トップページへ

犬フィラリア症の怖さと予防法

発症してからでは手遅れかも
フィラリア(犬糸状虫)が、蚊の媒介により感染、心臓に寄生し様々な障害を起こします。今日まで、犬達の死因のトップがこのフィラリア症です。

これは、犬から犬へ直接の感染ではなく、既に罹っている犬の血液を吸った蚊に刺されて伝染します。

室内犬も、朝夕の散歩、室内に入って来た蚊に刺されれば感染します。

ワクチンはありませんが、感染した幼虫を、心臓にたどり着くまでに完全に処分する予防薬があります。蚊の出没する1ヶ月後から、終わって1ヶ月後まで月1回のませます。ちなみに蚊は、気温15度以上で吸血活動します。
(山岸)