TOPへ


★ジオジオからのメッセージ
           



1985年2月 開店一ヵ月前  マイナス1号 から始まったジオジオのミニコミ from BOOKLAND です。
パソコンが苦手なジオジオのおじさんが、手書きで作っていました。
242号からは、サイズもA4になり、word を使ってのブックランドになりました。
ブッククラブの配本には、いつも同封させていただいています。お読みいただけたら嬉しく思います。

■242号 ■243号 ■244号 ■245号 ■246号 ■247号 ■248号 ■249号 ■250号 ■251号 ■252号 ■253号
■254号 ■255号 ■256号 ■257号 ■258号 ■259号 ■260号 ■261号 ■262号 ■263号 ■264号 ■265号 ■266号
■267号 ■268号 ■269号 ■270号 ■271号 ■272号 ■273号 ■274号 ■275号 ■276号 ■277号 ■278号 ■279号
■280号 ■281号 ■282号 ■283号 ■284号 ■285号 ■286号 ■287号 ■288号 ■289号 ■290号 ■291号 ■292号
■293号 ■294号 ■295号 ■296号 ■297号 ■298号 ■299号 ■300号 ■301号 ■302号 ■303号 ■304号 ■305号
■306号 ■307号 ■308号 ■309号 ■310号 ■311号 ■312号 ■313号 ■314号 ■315号 ■316号 ■317号 ■318号
■319号 ■320号 ■321号 ■322号 ■323号 ■324号 ■325号 ■326号 ■327号 ■328号 ■329号 ■330号 ■331号
■332号 ■333号 ■334号 ■335号 ■336号 ■337号 ■338号 ■339号 ■340号 ■341号 ■342号 ■343号 ■344号
■345号 ■346号 ■347号 ■348号 ■349号 ■350号 ■351号 ■352号 ■353号 ■354号 ■355号 ■356号 ■357号
■358号 ■359号 ■360号 ■361号 ■362号 ■363号 ■364号 ■365号 ■366号 ■367号 ■368号 ■369号 ■370号
■371号 ■372号 ■373号 ■374号 ■375号 ■376号 ■377号 ■378号 ■379号 ■380号 ■381号 ■382号 ■383号
■384号 ■385号 ■386号 ■387号 ■388号 ■389号 ■390号 ■391号 ■392号 ■393号 ■394号 ■395号 ■396号
■397号 ■398号 ■399号 ■400号 ■401号 ■402号 ■403号 ■404号 ■405号 ■406号 ■407号 ■408号 ■409号
■410号 ■411号 ■412号 ■413号 ■414号 ■415号 ■416号 ■417号 ■418号 ■419号 ■420号 ■421号 ■422号
■423号 ■424号 ■425号 ■426号 ■427号 ■428号 ■429号 ■430号 ■431号 ■432号 ■433号 ■434号 ■435号
■436号 ■437号 ■438号 ■439号 ■440号 ■441号 ■442号 ■443号 ■444号 ■445号 ■446号 ■447号 ■448号
■449号 ■450号 ■451号 ■452号 ■453号 ■454号 ■455号 ■456号 ■457号 ■458号 ■459号 ■460号




461号



4月になりました。新たな世界へ踏み出すための別れと出会いの季節です。
胸ふくらませてのご入園、ご入学、ご進級、社会へ一歩、再挑戦も…、それぞれのスタートに、心からエールを送ります。

この季節になると、いつも思い浮かぶフレーズがあります。
谷川俊太郎さんの「さようなら」という詩の中の一節です。

" ぼくもういかなきゃなんない  すぐいかなきゃなんない  どこへいくのかわからないけど  さくらなみきのしたをとおって… "

「いかなきゃなんない」を繰り返して、子どもたちは親から離れ、自立の道を歩んでいきます。
親は子どもの背中を見ながら、その成長を、嬉しく、また寂しく、ハラハラしながらも見守るしかないのだと思い知らされていくのです。
じゃましないこと、それも親の大切な役目のひとつだと思います。

子どもたちの先にある世界が、どうぞ 子どもたちの好奇心を嬉しく満たし、そこから獲得していくものが、子どもたち自身の、そしてより多くの人たちの幸せにつながるものであってほしいと心から願います。


宇宙にただよう地球人として、地球に生きるひとつの生命体として、知恵を使い、生きる術を継いできた人類として、
宇宙の他の星に、地球の他の生きものに、そして来るべき未来に対して、後ろめたくない時代でありたい、あらねばと思います。

踏み入れた世界を知るにつれて、とまどい、迷うことも多々あると思います。
でも、当たり前のことですが、あなたの命はあなたのものです。あなたの生きかた、あなたの人生、あなたの未来も、あなた自身のものです。
親のものでも、ましてや国のものでもありません。

それを侵されそうな時は、屈せず、そしてかなわない時には、逃げてください。自分を守ることを優先してほしいと思います。
そのためにも、これからは自分の力で自分を育て、成長させていかなくてはなりませんね。たくさんの出会いをどうぞ大切に…。

時代が向かう方向が危ういと感じられる今、私たちに何ができるのか、避けることなく向き合わなくてはいけないのは、今を共に 生きる大人も、若者も、子どもも…です。
平和に向かって舵を切り替えられるは私たち一人一人だと信じています。




 「花見じゃ そうべえ」       たじまゆきひこ             1500円+税

"そうべえシリーズ" 7冊目になります。

歯ぬき師のしかい。軽業師のそうべえ。医者のちくあん。山伏のふっかい。みんな健在(!) です。
またまたの大あばれ、大笑いのお話です。
力まかせに虫歯だけではなく、他の歯も抜いてしまったしかい。 綱わたりの綱から落ちてしまったそうべえ。なんでも手おくれにするやぶ医者のちくあん。
山伏のふっかいは三人をつれて修行をさせようと吉野の山に向かいます。
ところがこのふっかい、世話のやけること…。三人は、ここぞと大活躍です。
吉野の山は桜が満開! 失敗ばかりでも最後には、ごちそうと美味しいお酒でお花見のごほうびです。 いいなあ~、そう こなくっちゃ…。


型絵染作家、そして絵本作家である田島征彦さんが、お元気でご活躍のこと、ほんとに心強く、嬉しく思います。
開店当初から作品に助けられ、お世話になり続けてきました。ジオジオで講演していただいたことも何度かあります。
何より亡き夫は「じごくのそうべえ」のスライドを使っての語りを、絵本ライブと称して、あちこちで上演させていただき ました。
ボロボロになった「じごくのそうべえ」のライブ用の絵本には、子どもたちのための書き込みやアドリブ用の シナリオまで挿まれています。
小道具まで用意するほどの力の入れようでした。
子どもたちの笑い声にたくさんの幸せをいただいたことと思います。
田島さんに感謝の気持ちでいっぱいです。不死身のそうべえのように、どうぞ、いつまでもご活躍ください。




「ひだまりの歌」    いうちちひろ            1700円+税 

いうちちひろさんというお名前に、開店間もないころに、何度かジオジオを訪ねてくださったことがあることを思い出しました。
お写真を見て、なつかしく、何より豊かな人生を歩まれていることが嬉しく、いうちさんの暮らしから生まれたこの画集にたくさんの元気をいただきました。
6歳の時に先天性骨形成不全症と診断され、車椅子の生活に。大学入学から一人暮らし。自立生活支援のための活動。アメリカへ勉強にも…。
そして自己流で色鉛筆画・絵日記を描き始め、個展も開催。
繊細で心地よく、力を感じる絵のひとつひとつ。そしてユーモラスな絵日記。

庭づくり、料理、旅などを楽しむ日常と自然に囲まれたていねいな暮らし。"命を生きる" ことへの思いがあふれるように伝わってきます。




「BLANK PAGE  空っぽを満たす旅」       内田也哉子      1600円+税

エッセイスト、翻訳家、ナレーションなど多才な活躍をされている内田也哉子さん。
俳優の樹木希林さん、ロックミュージシャンの内田裕也さんという個性の強い(!)両親を見ながら育ち、相次いでその両親を見送った後の喪失感。
そこから一歩踏み出すために、まったく異なる心模様をもった人間に出会いたいと、15人の人たちとの一対一の対話を試みた。
"BLANK PAGE"を埋めていく旅。


" 谷川俊太郎 小泉今日子 中野信子  養老孟司 鏡リュウジ 坂本龍一 桐島かれん 石内 都 ヤマザキマリ 是枝裕和 窪島誠一郎 伊藤比呂美  横尾忠則 マツコ・デラックス シャルロットゲンズ・ブール "

  「空っぽは彼らが最後の、最良の置き土産として遺していってくれたのかもしれない…ブランクを持つことの豊潤さを人と出会う度に教えてもらった」 (あとがきより 一部抜粋)





                               

 2024.3.


 ブックランド紙上で紹介した本をご希望の方は、
配本に追加する、あるいは配本に入れる、 という形でご注文くだされば、翌月、翌々月にはお送りできます。         
不明の点は、TEL、FAX、Eメールでお問い合わせください。またブッククラブ以外の方のご注文もお受けします。  注文    


新刊より

                           


絵本館

「か~~なむらのそんちょうさん」  おおなり修司 文 中川学 絵      
「か~~な」のことばどおりに、とてもおおらか~な、か~な村の村長さんの一日です。
朝はおだやか~なメロディのめざまし時計とにぎやか~なねこたちにおこされます。
か~なりひまな村長さんのお仕事。
そんな時に、か~なり具合の悪い牛がいるという電話がかかります。
村長さんは自転車に乗って牧場へと…。
声にだして楽しんでください。ゆるやか~な時間の流れが心地よい…。
ん?!この村長さん、誰かに似てるような… 
1400円+税 


徳間書店

「めざましくん」      深見春夫 作・絵    
1990年に出た絵本の待望の復刊です。
目覚まし時計のめざましくん。
春の朝、みんなをおこさなくっちゃと、大活躍。
台所で「ジリジリジリジリ」
森にでかけて「ジリジリジリジリ」
煙突のけむりもおこします。
「ねてるひとは もういないかな」
どうやら北の国では春がまだねむっているようです。「ジリジリジリジリ」なかなか春は目をさましません。
めざましくんの姿もその音もなつかしい…。
夜には、めざましくんは背中のねじをまいて(!)「おやすみなさい」
1700円+税


ひかりのくに

「ないたにわとり」      スズキトモコ         
まっかな とさか がじまんのうぬぼれやのにわとり。
庭に咲いた花より自分の とさか がきれいだと自慢していましたが、庭に、とてもきれいなバラの花が咲き、おまけに歌が上手なのでおもしろくありません。
にわとりとバラはお互いの悪口を言いあってはけんかばかり。
ある日、テーブルにかざろうとおじいさんはバラの花をハサミで切って持って行ってしまいます。
庭は静かになりました。にわとりは声がでなくなりました…。
リソグラフという手法で制作された赤と青を基調とした絵のレトロ感がお話にぴったり。
1280円+税


金の星社

「のりもの いっぱい」      青山邦彦          
建築家でもある作者の精密で正確なたくさんの乗り物の絵です。その臨場感にワクワクします。
ジュンとアンナは、おじいちゃん、おばあちゃんの家まではじめての二人旅です。
まずバスに乗って、駅まで。駅から電車に乗ります。
今度はモノレールで空港へ…。飛行機に乗っておじいちゃんの田舎の空港へ。
迎えにきてくれたおじいちゃんと漁港にも寄ります。
途中の車窓から、また空から、ながめる景色の中にいったいどれだけの乗り物が登場したでしょうか! 
二人と一緒に旅と乗り物を楽しんでください。      
1500円+税


好学社

「マークとピクシー」ルイーズ・ファティオ さく ロジャー・デュボアザン え 石津ちひろ やく 
アンジェロさんが作った石垣を住みかとして、シマリスのマークと仲間たちは、ジョーンズ夫人の庭で幸せにくらしていました。
ところが、ある日、ジョーンズ夫人が、ピクシーというシャムねこを飼い始めたのです。
ピクシーにとってシマリスは大好物。とうとうマークはつかまって、ピクシーの口に…。
それを見たジョーンズ夫人も加わってのドタバタの大さわぎに…。
物語の展開もテンポよく楽しめます。
絵もすてきです。 
1700円+税


KADOKAWA
「わすれていいから」    大森裕子  
少年と猫。猫の語りです。
出会いは、お互いあかちゃんの時。「おれはどんどん大きくなり、おまえはゆっくり大きくなった。」
いつも一緒にいた時間。「おまえがいないことが多くなり、おまえはすっかり大きくなったが、おれは少し小さくなった気がする。」
少年は成長し、猫は老いていきます。
やがて少年は家を出ていきます。「おまえ、あたらしいなわばりをみつけたんだな。げんきでな。おれのことはわすれていいから。」
我が家の物語でもあります。どういう思いで、子どもたちの成長を、家からの独立を見守っていてくれたのかと…。
1500円+税


福音館書店

「人間は料理をする生きものだ」  森枝卓士 文・写真  
世界の食文化を紹介しながら、私たち人間は、塩以外は命あるものを食べているという事実を実感させてくれた
「食べているのは生きものだ」 1300円+税 →
に続いて、ほかの動物の「食」と人間とは何が違うのか、というテーマでせまる迫力のある写真絵本。
人間は、動物のように鋭い歯も、かたいものを消化するたくさんの胃もありません。
人間は、そのままでは食べられないものを料理することで、より美味しく、また楽しく食べるようにしてきました。
食材を採る、育てる、それを買う。そして料理の方法や道具の工夫。
世界の様々な食べものやそれを食べるための料理が紹介されていて、とても見応えがあります。
人間は料理をする生きものなのです。 
"あとがき"にも書かれていますが、自給自足から遠く離れてしまった私たちの国の「食」につても考えさせられます。     
1400円+税


集英社

「おしごとそうだんセンター」        ヨシタケシンスケ      
"おしごとそうだんセンター"にやってきたのは、宇宙船からおっこちて記憶喪失になった宇宙人。とりあえず、地球で仕事をみつようと…。
そもそも、「おしごとって何?」からはじまる宇宙人の質問に、そうだんセンターのスタッフのお姉さんのアドバイスのなんと的確なこと。
働くことの意味…ヨシタケ風ハローワークです。
宇宙人の希望する「めずらしいおしごと」も次々と紹介され、そのユニークさに笑います。 金魚すくい、ならぬ文庫本すくいなど…。
どんなおしごとでも、そのおしごとが「あなたがどんな人なのか」おしえてくれる…。確かに…。
1600円+税


文溪堂

「アインシュタインをすくえ! 時間と空間をこえた8日間」     コーネリア・フランツ 作   若松宣子 訳   スカイエマ 絵          
2020年2月29日、12歳の誕生日のお祝いとしてニューヨークへの船旅、クイーン・メリーⅡ号に乗っていたエミリーは、
突然1913年の同じくニューヨークに向かうインペラトール号にタイムスリップしてしまう。
そこで同じように2016年からタイムスリップしてきたという二人の少年に出会う。
ニューヨークに着く直前に起こる火災により、時間は何度も繰り返されているという。
第一次世界大戦直前ということもあり、船にはヨーロッパからアメリカをめざすたくさんの移民が乗船していた。
史実に基づくタイムファンタジー。
乗客の中に見つけたアインシュタインを巻き込み、ハラハラの大冒険。 はたして、もとの時代に戻れるのか…。
物語の中のアインシュタインの言葉も楽しんでください。   
1700円+税


あすなろ書房

「John ジョン」 エマニュエル・ブルディエ  平岡 敦 訳       
ビートルズのジョン・レノン。ジョンは子ども時代、両親と暮らすことはありませんでした。
父は外国に、母は他の男性と暮らし、叔母夫婦のもとで育ちました。
母への強い愛。自分をもてあます悪ガキとして過ごす日々。
その中で音楽との出会いは、ジョンにとって未来への入り口となるものでした。
「Mother」という曲からも母への思いがせつなく伝わります。
10歳だったジョン・レノンの物語です。 亡くなって43年です。今もなお、ジョンの曲は私たちの心に生き続けています。
1600円+税




  ★上へ



子どもの本●ジオジオ  
〒675-0012  加古川市野口町野口119-9
TEL 079-426-6704 FAX 079-426-5660 ziozio@fan.hi-ho.ne.jp