2位に支持されてた去年の段階で何かあれば・・・

そんな事を言っても何も起きないのは分かってるが、ホント暖めすぎだって。
これだけ暖めてた理由は、言わなくていいから、楽曲&今後の展開で示して欲しいぞ!!




○楽曲大賞

という事で、第4回ハロプロ楽曲大賞2005は明日発表だね。
去年の現場の様子を聞くと楽しそうだったから、発表行きたかったが。残念。
強化版あぁ!の行方はどうだろうか!?


楽曲大賞といえば、ウチの1位は「好きになっちゃ」
これが不動かと思ってたけど、実はかなり悩んだ。2位の「ラヴ&ピィ〜ス!」とね。
ホントは1位にドカンと点を入れたかったけど、悩んだゆえに、それは出来ず。

この曲はつんくPの歌では珍しく、初聴から超推せて、なおかつ、聴く度に推せる
こんな楽曲は珍しいな。

あの第六感ツアーでも、この曲がライヴで見れるのが楽しみでならなかった。
その大き過ぎる期待に応えるようなパフォーマンスをしてくれたし。

3月の福井の頃はまだ手探り状態だったのに、後半の八王子とか武道館へ向けてどんどん
会場も娘達もテンションが上がって成長していく様子を見ているのがとても楽しかった。
そう考えると、「今年の代表曲」って言いたい気持ちになるんだけど、けどね。


わっきゃない(Z)は、来年の楽曲大賞の対象になるのかな?




○今年の出来

そして、来週は34丁目の奇跡。
もはや「今年の出来を!」なんて言ってられない。楽しみ過ぎる。期待過ぎる。
「愛奈」とか、名前だけではめちゃくちゃ推せる名前だしなw
「さきちゃん」も、名前だけではどうしても気になっちゃう存在だしなww

ちなみにウチで良く使う「今年の出来を確かめる」って言葉は、去年の34丁目のセリフ。
パレードなんて見ないって言い張るスージーが、フレッドに説得されて仕方なく行こう
って表面上は装いつつも、やっぱりパレードは楽しみなんだって意味の感情を込める名台詞。
あぁ、愛理の演技が見たい・・・・。







○忘年会

もういっちょ、まー坊さんのまー忘年会。今年は、あきぃたんも絡んでやるらしい!!

あきぃたんのページの告知をそのまま引用!


Berryz工房&℃-uteヲタ、ようするにキッズヲタオフ2005冬
〜Wスタンバイ〜
「好きなままで70年も生きられません!」

※注 タイトルを考えたのはまー坊さんです。

・日時 12月30日19時くらい〜(決定)
・幹事 あきぃ まー坊
・会費 3000〜3500円くらい
・場所 渋谷or新宿or池袋
・参加資格 ハロプロキッズを愛している事&会費を払える事


興味がある方は、幹事のあきぃたんのとこからドシドシ申し込みを!!



個人的には、去年の忘年会で界隈が3倍くらいに広がった感じだし、思い出深いね。
12月の出会いは、長く深くマリアナ海峡より奥深く幸せになれるはず!!

みなさん、思いっきり年を忘れまっしょう!!!



05/12/07(水) 24:30

○℃-uteの事だから・・・

ちょっと、「ラジオ℃-utieパイ」に向けて、気負い過ぎな感じ。


原点に戻って。
℃-ute推し同士で、℃-uteに思いっきり偏った話題を楽しく語り合おう!!

それだけで、幸せな事なんだもんね。
その空間が楽しければ、ラジオも自然と良いモノになっていくだろうし。


もちろん、℃-uteを必死に応援し続ける気持ちは持ち続ける。
なんとしても、℃-uteと一緒に全国を周りたいからね。

特に、福岡(九州)、大阪、愛知には、絶対に連れて行かなきゃな!!
トキに会わねばならなかった、ケンシロウのような気持ちだ。


けどそれも、結果として付いてくるものだから。
とにかく応援していく。
応援するのは、大好きな千聖や℃-uteの事だから。
だから、もっともっと、千聖ちゃんや℃-uteを好きになればいいんだ!!

簡単な事だ。難しいけど簡単な事だ!!







こんな幸せそうな雰囲気を作っちゃうなっちにだって、負けないべさ!!

ってか、千聖こげ茶!!!!
健康的にこんがり焼けた千聖ちゃんが大好き!!



05/12/06(火) 25:30

○娘とも、なっちやごっちんとも違う℃-ute

℃-uteメンバーがわっきゃない(Z)を紹介する時の、「オリジナル曲」という言い方
かなり不自然に感じた。
ま、不自然なのはハロプロでは「自然な事」ではあるけど。


良い感じに考えると、やっと、「℃-uteのために作られた曲」が出来ましたぁ!!
って事を、訴えてるのかなって思うし。
けど、「デビュー曲ではないんだよ!」って事を強調しているようにも思えるし。


近頃、こういうちっちゃい不思議を、そのままスルーすることが多いハロプロだけど、
これに意味を感じる事が出来たらいいな、なんて漠然と思ったりして。


℃-uteを売り出す体制が整った時、つんくPと事務所が℃-uteにハマっている時、
時期とかファンとか関係なしに、この時にデビューして欲しいよ。
ありきたりな考えだけど、これに尽きる。
2年間も待たされてるんだから、もう少しくらい待てる。

ふれあいコンとか、サプライズとか、オリジナル曲とか、遡れば、正月ハロコンの
愛理メイン降板までも、すべて℃-uteのデビューへの伏線になっているってくらいの
流れの大きさ、かつ、それを一気にひっくり返すようなインパクト。

抽象的に言えば、こんなデビューをして欲しいな。


ベリのデビューも、シングル3ヶ月連続とか、当時は意表をついた。
握手会でファンと触れ合いながらの活動とかも含めて、ハロプロではそれまであまり
無かった、ベリ独自の売り方だ。


℃-uteも当然、力の入れ具合がどうなろうと、℃-ute独自の売り方をしてくるはずだ。
うちらの想定を超えれば超えるほど、その時の衝撃は強くなるはず。
けど、それをあえて予想したり、願ったりするのも一つの待ち方だからね。

そんな内容を、今週末の「ラジオ℃-utieパイ」で、みんなと話せたらいいな。


まぁ、ハロプロで一番驚いた仕掛けは、「小湊抜きのシングル」だった訳だが。
そう思うと、「7人揃って℃-uteでぇす!」っていう言葉が、振り幅に聞こえたり。

もちろん、同じ事を2回繰り返すような事務所ではないって事は、信頼してる。


「℃-uteのメンバーを、動物に例えると?」のアンケートに加えて、この辺りの
「℃-uteのデビューへの思い」についても、メール待ってまぁす!!


メルフォはこちらから → ラジオ℃-utieパイ専用メールフォーム

(名無し既婚者さん、設置どうもです!)



05/12/04(日) 25:10

○℃-uteのメンバーを、動物に例えると?

いよいよ、来週末(12/10 22時〜)に迫った、「ラジオ℃-utieパイ」の第2回放送。

その中では、リスナーの皆さんからのお便りを取り上げるコーナーを作ります!!

テーマは、

 ℃-uteのメンバーを、動物に例えると?


人間業とは思えない部分も多い、℃-uteのメンバー達。
その子達を、動物に例えてみよう!!ってテーマでみんなであれこれ考えたいなと。


パッと浮かんだものでも良いんで、お気軽にメールお願いします。
送り先は、キュパイ番組専用メアド(radio_cutiepie@infoseek.jp)でも、このサイトの
メルフォでも、どちらでも構いませんので!!

℃-ute全員分を書いてもらっても言いし、個々のメンバーのみでも構いませんので、
たくさんのお便り、お待ちしておりまぁす!!!!!
それと、このテーマ以外のご意見ご要望もお待ちしてますので。

キュパイ大賞に選ばれたお便りには、キュパイメンバー直筆サインをプレゼント!!w



リ ・一・リ<ねぇねぇ、メール送ってよぉ!






○ハロプロパーティに℃-uteモンスターが仲間に加わった

今日は、ハロプロパーティ千秋楽@パシフィコ横浜に行ってきた。

パシフィコは準地元だしね、近いし。メロン記念日も興味あるし。
もちろん、今までの流れからして、℃-uteサプライズ(とは、もはや言えない!)も
あると思ったし、昼は頑張って11列目、夜は3階席で参戦。



舞台が始まると、いきなりアールフォーだよ。
この曲は、使い勝手がいいな。否が応でもテンションも体温も上がるよ!!
2曲目のザ☆ピースでテンションを維持しつつ、オープニングMCのあやや。

「今日は、この人達が来てます!」って言われて℃-ute登場!!


曲は3曲、行くZYX→FIRST KISSと続く。

今日は中サッキーによく目が行った。いや、中サッキーのお腹だな。
行くZYXの振りで腰を振る場面で、やたらと中サッキーがお腹を突き出すんだよね。
何はともあれ、中サッキー、テンション高いなって感じた。

FIRST KISSもね、もうしばらくは見れなくなるのかなって思ったら感慨深い。
久しぶりに、愛理ちゃんをかなり意識して見てたよ。
実は、あの頃のFIRST KISSとは、かなりイメージが違ってきちゃってる。
愛理の天使の歌声自体は、イメージとあまり変わってないのだが、不思議と。

あの頃のイメージを大切にしたいって気持ちも、愛理を見なくなった一因なのかも。
けど、そんな事を考えて、今しか見れないものを見ない手はないぜ!って事で。


そして、3曲目が始まる前に、みんなガッツポーズみたいなポーズをしながら、
ステージ中央に集まってきて、オリジナル曲を披露すると発表!!

この曲は、好きだよ。
応援企画で初めて聞いた時から、℃-uteらしいって思った。
ピリリとかも良いと思うけど、やっぱり違うんだよな。℃-uteのためじゃないんだよ。
℃-uteのため。その意気込みを感じられるんだよな。

確かに、ほぼ、「ちさとのパート、ないっ!!」って曲だけどね。
けど、℃-uteのために作られた曲だって感じられるから、受け入れられる。

それに、ただ単にパートが無いってだけで、わっきゃない(Z)の千聖は輝いてるもん。
今日お休みの、フォーメーション対称のマイマイの分まで張り切っちゃう千聖ちゃん
とか見れて、嬉しかったから。

千聖が頑張ってるのは、千聖がこの歌を大好きだから。
元より、千聖が大好きな歌を、僕が好きにならないわけが無い。



ハロパ本編の方は、想像以上に楽しめた。
まぁ、メロンも、Wも、あややも、軽く推してた時期はあったからね。
久々に、この子達のパフォーマンス目的で行った現場だから、そりゃ楽しめる。

一番熱かったのは、「さぁ恋」。この曲は、メロンの中で一番好き。
メロンの中で好きって言うか、ハローの中でもかなり好きだから。
「さぁ恋」から、ごっちんの「やる気」くらいまでは、まさえ&あゆみを激推してたし。
だから、この場で見れたのは良かったと思う。

結局は、ハロパでは「推しメンに対する熱い思い」を感じる事は出来ないんだけど、
ライヴ自体の楽しさは満喫できたし、第三者的に見ると、この3ユニットの推しの
人達は、めちゃくちゃ楽しめるんだろうな〜って思える現場だった。
まぁそれは、ベリで、合コンをある程度認めちゃっているからなのかもしれないが。
このキャプテンに選ばれた事を通じて、あややが何かを得ている事を期待したいな。


さぁ、怒涛の「師走現場祭り」は始まったばかり!!
今月も、ラストスパートで現場行きまくるぞっ!!!!



05/12/03(土) 26:50

○【単位】1℃-uteは7つの素敵なモノ

「℃-uteは7人揃って℃-ute」という言葉。


11月応援企画で発売された集合写真を見るたびに思う。



こんなにも、集合写真が似合う子達はいないなぁ、と。


まだまだ活動し始めて日は浅いけど、この7人はとてもしっくりくる
ぶっちゃけ自分は、「千聖ちゃん>℃-ute」な部分がかなり高いけど、そこまで千聖に
のめり込めて集中出来るのも、℃-uteにファミリー感を感じているからだ。


友情なんて、どんなに親友だったとしても、一瞬で壊れるもの。
けど、ファミリーの絆は、なかなか崩れない。
そんな絆の力強さが、℃-uteからは感じられるからね。


僕が良く使う、好きな言葉。
「みんなが見てないところで頑張っていた」℃-uteの7人。
日が当たらなくても、後ろを向かずに頑張り続けた7人だからこその絆だよ。



自分は、「何かと比べる」のが部分部分で大嫌い。
特に、何か新しく出てきたものを、既存のユニットや曲と比べるのが嫌い。

けど唯一、℃-uteを比べるとしたら、The Beatles。
今の音楽界は、ほとんどすべてがThe Beatlesに繋がると言っても言い過ぎじゃない。
℃-uteには、そんな大きな例えをしたくなる、「今までに無い」というパワーを感じる。


The Beatlesの大きな功績の一つ。
アルバムに、「トータルアルバム」という概念を初めて取り入れたこと。

それまでは、アルバムといえば数曲をただ単にまとめただけのものだった。
そこに、テーマによる統一性を意識してアルバムを作るような考え方を取り入れた。


℃-uteも、ただ人数を集めただけじゃない。
何か、テーマを意識して集められたユニットなんだ。

だからこそ、あれだけ「7人での℃-ute」が映えるんだと思った。
千聖ちゃんは楽しい家族に愛されて、幸せものだね。




<<< メールレス >>>

>>F3さん

>こちらではお初です
>F3ですよろしくお願いしますm(__)m

こちらこそ、よろしくです!!
先日はお疲れさまでした〜。

>まだ僕は千聖ちゃんを推し始めて3ヶ月しか経ってないので偉そうな事は言えませんが
>千聖ちゃんの笑顔がかなり好きです
>パシフィックヘブンで見た彼女の笑顔には未だに思い出してニヤついてしまうくらいですからw
>彼女の最高の笑顔に出会えるかわかりませんが今後も彼女を応援していきたいと
>『本気』で考えていますのでどうかよろしくお願いします!

ホントに、千聖ちゃんの笑顔は素敵過ぎますよ!!!
そんな千聖の笑顔を、ずっと見続けられるのがイベントのよさですよね。
ボードの下らない文字を読んでいる千聖しか見えてない人には、きっと分からないです。

最高の笑顔を追い求めるって事は、千聖ちゃんを嬉しがらせたいって事ですよ。
千聖ちゃんを幸せにしたいって願えば願うほど、最高の笑顔に近づける。
頑張って推す事で、自分の目指すところにも近づけるってのは、千聖推しの醍醐味ですね!!
これからも、よろしくお願いします!!



05/12/02(金) 27:00

○℃-uteの輪

先日の応援企画では、何人かの方と初対面させてもらいました。


開演前のロビーでは、KYさんと、F3さんとご挨拶。

「近頃現場で良く見かけるけど名前知らないな〜ランキング」上位の、KYさんw
以前のこのランキングの上位には、のりのさんがいたりしたんだけどねww
のりのさんは、一方的には、かなり前から知っていたかも。正月の八景島で見たような?
けどそういう人、まだまだたくさんいるね。もう名刺交換の意欲が減ってるからかな。

そして、F3さん。千聖名刺キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
しかも、おへそのホクロ名刺だww
いやいや、千聖推しってだけでテンションあがるね!


そうそう、開場前に列に並んでた時には、キッズオフ05でお会いしたJさんと遭遇。
こちらのサイトは、近頃では余りない、オリジナリティ溢れた世界観のサイトですよ。
けど、1回会ったきりで、あの人ごみの中、良く見つかったですね!!w
そりゃ、千聖ちゃんを大事にお腹に抱えてたら、目立つかな。
当日はとてもとてもお世話になり、本当に感謝感謝でぇす!!!!!



そして、あの子達を必死に応援する場所へ。




終演後は、歌舞伎町へ移動して反省会。


そこでは、港湾関係者さんまり推しさんと初対面。

港湾関係者さんは、またもや同級生!!
なんだか、℃-ute現場に行くようになって同級生ヲタが増えてきたw
そして、まり推しさんは、なんとまたもや千聖ちゃん推し!!!!!!
いや、世界に7人しかいないと言われている「千聖推し」に1日二人も会えるとは!!



けど、世界の7人といわれるのは「真の千聖推し」のみ。
今はまだ、誰が真の千聖推しなのか、みんなが探求している状況なのだ!!

応援企画の会場でも、千聖推しの人は目に見えて増えてきてるね。
語り合ってみないと分からないけど、誰にも負けたくないよ。

それと同時に、一緒に千聖ちゃんを応援して盛り上げて行こうって思いもある。
推すスタンスに共感し合えれば、強敵だって「とも」となれる。
まぁ、千聖の最高の笑顔に出会える人が、どれだけいるか分からないけどね。
もちろん僕だって、本当の「最高」に出会えたかどうかは定かではないし。


今は絶妙なタイミングで過渡期だと思う。千聖推しに限らず℃-uteヲタ全体として、
ヲタ全とっかえくらいの勢いで、激動していく必要があると思うよ。
特に現場の、自己中心的な一部の人達を見ていると。



とにかく、千聖推しっていう事の希少価値目当てだとか、古参気取りだとか、
そんな中途半端な人達は、とっとと千聖ヲタから脱落していって欲しいよ!!!!




<<< メールレス >>>

>>ルーさん

>もりもりあげあげキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!
>来年はこれで流行語大賞を目指します!w

さっそくパクリました〜〜!!!!w
「元気もりもり、テンションあげあげ」の略ですよね。
ちょうど、℃-ute現場にピッタリの言葉と思ったので!!
どんどん使っていきましょうw

>ラジオ頑張ってください

はい、有難うございます!!
℃-uteの活動も活発になって来て、勝負どころなんで頑張ります!



05/12/01(木) 25:00

○第2回「ラジオ℃-utieパイ」は来週土曜、あと第1回音源

第1回放送から、あっという間に2ヶ月が経とうとしてる。
いろいろあったもんね。目まぐるしい2ヶ月だった。


そして第2回放送が、いよいよ来週の土曜日(12/10)に迫ってきた。
言いたい事は山ほどあるんだから!!もうっ!!!!

リスナーの方々からも、ご意見ご要望等を募っていきたいと思いますので、
何かありましたら、「ラジオ℃-utieパイ」番組用サイトから、
メールでもコメントでも良いので、気軽によろしくお願いします!!


そして第1回目の音源を、不完全ながら、とりあえず公開。
聞き逃した方や、興味がある方がいましたら聞いてみてください。
(提供してくれた部長、感謝!)

番組用サイトにもリンク貼ったけど、音源置き場は
ここ→→「ラジオ℃-utieパイ放送履歴」


あれから、状況も変わってきて、またいろいろ語り合えるラジオになるかと。
また近くなったら告知もするんで、是非是非参加お願いします。

まっ、第2回も楽しいラジオにしよう! もりもりあげあげ!!w




ホームへ