[日記過去ログ 2008年10月]
08/10/26(日) 24:10

○携帯小説家のテーマは「リアル」

自分は女子中高生ではないので、この劇を見て、リアルを感じないのが正解なんだ。
でも、女子中高生にとっても、何がリアルかは分からないってことなんだ。

女子中高生にとって、大人って言葉からイメージされるものが、その子たちにとってのリアル。
吉原先生の厳しさをリアルに感じられたのは、キヨカの思いの中のこと。



熱海に海賊が現れるのも、田舎っ子アキヨシのリアル。

リ ・一・リ<おぉ〜!

リ ・一・リ<あれれ!?




千秋楽の公演、千聖ちゃんは、ひとりだけ泣かなかったね。

かたっぺは、ずっと前から千聖ちゃんに、
「千聖ちゃんを満面の笑顔にしたい!」
「コンサートや演劇の千秋楽で、千聖ちゃんを楽しさに溢れる笑顔にしたい!」

って握手会や手紙で、ずっと言い続けてる。

だから、最後が元気な笑顔な千聖ちゃんで嬉しい。


それに、普通にハリウッド女優を目指す千聖ちゃんにとっては、
この千秋楽は、ステップの一つに過ぎない。


もちろん、その、今回の公演のステップもとても大きなもの。
でも、超自然派女優な千聖ちゃんにとっては、目指すものはもっともっと高いところにある!

リ ・一・リ<サンキュー

って、劇中で「道は果てしなく遠いね」って言われた時の返しも、正解なんだ。


役になりきって、オーラをまとって、ルックスまで田舎の元気な子になりきった千聖ちゃん。
千聖ちゃんの、演技に対する「考え方の大きさ」を感じると、やはり感動してしまうね。

一つのステップに過ぎないけど、濃密なステップだったと思う。



08/10/05(日) 03:30

○この夏は忘れたくないって理由

「忘れたくない夏」って表現。
ただ楽しいツアーじゃなくて、
これからの℃-uteにとって、糧となるツアーだったと思う。

あの夏の経験が活きているって、後から思い返すツアー。
夏合宿って感じ。


このツアーは、それ自体が完成形ではない。
その千秋楽に、涙は合わない。

この経験を発揮できたときに、初めて感動の涙があるはず。


今回は、そんな位置付けのツアーだと思う。



その流れと別の意味合いの、愛理の涙は真実。
℃-uteに必要不可欠な存在になった実感を得た栞菜の涙も真実。
なっきぃは、ドライアイ。



08/10/01(水) 21:30

○「演出の妨げ」となる高輝度サイリウムの禁止

八王子の℃-uteコンから、諸注意に高輝度サイリウムの禁止が追加された。

そりゃ、しっかり準備して練りこまれたコンサ演出の邪魔をされたら、台無しだもんね。



なんか、℃-uteツアー前橋の千秋楽に、サイリウム企画があるって噂が。。

前から何度も言ってるけど、
どっかから持ってきたような二番煎じ企画を、℃-uteコンでやってほしくない。


「℃-uteがコンサートをやっている」っていうだけで、それだけで最高の空間なんだから。

それに千秋楽は、このツアーの集大成っていう、これ以上ない特別な演出があるんだから。

下手な「演出の妨げ」は、してほしくない。




千秋楽公演が終わった後、「千聖ちゃんの満面の笑顔」を見れたらいいな。

この夏は楽しかった!っていう実感がこもった、千聖ちゃんの幸せな最高の笑顔を。




ホームへ