[日記過去ログ 第7回ハロプロ楽曲大賞2008]
第7回ハロプロ楽曲大賞2008 投票内容  08/12/07(日) 23:00

<楽曲部門>

1位(6.5点):青春! LOVEランチ/アテナ&ロビケロッツ
 「愛を込めた肉じゃが♪」とか「ドでかいハンバーグ♪」とか、
 初デートへの愛情の気持ちの高ぶりとか、楽しくウキウキな気持ちとかを、
 お弁当のおかずで直感的に表しているってセンスが秀逸過ぎて、他の追随を許さない!!
 ハイハイハイハイっていう、元気良くテンション上がっていく言葉を効果的に
 使っているところも、この楽曲のイメージを作り上げてるのに高ポイント。
 明るさと勢いと楽しさが、いい具合に絡み合ってる優れた楽曲。

2位(1.5点):ほめられ伸び子のテーマ曲/℃-ute
 ふざけた言葉(歌詞)を、めちゃくちゃカッコよく歌う。
 つんくP楽曲の真骨頂って曲だと思う。

3位(1.0点):「忘れたくない夏」/℃-ute
 落ちサビを千聖ちゃんに任せるっていう、渾身の勝負の1曲。
 ℃-ute歌唱力No.1の千聖ちゃんの歌声を活かしきった素晴らしい楽曲。

4位(0.5点):LALALA 幸せの歌/℃-ute
 ℃-uteの持つスケールの大きさをしっかりと表した、どでかいスケールの楽曲。
 ℃-ute達だからこそ、世界中の皆を大笑いさせよう!っとか歌えるんだ。

5位(0.5点):スイーーツ→→→ライブ/℃-ute(岡井・有原)
 千聖ちゃんと栞菜の妖艶さをしっかりと引き出した楽曲。
 Yes!って声がハマり過ぎ。


今年は、佳作って感じの曲が多かった。
ここにあげた以外にも、
℃-uteの元気よさと可愛らしさを良く表現している、最高級のエンジョイGIRLS、
とても気持ち良い世界が広がる、タンタンターン!、
リーダーユニットに恥じない重厚な魅力を放つ、記憶の迷路、
桃ちゃんが可愛い、行け 行け モンキーダンス、
えりかちゃんが目立ってる、ドドンガドン音頭、
℃-uteの激しさと可愛らしさを良く表現している、涙の色、
きらりと光る曲が多かった。

その中でも、青春! LOVEランチは別格!
こんな奇跡が集まった楽曲は、今世紀中には2度と実現しないかも!



<PV部門>

1位(4.5点):LALALA 幸せの歌 (岡井千聖 Close-up Live Ver.)/℃-ute
 1曲まるまる千聖ちゃんのアップっていう画が凄い。
 千聖ちゃんはパートがとても少ないから、手持ち無沙汰になりがちなのに、
 笑顔の魅力で押し切ってる。
 かなりどうしよう〜って雰囲気になりそうなんだけど、小物の口紅をいじったり、
 ひたすらニコニコしたりと、見てるだけで照れちゃうPV!

2位(1.0点):LALALA 幸せの歌 (有原栞菜 Close-up Live Ver.)/℃-ute
 1曲まるまるシリーズの栞菜編。ころころと変わる表情が飽きない。
 しかも、何か妖艶さを醸し出してる。表情だけで、誘ってる感じを出してる。

3位(0.5点):LALALA 幸せの歌 (鈴木愛理 Close-up Live Ver.)/℃-ute
 可愛い子が、自分では意識せずに、可愛い子ぶった表情を見せる。
 それが1曲ずっと続くという、幸せなPV!


決してふざけてないんだけど、この3曲が見ていて楽しかった。



<推しメン部門>

 岡井千聖


世界中の人を照らす事が出来る太陽のような笑顔の女の子。





ホームへ