トップページへ

ワクチン接種で予防出来る伝染病

犬のワクチン
ジステンパー
 ジステンパーウィルスによる感染症で、感染力が強く死亡率も非常に高い犬の代表的な病気です。子犬が感染しやすく発熱、食欲減退、鼻汁、目ヤニ等の初期症状を呈した後、呼吸器・消化器症状が現れ、最後にはてんかん様発作などの神経症状を示し死亡します。


アデノウィルス1型
アデノウィルス2型
 
犬アデノウィルスには1型と2型の2種類があります。
 1型は、子犬の突然死や発熱、元気・食欲減退、嘔吐、下痢、目が白く濁るといった犬伝染性肝炎の症状を起こします。
 2型は肺炎などの呼吸器病を引き起こします。
 現在2型のワクチンで1型も予防できることから、2型ウィルスによるワクチンが用いられています。


パラインフルエンザ
 犬パラインフルエンザは、単独の感染よりも他のウィルスや細菌と混合感染して呼吸器系の病気を起こします。伝染力が非常に強く空気感染を起こすこともあります。激しい咳を特徴とします。


レプトスピラ症
 レプトスピラ症は、犬だけでなく他の動物や人にも感染の可能性がある伝染病です。黄疸、嘔吐、下痢、歯茎からの出血、血便が見られる黄疸出血型と嘔吐、下痢による脱水症状、体温低下等を呈し、尿毒症を起こし死亡することもあるカニコーラ型の2タイプがあります。


パルボウイルス感染症
 パルボウィルスによる急性伝染病です。子犬が突然死する心筋型と、激しい下痢や嘔吐を特徴とする腸炎型があります。子犬の場合は特に症状が重く、死亡率も高いので注意が必要です。


狂犬病(法律で年1回の接種義務)

猫のワクチン
ウィルス性鼻気管支炎
 ヘルペスウィルスによって起こる病気で、40℃前後の発熱と激しいくしゃみ、鼻水、目ヤニを特徴とします。強い伝染力があり、また混合感染を引き起こして重い症状となって死亡することもあります。


カリシウィルス感染症
 猫ウィルス性鼻気管炎と類似の風邪様症状を示しますが、進行すると口の中や舌に潰瘍を作ります。一般的に、気管支炎より軽症ですが混合感染する場合が多く、この場合は重い症状になります。


汎白血球減少症
 猫のパルボウィルスが原因の病気です。感染力が強く、急激で激しい高熱、嘔吐、下痢などの症状を示し、血液中の白血球の数が著しく少なくなります。脱水症状が続くと猫は衰弱し、特に子猫では非常に死亡率の高い伝染病です。


白血病ウイルス感染症
 猫に白血病やリンパ腫をはじめ様々な疾病を引き起こす恐ろしい感染症です。免疫力が弱められるのでいろいろな病気の併発を起こしやすくなります。潜伏期間が長く、その間感染猫は健康猫と見かけ上区別はつきません。しかし、いったん発病してしまうと3年以内に80%が死亡するといわれています。
(山岸)

免疫不全ウィルス感染症(FIV)
 猫体内の免疫機能に関与して、抵抗力を失わせられる、ウィルス性の恐ろしい伝染病です。猫同士の喧嘩など、血液感染が多いようです。最近ワクチンが開発されました。
(宮川)