本文へジャンプご飯
牡蛎の炊き込みご飯


夫のリクエストで牡蛎の炊き込みご飯を作りました。
でもまだ牡蛎が高いので…牡蛎はちょっとで後は油揚げとシメジ…
圧倒的に「キノコの炊き込みご飯、たまに牡蛎あり」になりました〜笑


まだ牡蛎が高いので1パックにこれだけしか入ってない…
もう少しすると1パックに10個以上で同じくらいの値段なのに…
2合炊くので…お茶碗1杯に牡蛎が1個か2個?〜笑
ちょっと寂しい牡蛎ご飯なので他の具をたくさん入れる事になりました。
結局、キノコご飯になってしまった…笑
本当は人参やゴボウも入れようと思ったのですが、野菜室を見たら無い…笑
いかに適当に作っているかがばれます…
こんなに具が多いと水の量を多くしたくなりますが、うちの場合はほとんど変えません。
うちの炊飯土鍋で2合炊くには360ccの水が必要です。
それに合わせて、醤油と酒、鰹節の粉を入れます。
粉?…鰹節がちびっちゃくなったので粉しか出来ない…笑
1年で1本使った事になります。
買った時は高いけど、1年使えるって事はお得なのかも?

お吸い物の出しは昨日のお刺身の残り、鮭が2切れとマグロが1切れ(マグロは切れちゃった)と昆布です。
もったいなので、お刺身が残ると次の日のお吸い物の出しにします。
今まで、一番美味しい出しになったのはハマチ♪
中華風にしたい時は、鶏の皮も良い出しが出ます。
炊き上がって全体的に混ぜた所です。
うちの土鍋だと、2合で5,6分で炊きあがり、そこから15分くらい蒸らすと出来上がります。
ただ寒くなってくるとカバーを掛けないと熱々で食べる事が出来ません。
これは美味しいお焦げです。
でもお焦げになるには30分くらい経ってから…
土鍋の底に張り付いたご飯がじっくりと焼けてお焦げになるのかな?
熱々のお焦げを食べるには湯気が出てからしばらく我慢して火を止めなければ良いのでしょうが、結構匂いがするので勇気が出ない…全部焦がした経験があるので…笑