トップページへ

混合ワクチン接種が必要な訳

感染してから後悔しないために
かわいい犬や、猫達の周りには、ウィルスや細菌で移る怖い伝染病がたくさんあり、症状が重くなると、死亡する事も希では有りません。そして、これらの病気に対する特効薬はありません。

怖い伝染病から、彼らを守るためには、ワクチン接種により、抵抗力をつけておき、もし感染しても発症しない様に、万一発症しても軽症で済むようにできます。

子犬、子猫達は、母親が免疫を持っていれば、初乳からそれを譲り受けます。(移行抗体)。しかしこの免疫力は、2〜4ヶ月しかないため、この間に数回ワクチンを打たなければいけません。

ワクチンの免疫力も1年位で低下します。毎年継続して受けて下さい。
(山岸)