HOME > 最先端の耐震・耐風工法 > 屋根瓦 施工法比較について(土葺き工法・引掛桟葺き工法・縦桟工法)

■屋根瓦 施工法比較について(土葺き工法/引掛桟葺き工法/縦桟ビス止め工法)

項目/工法

土葺き工法

引掛桟葺き工法

従来工法

一般釘打ち工法

縦桟ビス止め工法

横桟木のみ使用

縦+横桟木使用

施工断面図

工法概要

瓦を葺き土に接着させ、屋根を葺き上げる工法。
地震の少ない関西地方では、古くから採用され最も普及している。
横桟木を野地に釘打ちし、瓦をその桟木に引掛けて葺き上げる工法。
特に阪神神戸大震災以降 よく採用され、現在最もポピュラーな工法。
縦横桟木に瓦を固定し、ビス止めする工法
最先端の耐震・耐風工法
屋根重量

×

85~110kg/u 45~47kg/u 45~47kg/u
耐震・耐風性

ズレ防止 縦ズレ

横ズレ

瓦の安定性

メリット詳細
瓦のバラツキ(ネジレ・寸法の違い)・野地ムラなどを修正でき、屋根を最も美しく葺き上げられる工法。
葺き土による断熱効果が得られる。
土葺き工法に比べ、屋根重量が軽量な為住まいへの負担が軽減できる。
瓦の縦ズレが防止できる。
土葺き工法に比べ、屋根重量が軽量な為 住まいへの負担を軽減できる。
瓦の縦ズレ・横ズレが防止できる。
ビス止めの為 釘のような緩みもなく、台風・地震にも万全!
デメリット詳細
葺き土を用いる為 屋根重量が重く、住まいへの負担が大きい
地震等の影響や、葺き土の風化により、瓦のズレ(縦ズレ・横ズレ)が発生することがある。
野地・土留桟木を蒸らす場合がある。
葺き土が凍害を促進させる場合がある。
台風・地震及び、人が瓦の上に乗ったりすることにより、瓦の横ズレが発生する場合がある。(注:平板瓦の場合は、形状に起因し、本工法で施工すれば横ズレは発生致しません)
特に釘留めの場合 経年劣化により瓦の安定性が低減(釘のゆるみ)する可能性がある
横桟木のみの引掛桟釘打ち工法に比べ、縦桟木打ち工事費がコストアップとなる。但し、同じ屋根(特に面積の大きい物件の場合)を多人数で施工しても、葺き上がりを均一化でき、工期短縮となるので、コストダウンできる。
屋根・瓦工事専門店 興津商店 【縦桟ビス止め工法】へ戻る

関西で老舗の屋根工事・瓦工事専門店ホームへ

E-mail: t_okitsu@fan.hi-ho.ne.jp

Copyright (c) 2011 Okitsu-syouten Co., Ltd.  All Rights Reserved
このWebサイトに含まれる文章・写真・構成等の無断転用・流用を固く禁じます