→ 屋根施工法・縦桟工法・その他 屋根工事のご相談・お問合せはこちら
HOME > 最先端の耐震・耐風工法(縦桟ビス止め工法)

桟ビス止め工法(から葺引掛縦桟工法) |屋根・瓦工事専門店 興津商店

屋根・瓦工事専門店 興津商店は、和形(J形)S形本葺・本葺一体瓦屋根施工法として、最先端の耐震・耐風工法「縦桟ビス止め工法(から葺引掛縦桟工法)」を、推奨しています。この施工法は縦横桟木でを固定しステンレスビス止めしますので、抜群の耐震・耐風性能です。また、従来の土葺工法に比べて、屋根重量が約1/3〜1/2と軽量な為 屋根の軽量化が可能です。

縦桟工法

桟瓦ステンレスビス止め

瓦桟木(横桟木/縦桟木)

下葺材(ルーフィング)張付->瓦割付後 横桟木->縦桟木の順に釘打ちします。

瓦を横桟木に引掛け、ステンレスビス止めします。その際 瓦の安定駒を縦桟木に当てることにより、通りが良く瓦の安定性(土葺き工法並)が高まります。

抜群の耐震・耐風性能

従来の横桟木に加え、縦桟を使用。をこの縦横桟木で固定し、ビス止めしますので、瓦の安定性が飛躍的に向上します。抜群の耐震・耐風性能です。

引き抜き強度5倍

(vs一般釘打ち工法)

ステンレスビス

ステンレスビス

屋根の軽量化が可能

従来の土葺工法に比べて、屋根重量が約1/3〜1/2と軽量な為 住まいへの負担が激減!屋根の軽量化が可能です。

従来工法(土葺工法)/一般釘打ち工法との比較はこちらへ

瓦引上加圧試験結果はこちらへ

関西で老舗の屋根工事・瓦工事の専門店ホームへ

E-mail: t_okitsu@fan.hi-ho.ne.jp 
Copyright (c) 2011 Okitsu-syouten Co., Ltd.  All Rights Reserved
このWebサイトに含まれる文章・写真・構成等の無断転用・流用を固く禁じます