HOME > 最先端の耐震・耐風工法 > 和形(J形)・和瓦・日本瓦

■和形(J形)・和瓦・日本瓦

「桟瓦」とも呼ばれ、最も普及・採用されている瓦。一般的に、「瓦」と言う場合 この和形(J形)を指す場合が多い。1674年に西村半兵衛氏が考案した形状をベースとしており、坪所要数(49判/53判/56判/60判/64判/72判/80判/100判等)で大きさが分類される。製造方法により、いぶし瓦/釉薬瓦(陶器瓦)に分類される。

いぶし瓦 釉薬瓦(陶器瓦)
【縦桟ビス止め工法】へ戻る
関西で老舗の屋根工事・瓦工事専門店ホームへ
E-mail: t_okitsu@fan.hi-ho.ne.jp
Copyright (c) 2011 Okitsu-syouten  Co., Ltd.  All Rights Reserved
このWebサイトに含まれる文章・写真・構成等の無断転用・流用を固く禁じます