[日記過去ログ 2008年03月]
08/03/31(月) 21:30

○やっぱりフルアルバムだなぁ

℃-ute「3rd〜LOVEエスカレーション!〜」が発売されて、明日で3週間。

℃-uteの楽曲だから、じっくり、のんびり、ほんわかと聴き中。
だんだんと身体に馴染ませていきたいから。

もったいないから!


全体的には、明るかったり激しかったりなアップテンポな曲と、
落ち着いてたり軽快だったりする曲が、とてもバランスが良い

シングル曲が、ずっとアップテンポな曲が続いてたのは、
このバランスのためだったって感じ。
シングル曲が、ポイントですごく活きてる
とてもアルバムって感じがするアルバムって感じ。


ライヴまでには、それぞれの曲の魅力を100%感じてから臨みたいな。


℃-uteの楽曲って、いつもそうだけど、
レコーディングの時から、ライヴで披露するまでの、成長力が凄過ぎる。
だからCDの楽曲は、そのCD時点での楽曲でしかないんだよね。
ライヴで聴いちゃうと、CDが物足りなくなって。

変化ではなく進化をする℃-uteの楽曲。
だから、CDのアルバムを堪能できるのも、ライヴまでって言う期間限定の
貴重な時間なのかもね。


今は、イメージカラーがブーム。
初聞きで、めちゃ違和感があった曲だったけど、楽しくなってきた!

愛理ちゃんと舞美ちゃんが、全く違う手段で疾走する感じ。
その世界が、ステージ上でどんな画になるのか、すんごい楽しみ。

℃-uteのライヴが楽しみ!!



「2mini〜生きるという力〜」も、熱い曲揃いで良かったけど、
やっぱり、3rdの、フルアルバムだからこその作り上げられた感じが好き。

トータルアルバムらしい良いアルバム。
このアルバムを冠したツアーをやってほしいよ。



08/03/27(木) 24:30

○千聖ちゃんのダンスのチカラ

基本的に、ライヴ中はほとんど千聖ちゃんしか見ていない。


そうしてると、「気付く事」も多い。

千聖ちゃんのダンスは、ライヴを重ねる毎にどんどん成熟していく。
それが決して、ただのアレンジでもないし、ただ大袈裟になる訳でもない。

その歌にしっくりとハマるように、進化して、歌とダンスが一体となった
楽曲パフォーマンスとして成熟していく。
びた〜〜って張り付くように、馴染んでいく。
そんな感じにハマっていく。

千聖ちゃんのダンスの醍醐味の一つだね。



都会っ子純情でも、そう。

振り真似するのに、かなりしっかり千聖ちゃんの動作を見ながらの事が多いんだけど、
おはスタ出演の時は、もうすでに動きが違ってきてた。
ステップの仕方とか、放課後の前半で見てた時とはもう違ってたね。

正月のワンダコンからは、「歩いていても〜」ってトコの手の動きが細かくなってたし。
今、ダンスショットバージョンとか見ると、すごく違ってる。


それで、こないだのLALALAイベの時には、まるで別の振りになってたトコがあったんだよね。

落ちサビ後の、「話してる〜」ってトコ。
PVで言うと、この場面。




ここが、このPVみたいに激しい動きじゃなくて、両腕を広げながらリズムを取るような動きに。

他の同じようなパートのトコは同じ。落ちサビ直後のここだけ変えてきた。

最初は、間違えたのかな〜って思ったけど、1回目も2回目も同じだったし。
いつものフォーメーションじゃなくて、横一列で中央に千聖ちゃんっていう形だったから、
変えてきたのかな〜って思うけど。

振りが変わったかもしれないし、今までの千聖ちゃん自身でどんどん変えてきているのを
考えると、自分で変えたのかな〜っとも思えるし。
元より、千聖ちゃんは、他の人と違う振りを許されてるメンバーだからね。

とにかく、その千聖ちゃんの動作が、すんごくその場にハマってたから。
あの世界を作る千聖ちゃんのダンスは、やっぱりすごいな!って思ったイベントだったんだ。



08/03/25(火) 23:30

○千聖ちゃんのイメージカラー

千聖ちゃん本人は、茶色きらきら光るものが好きなんだよね。

放課後ツアーの衣装とか、きらきらな青い衣装に褐色の千聖ちゃん自身のコントラストが、
千聖ちゃんの大好きなカラーになっているっていう奇跡。




自分自身が大好きなカラーになっている事も、放課後の楽しげな表情に繋がってたんだね!




そんな千聖ちゃんだけど、実は黄色がめちゃくちゃ似合うんだ。




アテロビの衣装、写真集の衣装、それに℃-uteハズカムの時も。
それに、LOVEランチの黄色も似合ってるし、3rdアルバムの黄色も似合ってるし。

黄色が似合う千聖ちゃんは、生まれ持ってのカナリア軍団候補なんだね。
ロナウジーニョを継ぐものは、千聖ちゃんしかいない!!




そんな千聖ちゃんのイメージカラーでもある黄色くリニューアルした℃-uty ハニィが、
「気づいたら4周年突入してました記念」でした。

おめでとう!!!

何事も、続けるって事は意味があることだからね。
千聖ちゃんのために、℃-uteのために、これから℃-uteの魅力に気付いてくれる人のために、
これからもお互い頑張っていこう!!


そんな℃-uty ハニィの3/21のバスツアーレポ〜キューティーエキスパートの巻〜では、
なんか見覚えのあるレポが!!

ウチのサイトのレポを貼り付けるという、斬新過ぎる手段!!!!w


でも、新しいものや他と違うものばかり追いかける傾向のあるヲタの世界の中で、
こういう手段が出来るのは、ホントに強いんだと思った!

「新しいもの」、「他と違うもの」、よりも大切な、「伝えたいもの!!」
必要以上のオリジナリティや目新しさは、意味が無い。

伝えたい!って気持ちが一番だと思うからね。



08/03/24(月) 24:00

○幸せになる!というキーワード

幸せになるために!!
LALALAイベ東京厚生1、2回目に参加してきた。

LALALA幸せの歌のスケールの大きさはやっぱり大好き。
あの子達だから、こんな歌を歌えるんだね。

「幸せになったよ!」

握手会で、千聖ちゃんに言えました。


最高ガールズは楽しかった。
千聖ちゃんの歌い出しも、すっごく安定してるな。
私立共学の2番で、緊張してたのも今は昔。



セットリスト、
1.LALALA幸せの歌
千聖ちゃんも℃-uteもかたっぺも、思いは一つ!
世界中の人々に幸せを!!
文句無く、℃-ute世界中の人々の幸せ繋げる曲だよ。

2.最高級ガールズ
千聖ちゃんの歌い出しの勢いが好き。
楽しい℃-uteに、楽しげな曲は、ナチュラルで楽しい。

3.桜チラリ
桜チラリは、えりかちゃん&なっきぃパートの後ろ向きの振りが好きだと改めて思った。

4.めぐ恋
この曲は激しいよ。夏のような激しさ
落ちサビ前がオリジナルチックで、懐かしかった。

5.都会っ子
前奏やラストは「あぁーーーーっ」って言いながら踊ると、楽しそうになります!
純情なんだけど自分の欲望に素直な少女は、千聖ちゃんだと思います!!



08/03/18(火) 23:30

○℃-uteバスツアーの思い出 その1〜その3



○℃-uteバスツアーの思い出 その1 入社試験&ポラ撮影

楽しくて楽しくてしょうがなかった。。。

初めての℃-uteバスツアー。
楽しい心の高揚が納まることを知らなかった1泊2日だったね。


18人(東京組16人)で申し込むと、バスの前4列を独占。
なんか、にぎやかなバスだったww



○キューティー観光社・入社試験ビデオ

東京を出発すると、まずはビデオが流される。
「かわいい、キレイ、美しい」をモットーに世界で活躍する、選び抜かれたバスガイド、
キューティーエキスパートの入社試験の模様。

千聖ちゃんと栞菜が、この試験に挑戦!
黒のリクルートスーツ姿の千聖ちゃんと栞菜が、面白くて可愛い。


結構物知りななっきぃガイドとは、一般常識&都道府県とその名産品を覚えるクイズ!

20県くらいが問題になってたんだけど。
我らが千聖ちゃん、「二つしか覚えてないかんね!」

どの県を出題されても、「さくらんぼ生産が日本一位の〜」っと、数打て作戦に出る
千聖ちゃんが、骨太でかっこよかった。
しかも、肝心の山形県が出題されたのに、県を答えられないとか。

もう一つ覚えてた、宮城の牛タンは、速攻で答える。
そんで、「少ししか覚えてないから、早いんだよ!」って自慢!!
分からない問題で、机を叩いて暴れてたり、苦悩する千聖ちゃんが可愛い。


歌でガイドするあいりんガイドとは、何が出るか分からないカラオケ勝負!

愛理ちゃんが引いた曲は、「ふたりはNS」
舞ちゃん、小春、それに、放課後では千聖ちゃんや栞菜も歌ったNS。
それを愛理ちゃんがどう歌うかってね。
あんな、ラジカセから流れるカラオケな歌でも、そこらのCDレベルとして成立しちゃう。
いや、そんな言葉で片付けられないね。
それは、そんな愛理のNSの熱唱を、微妙な表情で見つめる舞ちゃんの姿が物語るよ。

栞菜が引いたのは、「即抱きしめて」
イントロが流れて、ちょい小刻みに振り真似する栞菜が小気味良くて可愛い。
前奏が終わるトコで、歌い出しが分からず栞菜が、ナチュラルで可愛い。
栞菜の歌も安定してるね。
ちょっとずれそうになりながらも、芯が通ってるって感じがした。
栞菜も、1曲まるまる任された方が魅力を発揮する歌い手さんって思った。

千聖ちゃんが引いたのは、「マンパワー」
千聖ちゃんがまだ物心ついてない頃の楽曲だよ!!
難易度高いよ!
って不安をよそに、千聖ちゃんは堂々と歌う。
「ものごっつぅ〜〜」「すばらしぃ〜〜」って追っかけ部分を歌う千聖ちゃん。
理由は簡単。
そっちの方が簡単だから。
カラオケでも千聖ちゃんらしい千聖ちゃんだった。


瞬発力ある舞ちゃんガイドとは、旗上げ対決!

赤上げて、白下げないで、、、っていう太古からあるゲームなんだけど、
舞ちゃん、千聖ちゃん、栞菜っていう可愛い子たちがやると、それだけで成立だね。
下げないで〜っで下げそうになっちゃうっていう、ごくありふれたシチュエーション
なのに、舞ちゃんがやると、それだけでめちゃくちゃ可愛らしいのだ!


試験後は、控え室で千聖ちゃんと栞菜が雑談。
お互いに相手の方が良く出来てたっていう、いつもと違う感じ。
なんか、かみ合ってないのは、慣れないスカートをはいてるからだな。
最後、意味不明なカメラ目線でのニヤケ顔で終わるのが、意味不明過ぎて可愛過ぎ!

結果は、二人とも見事合格でした!
バッジを貰って、二人もこれからはキューティーエキスパートガイド!

二人とも、キューティー部分で合格したんだね。



○キューティーエキスパートガイドさん達とポラ撮影

中京辺りの施設に着いて、いよいよポラ撮影。

撮影が近付くと、前の方で撮っている人の音が聞こえるんだけど、撮影間隔が超狭い!
「3、2、1、せーの、カシャ、3、2、1、せーの、」って絶え間なく。
あんな短い間に、ちゃんと撮れるかな、ちゃんとポーズを伝えたり出来るのかなって心配。
初めての撮影ってのもあって、テンパったね。


今回からの方式か、ポーズを聞く人は3人体制で、若干余裕を持って伝えられる。
かたっぺは、ポーズはそんなに考えなかった。
というか、「手をほっぺで笑顔」っていうポーズ以外に考えられなくてね。
ちょうど、今のこのサイトのTOP画にしている千聖ちゃんがしてるポーズ。

これは、笑顔に最高の自信がないと出来ないポーズだよね。
「ホラ、この笑顔、見てー!!」ってポーズだもんね。
だからこそ、コレ。


ポーズ聞き担当の人には、そのままそのポーズをしながら「手をほっぺで笑顔」と指定。
ちゃんと伝わるかな。簡単だから伝わるよなっとか思いながら、いよいよ撮影。

ってか、あっという間過ぎて、ほとんど覚えてないや。
中央の椅子に向かって行く時に、千聖ちゃんが正面に見える。
初めて見る千聖ちゃんのバスガイド姿(ビデオ映像ではスーツ)に、激しくやられる!

ってか、可愛らしいキューティーバスガイド姿の℃-ute達の真ん中に座るとか!!
テンパり過ぎて、なぜか愛理ちゃんにだけ会釈をして座る意味不明。
だって、あんな可愛い千聖ちゃん、まともに見れないよ。

椅子に座ったら、すぐに、せーの!っの声がかかって慌てる。
なんとか、自分もこのポーズをして撮影終了。
その状況に耐えられなくなって、逃げるように席を離れちゃったね。
千聖ちゃんと一緒に写真撮影なんて、ちょっと非日常過ぎて。


そんな思いで撮った記念写真。

帰りのバスで受け取ると、ポーズの指定はなんとか伝わってたみたいで、
可愛らしく手をほっぺに当てながらの℃-uteの子達が撮れてる、、、


千聖ちゃんだけを除いて!!!(泣


千聖ちゃんにだけ伝わってないとか。

でも、最初はショックだったけど、だんだんと楽しくなってきた。
だって、8人で写真を撮って、千聖ちゃんだけ他と違うポーズしてるんだもん。
しかも自然に。
それが、すんごく千聖ちゃんらしく思えてね。
千聖ちゃんのポーズが可愛らしいし。

今ではもう、この写真で良かったって思えてる。
良い思い出になったね。


それに、なんとなく理由が分かるんだ。
千聖ちゃんは、いつも自分の事を見てる人が来た事の方に気をとられちゃって、
ポーズの指定とかまで、気が回らなくなっちゃったんだ。

そんな千聖ちゃんらしさが出たこの写真。

ただ、一緒に写っただけじゃない。
いろんな楽しい嬉しい思い出が詰まった、大切な宝物になったよ。







○℃-uteバスツアーの思い出 その2 ライブショー前編

今回、ポラ撮影も握手会も楽しかったけど、
それより何より、ライヴがすんごくすんごくめちゃめちゃ楽しかった!


○ライヴ「キューティーエキスパートショー」

ライヴ会場へ向かうバスで、1〜40までのリストが書かれた紙を渡される。
℃-uteの都会っ子までのCD発売曲と、℃-ute関連ユニットのA面の曲と、スッペ、
それに、[メンバーチョイス 梅田〜有原]、[お客さんチョイス 1〜5]。

チョイスって書いてあるから、この中から抽選した曲をライヴでやるんだなって分かる。
もう、バスに乗ってる時から高まるね。

もちろん希望は、念願の「勝利のBIG WAVE!!!」を聞きたい!

なんとか抽選に当たって欲しい。
かたっぺチョイスになったら、絶対に選曲するよ。
そんな事を思いながら、ライブ会場へ。



いきなりキター!

激しくガッツポーズだよ!!!


1.勝利のBIG WAVE!!!

えりかちゃんが引いてくれた。
そしたら、千聖ちゃんが「覚えてないよ〜」って慌てるとか!!
そりゃ、「10は大きいイメージがある」って千聖ちゃんにとってはだいぶ昔の事だよね。

オリジナルの千聖ちゃん、なっきぃと、ガキさんパートに愛理、みっちぃパートに栞菜。
関連ユニット曲は、曲ごとに誰がサポートするか決まってるらしい。
だけど、かなり直前に言われてるみたいだったね。
愛理ちゃんや栞菜も、そこそこ慌てる。
千聖ちゃんとなっきぃも、振り付けの確認。

そんな慌しさとか、何が出るんだろう感が、もうめちゃくちゃ楽しくて!!

「贅沢な遊び」って感じだよね。
℃-uteの子達が、℃-ute関連の曲で、なんか楽しそうに必死になってるの。
すごい贅沢なショーを見ているって感じで、ずっと見てた。


愛理ちゃんのセリフから始まる、久々に聞く勝利のBIG WAVE!!!
初めてでもしっかりと歌っちゃう愛理ちゃん、栞菜は最初からとちる。
千聖ちゃんは、オリジナルを忘れて元気に歌い踊ってる
メンバーも若返って、より元気な歌になってたね。
前通路で思う存分に「オキドキ!イェー!!」っ出来て、めちゃくちゃ楽しい。


おかわりハイどうぞ!っで泣けたぁ。
バスツアーに来てよかった。



次は、舞美ちゃんが抽選すると、「メンバーチョイス岡井千聖」キタキタ!!

オリジナルメンバーなのにオリジナリティ溢れるロビケロの後は、
「いちばん、かんぺきなので!」って言って選びました。


2.僕らの輝き

泣けてきたぁ。
バスツアーに来てよかった。


リストの中で、1番聞きたい曲と、2番目に聞きたい曲が立て続けに!!
帰りのバスが事故らないか、この辺りから心配になってきたよ。


千聖ちゃんがカッコよく勇ましく、センターにどかっと座る。
すると、上手側ポジで、栞菜とえりかちゃんが「私がこっち!」って言い争ってる。
まさにガチ
リハーサルとかも全くなしなんだね。

℃-uteの日以来の、千聖ちゃんメインの僕らの輝き。
より勇ましくて、もう、オリジナルの振りとかどうでも良いって感じの千聖ちゃん。

何が出るか分からないドキドキ感と、久々感と、自分で選んだ感と、僕らの輝き感
全てが合わさって、楽しくってしょうがない事態だった。



次は、なっきぃの抽選。

3.私立共学

千聖ちゃんと元気よく暴れた後は、
これまた千聖ちゃんの2番の歌い出しと間奏のフェイクが魅力的な私立共学。
都会っ子イベでしかやってないこの曲、振りがみんな微妙だったね。

あと、舞美ちゃんが、なっきぃのパートを歌っちゃったらしい。
そんで、歌ってる途中に、舞美ちゃんに向かって「ちがうよ!」ポーズする舞ちゃん。
こんなん、見たこと無いよ!!

間奏のシャララは、途中から千聖ちゃんが入る。
そしたら千聖ちゃん、なんとかやってた振り付けが一気にボロボロに!
唯一大きい振り付けが付いてる間奏の振りなのにね。
一つに夢中になると、他が気が回らなくなっちゃう怒涛の千聖ちゃん。
それくらいのテンパり具合で、みんな歌ってるんだって思えた。

かたっぺ的に、ここまでは神曲ばっか!



次は、愛理ちゃんの抽選。

4.都会っ子 純情

言わずもがな。

都会っ子イベを結果的にコンプしたかたっぺにとっては、馴染み深い曲。
身体が自然にうずき出すね。


っていうか、ここまで全部フルサイズだよ。
7人分の抽選で、7曲もフルサイズでやっちゃうってこと!?
って、事の重大さに、このライヴが楽しくてしょうがなくなってきた。



千聖ちゃんの選曲は、「メンバーチョイス萩原舞」。

5.ディスコクイーン

チョイス役に選ばれた舞ちゃんは、「どっちにしようかな〜」って良いながら、
両手でどちらにしようかな〜っを始める、キャワゆさ。
きっと、EVERYDAY YEAH!と迷ってたんだな。

選んだ舞ちゃんだったけど、振りがかなり怪しいね。
最初は、立ち位置どっちだっけ〜状態だったし。
ってか、Bメロの振りをやってないし。
間奏の二人のからみの所は、全然絡み合えてないし。
でも、可愛らしい二人だからそれだけで絵になるね!!



ここまで来ても、超楽しいセットリストが続いてる。
楽し過ぎる。

でも、まだまだ終わる気配が無い!!






○℃-uteバスツアーの思い出 その3 ライブショー後編&朝イベ&握手会

なんか、やたらと楽しみながら必死な℃-ute達のライヴが、まだまだ終わらない。
何の曲が出るか分からない期待感とドキドキ感から、今までに無い世界を作ってるね。
つづき。


続いては、舞ちゃんの選曲なのだが。

6.青春!LOVEランチ

ロビケロ曲が揃い踏み!!!

泣けてきたぁ(ry

サポートメンバーは同じで、愛理ガキさんと、栞菜みっちぃ。
舞台上で向かい合って、早送りで振り確認してる千聖ちゃんとなっきぃの姿が可愛い!
愛理ちゃんと栞菜は、端のテーブルに置いてある歌詞カード(?)を見て確認中。

たしか、この時かな。
歌詞の確認に夢中な愛理ちゃん、テーブルの上の歌詞カードを腰を曲げて見てるから、
衣装のスカートの中が、丸見え!!!!
それに気づいた千聖ちゃんが、「愛理、見えてるよ!!」って注意してたよ。
千聖ちゃんが愛理ちゃんに、こういうトコを注意するなんて貴重過ぎる体験だね!
可愛い!


ハイっハイっハイっハイっ!!

LOVEランチは大盛り上がりフェスティバルだったね。
超盛り上がった。
曲の途中から筋肉痛になったのは初めて!
いや、筋を違えたのかな。

アフォみたいにテンション上げられる曲と振り付けなんだね。
「むやみやたらに思いっきり出来る動き」が多い。
それに、可愛らしいしね。
楽しかった。

ロビケロでは、青春!LOVEランチが圧倒的に一番大好きだって気づいたよ。



抽選のラストは栞菜で、引き当てたのは「メンバーチョイス中島早貴」。

7.16歳の恋なんて

選んだ途端、えりかちゃんが舞台の後ろの方まで逃げちゃうほどの動揺っぷり。
そう、なっちパートをえりかちゃんがやるんだ!
やじうめの恋なんて!

そんな動揺っぷりだったけど、可愛らしい声にあってるし、とても良かったよ。
この曲だけショートで、えりかちゃんパートのBメロが無かったのが残念。
えりかちゃんジャンプの用意してたのに!




抽選が終わった所で、司会者の人が「お客さんチョイス」が無かったのが残念と。
お客さんチョイスで1曲追加キタ!!

フルサイズで6曲+16歳って7曲もやってて、まだ追加するのか!?って。
この嬉し過ぎる驚きは、去年の℃-uteの日を超えたね。



舞美ちゃんが引いた座席番号の人がチョイスしたのは、

8.まっさらブルージーンズ

この超絶なセットリストのノンストップな8曲目に、まっさらってのがね。
楽しさの臨界点。



力の限りに楽しんで、締めにまっさらっで大満足かな〜って思ってると、
キューティー観光社の社長からの要望ということで、ラスト3曲をやるってアナウンス!

9.JUMP

どんなに体力使い果たしてても、この曲を聞いたらJUMPするしかない!
会場全体がハイテンション状態だったね。

純粋にハイになってる感じ。
そりゃ、何が来るか分からない状態で、これだけの曲を続けられて、それでJUMPだもん。



そして次はなんと、

10.涙の色

新曲が来ちゃった!

これまでの℃-uteとまた方向が違う曲だったね。
初めて見た印象は、美少女心理と近かった。
美少女心理も、℃-uteの一つのターニングポイントだと思ったし。


曲はカッコいいし、ダンスもキレイ。
ただ激しいだけじゃない、ただキレを追求するわけでもない、流れの動き

この流れを、次の℃-uteライヴに引き継いでくれると嬉しいな。
はやく、しっかりと聞きたい、見たい!



ラストは当然、

11.わっきゃない(Z)

こういう特別な日のラストは、わっきゃない(Z)じゃなきゃね。

こんなわけ分からん意味不明な楽し過ぎたライヴを、しっかりと包み込んで終われるのは
やっぱりわっきゃだよ。
こんな今までになかったライヴの楽しさを永久保存。



帰りのバスへ向かう途中、みんな汗だくで、みんな笑ってたね。
すごい幸せな空間だった。

ただただ純粋に℃-uteを楽しんだライヴだった。
11曲もやって、ほぼフルサイズ&ほぼオリジナルの振り。
最高だった。




宿へ戻って、温泉につかってから、一つの部屋に16人くらい集まって、

○ロビケロッツ宴会

「LOVEランチが流れたらアフォになります!」って宣言したかのように、
やたらと、ハイハイハイハイっ、盛り上がってた宴会だった。
ライヴの熱気を、そのまま持ち込んだって感じだったね。

帰りの心配をせずに騒げるってのは良い!
おかげで、いつ寝たのか分からない!
翌朝のイベント会場に付いてからも、まだ抜けてなかったさ!




そして翌日、

○朝イベント

8列目から、℃-uteのバスガイド姿をじっくり堪能できたので満足。
愛理バスガイドが、すんごくハマってて可愛かった。
ほんわかした雰囲気と、ピンクのガイド服がとてもマッチしてて。

千聖ちゃんと舞ちゃんは、慣れないスカートって感じだった。
もちろん可愛い。

イベントは、事前アンケートを読んで、それに℃-uteが答えるって感じ。
アンケートの選び方が微妙だったかな。
こういうイベントに慣れてるスタッフだったら、もっと盛り上げられただろうに。
でも、℃-ute達のバスガイド姿があれば、何も問題が無い。


プレゼント抽選会をやって、イベントは終了。
イベント時間は45分だったんだけど。

リ ・一・リ<まだ5分しかたってないよ


千聖ちゃんらしい、楽しい時間はあっという間な表現だね。

今までやった事が無い事をたくさん出来て良かったって言ってた。
初めてな事をしながら、初めてな笑顔になってる楽しそうな千聖ちゃんを見れただけでも、
このバスツアーに来た意味があるってもんだ。




○握手会

ゆる〜い握手会だったね。
さすがに札幌ファクトリー程じゃないけど、2、3往復くらい会話できる感じ。


えりかちゃんには、「バスツアーまたやってね!」ってゆっくりと言ってみた。

舞美ちゃんには、「リーダー頑張ってると思うよ!」って言ったけど、理解して貰えず。

なっきぃには、「ロビケロ2曲も聞けて楽しかったよ!」って。

愛理ちゃんには、「世界一の歌手になってね!」。

千聖ちゃんには、言葉は要りません。

舞ちゃんには、いつも通り何も言えず。その理由を分かってくれる舞ちゃんとニコニコ合い。

栞菜には、札幌ファクトリー以降「おつかんな!」しか言いたくありません。




○バス見送り

乗り込みあるかな〜、でもウチの号車にはあんまり来て欲しくないな〜っとか思ってたら、
走り去ってくバスをお見送りガイドさんでした。

見送りするキューティーガイドさん達の前を、バスで往復する。
なかなか面白い絵だね。
℃-uteの子達が、最後まですんごい楽しそうな顔をしてたのが印象的だった。




バスツアーって、それなりに楽しいし、それなりに思い出深いものだろうって思ってたけど、
そんな枠を破壊するくらい、楽しさの連続だった。

ポラが撮れるとか、握手がゆるいとか、そんなものはたいした問題じゃないって感じ。
そんな心持ちで来てたら、絶対損していたね。

楽しさの上昇気流に乗ったままの1泊2日って感じだった。
楽しくって楽しくって楽しかったんだよ!



08/03/14(金) 24:10

○バスで遠出とか久しぶり

この土日は、いよいよ℃-uteのバスツアー
千聖ちゃんや℃-uteの子達にとっても、初めてのバスツアー。


初めて体験するバスツアーで、

千聖ちゃんが、どんな顔でワクワクしちゃっているのか、

千聖ちゃんや℃-uteの子達が、どんな楽しそうな顔をしちゃってるのか、

そんな笑顔を見れる!って事が、一番の楽しみ。


初めて見せる笑顔で、テンション上げ上げで、℃-uteのみんなと一緒に楽しみたい!
そんな、笑顔溢れるバスツアーになればいいな。



08/03/13(木) 24:10

○放課後のエッセンスのキーワード

ハロ10の、ライヴとトークのサンドイッチは、なかなかストレス溜まったからか、
ライヴ不足からか、また「放課後のエッセンス」のDVDを見てる。
またって言うか、このDVDが出てからデフォルトでプレーヤーに入ってるのはコレだし。


このDVDのオーディオコメンタリーでよく出てくる言葉、「フリー」

歌の途中で、フリーになって自由に動ける時間があるらしい。
僕らの輝きとか、わっきゃとか、いくつかの曲で。
そんなフリーな時間の楽しそうなエピソードも、オーコメで語られてたね。

客席もオールスタンでフリー、ステージ上の℃-uteもフリー。
自由気ままに、℃-uteもファンも一緒になって楽しむ
そんな、2007年の放課後って意味合いの場所だった。

ホントなら、ステージとか客席とか関係なく、
℃-uteと一緒に、キャンプファイアを囲むくらいで良かったと思う。
2007年の℃-uteの活躍を、みんなで語り合って。


でも、気持ちだけはそういう気持ちで、放課後ツアーに参加してたよ。
大活躍の2007年でも、一番一緒に幸せを分かち合えた場所だった。
楽しいツアーだった。


そんなDVDを見ながら、次のツアーを思う。
去年の放課後を見ながら、今年の℃-uteライヴは、どんなものを見せてくれるんだろうと。
合同コンはお祭りとして。
もちろん、そこで得るものもあるだろうし。

早く、℃-uteのライヴが見たいよ!

一瞬毎に成長し続ける℃-ute
今の℃-uteがどんな状態なのか、知りたくって、ライヴが見たくってしょうがない!



08/03/11(火) 21:50

○ハローの10周年を祝うパーティ

「3/8ハロ10℃-uteやぐやす」「3/9ハロ10愛六期やぐやす」 in ZeppNagoyaに参加!

っので、近ごろ流行りの「焼き直し」手法を使ってレポ。


ギュートな3/8ハロ10から、簡単に。

愛理ちゃんのナチュラルでちょっと二つにまとめておろした髪の毛が可愛かった。
みんな、自然な感じの髪型が多くて、貴重。みんな可愛い。
千聖ちゃんは、起きたまんまで上で結んだ感じ。可愛い。
なっきぃと栞菜の、中2の「背伸びしたい年頃コンビ」だけ、しっかりと髪型決めてた。
かんなんの、パイナップルみたいな髪型がめちゃ可愛い。


最初に、このユニットに名前を付けろ!ってコーナー。
かたっぺ申請の「ちょっと茶色い〜ずと楽しい仲間達」は不採用で、「ギュート」に決定。
℃-uteに年配者が入って濁った感じなので「ギュート」って理由のユニット名を、
愛理ちゃんが選んだ!←ここ重要
っで、人気投票チックな拍手で決める方式で、愛理が選ぶ「ギュート」に決定。

最初の曲は、サマナイ。やすやぐメインだったのかな。
スタンディングして盛り上がってください!って司会の人が言ってた。
座って、立って、座って、立ってってのが、変な感じだったね。

次に、ハロ10のテーマ曲(?)のタイトルを付ける!(だったかな)
しっかりと考えたタイトルを付ける℃-uteと、割りと適当な年長者組。

次に、LALALA幸せの歌。っを、ギュートで。
間奏の円に、やぐやすも入った。なんか、千聖ちゃんが楽しそうに歌ってた。

次に、クイズ。(だったかな)
問題が終わっても人数が多かったので、最後は愛理とじゃんけん。
選ばれて、「わたし、じゃんけん弱いんだけど」っていう愛理ちゃん。テラ可愛い。
愛理とじゃんけんしたかった。

最後に、ハロトゥユー。振りは、ハロコンバージョンだったね。
ハロコンバージョンの方が、可愛らしいので好き!


握手会。みんなに、「最優秀新人賞おめでとう!」って言った。

千聖ちゃんにも。
元気よく、ありがとうございます!って返ってきたので、それで満足。

舞ちゃんとは、千聖ちゃんの余韻に浸ってたし、
舞ちゃんも、こいつはしょうがねぇやって顔してくれてたのでOK。
かんなんは、可愛すぎちゃって、照れちゃって、何も言えず。
でも、そんなかたっぺにも、笑顔でニコニコしてくれてた、可愛いかんなん。

っで、かんなの次にやぐっちゃん!
のはずが、やぐっちゃん、いない!!
っと思ったら、下の方にやぐっちゃんいた!!!

℃-uteの子達は、上半身は握手のテーブルの上に出てるのに、
やぐっちゃんだけ、テーブルの上から顔しか出てないよ! そんな印象。
ちっちゃくって可愛いまりちゃん!
ほんとは、「がんばって舞ちゃんをまた追い越して、身長!」って
言おうとしたけど、あまりにもちっちゃすぎて、いえなかったぁ〜。


3ヶ月ぶりだと、千聖ちゃんの間近笑顔は刺激強過ぎ。
千聖ちゃん、元気良く可愛かった〜〜。
名古屋まで来た甲斐があった。
ありが10!



次に、
新ユニット「道重」のお披露目な3/9ハロ10

1階I列で、久々に一桁列で娘メンを見た。
れいなばっかり目で追ってた気がする。シルエットが好きかも。
れいなばっか!めんたいこばっか!


まずは問題の、ユニット名付け。
亀ちゃん、最後まで決めてないで、とおるんに1枚決めろって言われて
慌てて適当に決めていたように見えたんだけどね。
そんな亀ちゃんが推したのが、

「道重」

でも理由が良かった。
いろんな人の道が重なったから、皆、この場で出会えたんだ!って理由。
重さんが、感動してたね。
なので、このハロ10ではれいな推し(さっき決まった)のかたっぺが、亀で拍手!

続いて、新ユニット「道重」による、シャニムニ!
ホントこの歌は、いつでも夏休みだね!!
この歌で、ガキさん以外を初めて見た。もちろん楽しい。

次に、ハロプロを一言で表現すると(?)みたいなお題トーク。(だったかな)
亀ちゃんが、「間」って書いてた。
ハロプロに居ると楽しくて、あっという間に過ぎちゃうって事らしい。
っで、亀ちゃんは「一言」を「一文字」と間違えてたらしい。キャワ!
自分の回答を読んで、保田ちゃんが泣いてた。もらい泣き。
だって、ハロプロが10年続かなければ、℃-uteの放課後ツアーも無かったんだからね。

「道重」2曲目は、いいことある記念の瞬間。
懐かしいな。いつかのツアーで、れいなが可愛く歌ってたイメージ。
重さんが、分かりやすく間違った! 昼公演も間違ってたそう。
そのせいか、すっごい不安そうな顔で踊ってた。


クイズコーナーは、3問目くらいまで残ったけど、体力的にリタイヤ。
最後のじゃんけんだけやっといた!
愛ちゃんには、グーを出して勝ち。保田ちゃんには、チョキを出してあいこ。


「道重」3曲目、そしてハロ10パーティのラストはハロトゥユウ。
娘だけど、ハロコンバージョンの振り。
ハロコンバージョンの振り付けの方が可愛くて好きだからグゥ!


あくしゅかい。
れいなと愛ちゃんとは、初の握手。

愛ちゃんに、「はじめまして!」って言った。
したら、あのテレビで見てた愛ちゃんが、かたっぺに「はじめましてぇ!」って言ったよ。
感動的な出来事だった!

その余韻で、亀ちゃんと重ちゃんの記憶は、ほとんど無し。
かたっぺの握手は、こんなんばっか! ツアー楽しみ!って言ったはず。

れいなの前で、れいなの眼光鋭さで我に返る。
れいなは顔も可愛いけど、かたっぺ的にはシルエットやおなかが好き!
あの距離で、おなかを見たかったよ、ホントは。 でも、出来なかったよ。

っで、れいなの次はやぐっちゃんのはずなのだが、
やぐっちゃんがいない!!(ry
保田ちゃんには、ちがシスの事を言いたかったけど、そんな雰囲気じゃないので、
ただ、ペコっとして終わり。

このメンバーって、あまりイベントで見ないメンバーだったんだけどね。
かたっぺは、娘の里沙ちゃん推しだから。
けど、なかなか良い雰囲気を持ってるな〜って再認識って感じで。

ちょっと、娘にテンションが上がった記念の瞬間だった。



娘ハロ10だけ当たったときは、どうしようかと思ったけど。
愛ちゃんヲタの方と相互連番できて、両日見れて良かった。
両方見れて、両方楽しくって、とても楽しい10周年パーティーでした♪
記念のパーティを、みんなで祝えた感じ。

千聖ちゃんも、パーティって感じで、とっても楽しそうだったね。



08/03/05(水) 24:30

○2週連続の℃-uteやねん

先々週と先週、ハロプロやねんに℃-uteが登場。
℃-uteやねんは、いっつも絶対的に楽しいね!!

1週目はキューティーガールズで、2週目は非キューティーガールズのお姉さんチーム。

お姉さんチームで気になったのが、ラジオで栞菜がすごい活発になったなぁって事。
初登場の栞菜やねんは、もっさりしてたし、なんか馴染めてない感じがすごくあったけど、
それがもう、栞菜がこの4人を引っ張っているって言ってもいいくらい。

「℃-uteの潤滑油」としての才能を発揮し始めてる!!
この成長力凄まじい℃-uteにしっかり付いて行けてる事で、自信になってるんだろうね。


でもやっぱり、「キューティーガールズやねん」が楽し過ぎる!!

このトリオ、キューティーガールズコントや、グダグダトークはイベントでやってるけど、
この3人でラジオをやるってのは、意外と初なんだね。

千聖ちゃん、愛理、舞ちゃんの3人が作る世界が、とても心地よい。
Don't stopで猛スピードで駆け回る千聖ちゃん、自由気ままに飛び回る舞ちゃん、
それを、愛理ちゃんのほんわかとした癒しな可愛らしさで包み込んでて。

3人とも、かなりバラバラに突っ走ってるんだけど、それが一つのパッケージとして
まとまってるのは、包み込む愛理の存在があるからだな。
この3人で、ラジオが自然に進んでいく事自体が、すごい事だって思うし。
暴れまわる千聖ちゃんと舞ちゃんのパワーを包み込めるのは、愛理の能力だと思うよ。

イベントでやってた、コントやグダグダトークも独特な味を出していたけど、
やっぱり、キューティーガールズの魅力を余すところ無く出すのは、やねんみたいな
ある程度のフリートークが出来るラジオって場が一番だね。
そう思った。
めちゃくちゃ楽しいラジオだった。



そんな、キューティーガールズやねんから、お気に入りの部分。

ハロプロよく寝る人No.1のお題、
舞ちゃんの、隣の人にもたれかかる寝方についての話になった時、


州 ・ v ・)<舞ちゃんは、寝方、可愛いなって思う

(o・D・)<でぃぁあ〜ぁ〜

州 ・ v ・)<隣の人に、もたれかかって寝るじゃない


あいりんが、舞ちゃんの可愛い寝方を暴露。
照れて奇声を発する舞ちゃん。


(o・D・)<それがちょっとね、あれなんだよね、

(o・D・)<もたれかかっちゃうじゃん、

(o・D・)<で、迷惑じゃん、絶対


迷惑だって思ってる舞ちゃんに、あいりんのフォローの言葉が続き、、、


州 ・ v ・)<かわいいんだって、それ!

州 ・ v ・)<かわいいんだって!


リ ・一・リ<うん、

リ ・一・リ<かわいんだって(棒


(o・D・)<思ってないよねぇ!?



愛理が場を作り、千聖ちゃんが一気に落として、舞ちゃんがすかさず突っ込み!


図ったような完璧な流れが生まれちゃうんだよね。

このやり取りが、もうこの3人でしか作れない世界で、楽し過ぎる!
ここばっかりリピートしちゃう!


他にも聴き所はたくさん!
まだ聴いてない人は、録音した人に頼んだりとかして是非是非聴いて欲しいね。
℃-uteの魅力に、もっともっと気づくと思うから。

ホント、℃-uteやねんは、℃-ute推しにとってのバイブルだね!!



08/03/02(日) 23:00

○作詞・岡井千聖

先月の、2/1のキューティーパーティーの放送から。


Q.「LALALA幸せの歌」への意気込み

从*・ゥ・)<レコーディング前に、初めてこの曲を貰った時の印象とか感想とかは?

リ ・一・リ<振り付けをまず最初に、サビを聴いた時に考えちゃって、
リ ・一・リ<自分で、
リ ・一・リ<まず最初に、自分で振りを決めてた



純情No.1な千聖ちゃんの、LALALA初聴き時の感想。

レコーディングは、紅白のレッスンが始まる前だったみたいだね。
まぁ、1月末に発売予定だったんだから、当然の事か。


と考えると、その曲を紅白でああいう形で披露させたのは、
ホントに強引な手法だなぁって思うな。

舞美ちゃんがコーナー最後に、紅白の時はワンダ名義って念押ししてる。
編集点を付けて(?)まで、念押ししてる気味。
やっぱ、℃-ute売り出し戦略のために選曲されたって紅白側にバレると
やばいってのかな。

つんくPが、紅白の凄さをめちゃくちゃ熱弁していたように、
紅白ってのはそれだけ特別なものなんだな。



「世界中の皆が大笑いできるような未来を作ろう!」

っていうメッセージ(?)が込められてる!っていう舞美ちゃん。


ホント、これは、作詞・岡井千聖って言っても過言じゃないね。




ホームへ