トップページへ

避妊・去勢手術の必要性

病気の予防と不幸な命が生まれないために
避妊や去勢手術には、もともとかわいそうな子犬・子猫を増やさないという大切な目的がありましたが、最近は飼育環境の変化からペットオーナーの間でもさまざまな意見が出ています。
 「妊娠の可能性が無いのだから自然にしておきたい。」
 「体にメスを入れるのはちょっと。」
 「オスだから子供は産まない。」
 「オスとメスを一緒に飼っていないから。」
 など、どちらかと言えば手術をしたくないと言う意見も多いようです。ただしここには重大な落とし穴があります。自然環境から隔離され人間と共に生活をする動物達は寿命が延びた反面、ホルモンの異常に起因する色々な病気に遭遇する事になりました。

ケンカによる外傷や伝染病、特にオス猫ではメスの奪い合いや縄張り争いから激しいケンカをし大きな外傷や伝染病「猫エイズや、伝染性白血病」に感染するものも少なくありません。

他には、ホルモン性皮膚疾患やストレス、オスの場合攻撃性や尿マーキングなどの問題行動、メスの場合にも発情時の煩わしさ(出血、鳴き声や、オスが寄ってくる。)があり、避妊去勢手術はこれらの問題を解決したり緩和するのに大きく役立ちます。

予防獣医学的は、それらの病気を防ごうとする考え方です。病気について簡単に説明します。
・子宮蓄膿症:子宮にバイ菌が感染し膿が子宮内に溜まってしまう病気。犬、猫共にあります。
・乳腺腫瘍:何回もの発情の度に乳腺が卵巣の刺激を受け、歳を取ると共に腫瘍化してしまう。犬猫ともにあります。犬に多いのですが、猫では悪性(乳癌)のことが多いようです。
・卵巣腫瘍:ホルモンバランスの崩れから卵巣が腫瘍化します。犬猫ともにあります。
・肛門周囲腺腫瘍:オス犬に多く、睾丸のホルモンの影響と言われています。
・前立腺肥大:オス犬のホルモンの影響でおこり、前立腺癌になることもあります。
・会陰ヘルニア:肛門の横に腸や膀胱が押し出してくる病気で、オス犬のホルモンや骨盤内の構造に関係があります。
(戸田)