私「ただのり」が手がけた作品の一部です(編曲ものが多いですけど・・・)。公表出来るものを探してみると、こんな感じになりました。まあ、あくまで作品紹介ですので、名刺代わりのつもりで気軽に聴いてくださいね!

「ただのり」の使用MIDIは SC88 ですが、現在のところ音色は1チャンネルしか使っておりません(ゲーム音楽作品は除く)ので、どんなMIDIであっても大丈夫だと思います!ジャンジャン聴いてくださいね!

MIDIから楽譜をおこす事を防ぐために全パートを1ch.に入れています。そのためパソコン内蔵音源では、実際にはある音が鳴らない事が多々ありますので御了承下さいませ。

  ♪ ダウンロード厳禁!! ♪

このMIDIはこのページでの試聴以外で使用されません様よろしくお願いいたします。


〜 もくじ 〜


 YOUTUBE 動画 コーナー 〜  

          トゥジュールSQ演奏動画・Duoたんと演奏動画はこちらから見れます。
 編曲 コーナー 〜     ★ サックス4重奏
                   ☆ サックス5重奏
                   ★ サックス4重奏+ピアノ
                   ☆ サックス・ソロ曲

 作曲 コーナー 〜    ☆ サックス4重奏+ピアノ
                   ★ その他の編成

♪作品最新更新情報♪

サックス4重奏+ピアノ(編曲) 「You Raise Me Up」   2010.3.18(動画追加)
New!
サックス4重奏+ピアノ(編曲) 「オペラ座の怪人」   2008.8.15(楽譜追加)
サックス4重奏(編曲) 「キューティーハニー」   2008.7.24(改訂版楽譜追加)
サックス4重奏+ピアノ(編曲) 「風と共に去りぬ〜タラのテーマ」   2007.9.12(楽譜追加)


♪Youtube掲載に当たってトゥジュールSQからのお願い♪

2008年から2010年3月までmp3の提供を中止しておりましたが、
トゥジュールの生演奏を聴く事が出来ない関西以遠のファンの皆様からのご要望と、
トゥジュール管理楽譜の参考音源を求める演奏者の声に応える形で、
2010.3.18 Youtubeでの動画掲載へと踏み切りました。

ですが、このことは音源や映像、楽譜の無断流出を良しとする意思表示では決してありません。

演奏会やライブでの無断録音・撮影、楽譜のコピーは当然ながら許されない事であり、
それらを発見した場合は、当方も対象者に厳しい態度で臨む事になります。

そればかりか、再度のトゥジュール音源・映像公開の中断という事にも繋がります。

トゥジュール音源・映像をご覧になる皆様全てが、
最低限のマナーを守って下さいます事を願いながら、
ここに再掲載させていただきます。



<<<<<<<<<<以下の行為は禁止しています>>>>>>>>>

1. ニコニコ動画など別サイトへの無断転載(HPやブログへの貼り付けはOKです)
2. Midiよりシーケンスソフトを使用しての楽譜起し
3. トゥジュール管理楽譜の複写、配布

トラブルさえなければ、順次アップする映像を増やしていきたいと考えています。


- 編曲関係 -


♪♪♪ サクソフォン・カルテット作品集 ♪♪♪

私が今現在、最も力を入れている分野がこの「編曲」です。その中でも取り組む機会が多いのがこのサクソフォン・カルテット作品。サックスソロとピアノのデュオ曲は、殆どの場合私自身がピアノを弾くことになるので 作・編曲してもピアノパートを楽譜に書くことは無いが、カルテットとなるとそういう訳にはいかない。まあ、そのおかげできちんとした形の楽譜が残っているのだが。。。
以下の曲は全てトゥジュール・サクソフォン・カルテットの依嘱作品(?)となっている。毎年1、2曲のペースで依頼されるが、果たしていつまで頼んできてくれるのだろうか(笑)?


−  曲目を太字で示してある曲は楽譜提供できます  −
※当たり前の話ですが、無料での提供はいたしておりません。

Kyu-Tee-HANYYYYY  2008.7.24アップ
キューティー・ハニー    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

出たー!アニメソング!
何気に難曲です(TenとBarのからみが)。
2007年11月に小学校の鑑賞会用に編曲。意図はAltoの楽器紹介。
だからAltoは主旋律のみ。
うむ〜〜〜〜〜〜〜〜主旋律以外が異常に目立ってる・・・・・(ToT)

とか何とか言いながら、かなり凝ってます。
Ten.とBar.の息はピッたり!!!とかいうカルテットにはお勧めの一曲!
別名「ワイルドハニー」


 「キューティーハニ」
Midiデータ全曲版 9.96KB 1分46秒  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。


D. SHOSTAKOVICH  / Festive Overture  2005.3.29アップ
ショスタコーヴィチ / 祝典序曲    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

これも吹奏楽をやっている高校生にはおなじみの曲(?)らしいですね。ショスタコーヴィチの、あまりにも有名な名曲ですね。2004.12.14の「トゥジュールS.Q〜クリスマススペシャル」の為に編曲、初演。
初演から3ヶ月経っての公開ですが、別に意味はありません。単に忙しかっただけですm(__)m
この曲の4重奏編曲依頼を受けたとき、どうしてもこの曲がカルテットになるところを想像できず、一度は断りました。
でもその後、嫁さんの「それを何とかするのが(編曲の)プロちゃうのん・・・・」の一言に奮起、推敲を重ね、一気に書き上げたという経緯があります。
初演は反響がかなりあった事と、作品が私の想像以上に壮大に響き、苦労が報われました・・・・はい。

さて、この編曲、途中で2箇所原曲をカットしている部分があります。一箇所は5小節ほど、もう一箇所はスコア3ページ分の大カット。理由は、あくまで「4本での祝典」にこだわった為。何処をカットしたのかは原曲と編曲を聴き比べれば解るかと。というわけで、カットをしている以上、この作品はいつまで経っても「未完成」です。でも、私はこれ以上手を加えるつもりはありません。
アップしたのはあくまでも「4本の単旋律楽器で壮大な祝典序曲に挑戦!」という心意気だけです。


 「祝典序曲」
Midiデータ全曲版 24.3KB 4分47秒  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



ロマネスク
  2005.2.2アップ
    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

吹奏楽をやっている高校生にはおなじみの曲(?)らしいですね。2004.9.14の「トゥジュールS.Q〜3rd.リサイタル」のアンコール用にメンバーの辻本剛志氏が編曲したものを校訂。
私はこの曲に思い入れが無かったためか、先日発見した演奏会録音MDを聴いて、「あ〜、こんなんやったなぁ・・・・」と思い出す始末。唯一覚えているのが、演奏会前日に校訂依頼が舞い込み、当日の朝ようやく出来た・・・・という事くらいでしょうか(^^; 出来上がり遅々新記録でしたが、これは私のせいではないですよね(^^ゞ
とりあえず、思い出し記念にアップしてみました。
そういえば、この曲はアンケートでも結構人気が(不思議と)あったんです。未だ私はそのよさが解らない・・・・美しいんですけどね。

どうか皆様、この曲の魅力を教えてくださいm(__)m


 「ロマネスク」
MP3データ全曲版 2.59MB 2分50秒  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



キャラバンの到着  2004.1.12アップ
    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

ブラスでおなじみの曲(らしい)ですね。映画「ロシュフォールの恋人たち」の曲で、2003年には「三菱自動車/LANCER」のCM曲として使われてましたから、皆様もなじみが深いかと思います。・・・って知ったかぶりしてますが、私はCMで初めて聴きました(^^ゞ でも、かっこいいですよね〜。2003.12.14「トゥジュールS.Q. クリスマススペシャル」の為に編曲。

この編曲、子育て真っ最中の作業だっただけに色んな意味で苦労した作品です。1分仕事をすれば、息子の「あそぼーよー」の声に中断、心を鬼にして仕事を続けても、別の部屋からの『ドンがらがっシャン!!』の音と、続けて聴こえる「あーーーーーーー(「あ」に点々の叫び声)」に敢え無く中断。。。。そのうち、自身が何をしてたのか忘れてしまうといった状態(^^; こんな状態なのに編曲を引き受けた事をいたく後悔したものです。

でもそんな状態で作ったからでしょうか、最も反響の大きかった編曲作品の一つとなりました。演奏者の「演奏会3日前納品」という過酷な条件の中の熱演に感謝です。(結局、しわ寄せが演奏者に行ってしまったわけですね(^^; )

ドラムの入らない、4本の単旋律楽器で編みこんだ「キャラバン」、お楽しみください。


 「キャラバンの到着」
Midiデータ全曲版 17KB 2分55秒
  ←この音符をクリック!
MP3データ全曲版 3.01MB 3分17秒  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



アルプス一悶着(アルプスひともんちゃく)  2003.5.17アップ
    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

2003.4.29「トゥジュールS.Q. 2nd. リサイタル」の為に書き下ろした作品。トゥジュールらしい元気な作品を依頼されながらも、自分の精神状態の悪さから(仕事上で色々とあったのですよ・・・・ホント(^^; )中々曲が書けずにいた。悩みに悩んでいた頃、自分の生徒である5歳の女の子と「アルプスいちまんじゃく」を一緒にやったのがきっかけで、この曲が一気に誕生した。

「『いちまんじゃく』ってな〜に?」・・・・はて、なんだろう?もちろん調べればすぐに分かるのでしょうが、果たして予備知識もなくこの唄の意味が分かる人がどれくらいいるのでしょうね。それに、手遊びも土地や世代によって、随分と違うのです。なかなか奥が深いですよ、この曲は。。。。

現代の子供と一緒に歌い遊ぶ「アルプスいちまんじゃく」に驚き、戸惑い、そして一緒に笑う、そんなささやかな情景を曲にしてみました。
2分15秒あたりからが私の趣味の世界。
「あ〜る〜ぷ〜す〜ひともんちゃ〜く〜」・・・・皆さんも一緒にいかが?


 「アルプス一悶着(アルプスひともんちゃく)」
Midiデータ全曲版 24KB 5分18秒
  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



Christmas Song  2003.1.7アップ
クリスマス・ソング    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

この作品、私もよくは知らなかったのですが(というより、初めて聴いた)・・・きれいな曲ですね(笑)。皆さんはこの曲ご存知でしたか?2002.12.15の「いつもSAX!クリスマスコンサート」にて編曲初演されたもの。原曲を一度も聴いたことが無く、イメージが違ってたら申し訳ない・・・・(^^; 資料不足でした。
昨年作った「5重奏版ホワイトクリスマス」と同じ感じで・・・・と編曲依頼を受けましたが、四声ではどうにもこうにもならず、悩んだ挙句がこれ。ヤッパ、和音重視では5声の様にはいきませんでした、トホホ・・・。でも、なんのかんの言いながらも気に入ってます。クリスマスといえば定番の曲(?)が幅を利かせてますが、こんなに泣かせてくれる旋律線を今まで耳にしたことが無かったとは・・・・知らないだけで、探せば良い曲ってあるものですね。
さてこのMidi、聴くときはあくまで「旋律の動き」の確認としてお聴きください。このデータでは、やっぱ生演の爪の垢にも及びません(^^;
編曲に連続やら並達が何箇所かあるのは解っているのですが、響き重視ということで・・・・・はい(^^ゞ


 「クリスマス・ソング」
Midiデータ全曲版 8KB 1分45秒
  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



George GERSHWIN / Prelude No.1  2002.6.12アップ
ガーシュウィン / 3つの前奏曲より 第1番    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

下の「火祭りの踊り」と同じく2002.6.10の「いつもSAX!トゥジュール公演 in 開成館サロン」にて編曲初演されたもの。
この作品は原曲はピアノ曲ではありますが、よくオケ曲などにも編曲されてますね。私も2年前に4重奏+ピアノに編曲初演しました。で、そちらで評判が良かったのですが、どうにもピアノ譜を作るのが面倒だったため、そのまま放ってました(^^ゞ その制作時にお世話になったのがこちらトゥジュールさん。今回のカルテット用編曲は、その時のお礼にという意味で作成しました。トゥジュールらしくて良い出来になったと思います。
さてさて、この前奏曲はゼンブで3曲ありますが、私の編曲はこの1曲のみ。カルテット用には他の方が編曲されたものが全曲版あるそうですね。(気づいたのは制作中。。。(^^; )。なんか全曲編曲する意欲が失せちゃったなぁ(笑)。まあ演奏者曰く、私の版は「全然違う!」らしい。これは「原曲と違う」のか、はたまた「編曲と違う」のか・・・・
皆様も吹き比べてみてはいかが?


 「前奏曲第1番」
Midiデータ全曲版 8KB 1分45秒
  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



Manuel De Falla / Danza ritual del Fuego  2002.6.11アップ
ファリャ / 火祭りの踊り    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

嫁さんの出産休暇の為に1年半間隔が空きましたが、本当に久しぶりのトゥジュール献呈編曲です。初演は2002.6.10の「いつもSAX!トゥジュール公演 in 開成館サロン」にて。
この作品は5重奏かもしくは4重奏+ピアノになら、いつか編曲してみたいな〜(好きなんですよ〜)と思っていた曲だったのだが、カルテット用に編曲を依頼され「ホイホイ」と二つ返事で引き受けたが運の尽き、その結果とんでもなく苦労するハメニなってしまったといういきさつを持つ作品。
しかしまあ、苦労の甲斐あってか なかなか面白い出来になった ・・・・・ と思ったら、今度は曲がとんでもなく難しい(特にアルト)内容に成ってしまったらしい(^^ゞ テナー奏者の第一声なぞ「キーが壊れるんちゃうかと思ったワ・・・・(笑)」
コウイウ時編曲者が演奏者にかけれる言葉はただ一つ、「がんばってね〜(^_^)/」


・・・で、付いた作品のあだ名が「悪魔のトリル・現代版」

アルト、テナー奏者、腕に自信のある四重奏団にお勧めです。
ちゃんと決まればカッコイイはず(笑)!

初演ではトゥジュールの皆さんが頑張ってくれてました、感謝!
トゥジュールの皆様、楽しめました?(笑)

 「火祭りの踊り」
Midiデータ全曲版 26KB 3分38秒
  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



ウィっす!メリークリスマス!  2000.12.23アップ
    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

20世紀最後の(?)編曲?9ヶ月ぶりのトゥジュール新曲です。初演は2000.12.23の「いつもSAX!トゥジュール・クリスマス・コンサート」で。
この作品には編曲者お得意(?)の「他の曲とのごちゃ混ぜ作品」にはしておりません。それ系のアイデアがたくさん有りすぎて、ありきたりかなーとも思いましたので。それにそろそろ「こいつ、コレしか知らんのか・・・」とか思われるかも知れないですからね(笑)。曲名の「ウィっす〜」は、、、、聴けばわかります(^^; 私はずーっとホントの曲名がこうだと信じておりましたから・・・(^^ゞ
編曲者自身は、まだこの曲のトゥジュール演奏を聴いておりません。何せ初演日は、私も別の場所で演奏会でしたので。曲が曲だけに、どうやら来年まで聴けそうにないですね(^^;

この曲結構気に入っています。特に後半の「ケルト民謡風」のところが好き!・・・でも、演奏者曰く、結構難しいそうです(^^; いつもすみませんねぇ、トゥジュールの皆様(^^ゞ

 「ウィっす!メリークリスマス!」
Midiデータ全曲版 20KB 4分15秒
  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



組曲「サウンド・オブ・ミュージック」   1.プロローグ 2.メドレー 3.フィナーレ  
2000.7アップ
    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

2000年2月編曲。この曲が出来上がったのはトゥジュールS.Q.の演奏会のわずか4日前という、何とも苦い思いでの曲。お叱りごもっとものところを文句一つ言わずに見事に演奏してくれたこの四重奏団を見て、プロの集中力とはかくあるべきかと思い知らされたものです。
私は「最後を静かに終わる」のが好きなのですが、今回は演奏者の注文で「派手に」終わってます。ま、タマにはこういうのもいいか(笑)。MIDIでは3曲目のフィナーレをお聴きいただけます。
1、2曲目は・・・器械だとマヌケな曲になってしまいますので・・・(^^;)
何とか参考になる生録音は無いですか?というメールが多かったので、2005年1月6日にmp3をもアップしました。
でも、生演奏の方がもっといいですよ〜(^^)/


 「サウンド・オブ・ミュージック - 3.フィナーレ」
Midiデータ全曲版 20.1KB 3分25秒
  ←この音符をクリック!
MP3データ全曲版 3.49MB 3分49秒  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



ディズニー・ディズニー  
2000.11.18アップ
    編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

1999年春編曲。元々はサクソフォン・トリオ用に作ったもので、それをトゥジュールに吹いてもらいたくてカルテット用に書き直したものがこれ(俗に言う「無理矢理献呈」)。この曲を演奏すると、子供たちは大喜びで聴いている。うー、子供に喜んでもらえるのはすっごくうれしいんだけどねー、私自身曲の最後が気に入らないのだ・・・・。そういう訳で、MIDIは作っていなかったのですが、「サンプルが聴きたい」という声もありまして、お恥ずかしながら公開です。。。。。うー、いつか書き直してやる!・・・と言いつつ、その時間がなかなか取れないんだよなぁ・・・改訂版が出るのはいつの事やら。

 「ディズニー・ディズニー」
Midiデータ全曲版 29KB 6分45秒
  ←この音符をクリック!


楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



女心と秋の空
   1.秋の天真爛漫〜2.秋の波乱万丈〜3.秋の一刀両断  2000.7アップ
   編成:ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

1998年秋編曲。曲名は仰々しいがナンて事はない、ただ秋にちなんだ曲をメドレーにしたもの。とはいえ、私なりの遊びが随所に入っている。カルテット初めての作品ながら、随分と楽しんで作った記憶がある。さて、あなたは何曲見つける事ができるかな?(たとえば、前奏12小節だけで6曲の秋の曲を使ってます。)
それからもう一つ、グラズノフのあの曲って秋の曲にピッタリ合うのですね。。。何の事かは全曲聴けば分かりますよ!
この曲のMIDIは、音色をクラリネットに設定しています。

 「女心と秋の空」
Midiデータサンプル(前奏部分のみ) 2.04KB 0分24秒  ←この音符をクリック!
Midiデータ全曲版 37.1KB 8分32秒
  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



♪♪♪ サクソフォン5重奏( 5 Sax . )作品集 ♪♪♪

White Christmas  2001.12.19アップ
ホワイト・クリスマス   編成:サックスカルテット(Sop. Alto1 Alto2  Ten. Bar.)

2001年最後の(?)編曲。いつもカルテットの作品しか編曲しない私に5重奏の編曲依頼が!うれしハズカシの編曲作品です。2001年12月23日の「トゥジュールサクソフォンカルテット」演奏会のアンコール用に作成、同演奏会で初演予定。毎年恒例のトゥジュールさんの依頼ですが、最近は依頼者側も慣れてきたのか(仕上がりが遅いのを恐れてか・・・m(_~_)m)「変拍子は使わない様に」「ムーディーに仕上げて」「テンポを途中で早くなるような曲にして」・・・・等々の注文が有るようになった(笑)。よい傾向です、コウイウのは大歓迎。でもこれが無かったら、やっぱり怪しいリズムや拍子を使いマクっていた事でしょう(^^; 良かったですね(笑)。
4本の旋律の重みを同等にするという作業は結構やっているので慣れているが、5本になるとまた勝手が違いますね、予想以上に苦戦しました。しかし、短い曲ながらなかなかのお気に入りです(^_^)
いつか時間があったら、変拍子満載の「White X'mas」を書きたいものです。
今回の作業は体調不良の中書いたものなので、色んな意味で面白いものになった。頭がぼーっとしてたおかげで、通常の頭の回路とは違う部分を使ったのかなぁ・・・。

そんなこんなで思いでに残る作品になりました。

 「White Christmas」
Midiデータ全曲版 9.37KB 2分51秒
  ←この音符をクリック!


楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。

♪♪♪ サクソフォン5重奏( 4 Sax . and Pf. )作品集 ♪♪♪

新分野の開拓・・・などというつもりはないですよ。ただ単に、カルテットの作品ばかり書いていると、自分も入ってやりたいな〜的な衝動に駆られ、ついには演奏会までしてしまった。しかしこの分野は想像以上に曲数が少ない(^^; 結局、演目の殆どを編曲する事になってしまった。。。。う〜ん。。。。。

それだけたくさん編曲すると、自分のパート(ピアノ)の練習の時間が無くなる。そういう状態に追い込まれたため、ただでさえめんどくさがりな私の事、ピアノの楽譜は書いておりません(笑)。演奏会ではコード譜などの即興演奏でした。毎回違うピアノパートに、カルテット奏者は随分と困惑された様子です(その節はご迷惑をおかけいたしました(^^ゞ )MIDI演奏では、私の当時の(?)演奏が入っております(もちろんミスタッチは修正済み(笑))。

最近では5重奏での演奏会数が多くなってきたので、楽譜にしていない5重奏曲がたくさん増えてきた。で、楽譜に起こしてほしいというリクエストの多いものや、熱意のある要望にお応えし、少しずつ楽譜を作っていきたいと思ってます。(空いた時間に・・・(^^ゞ )
この編成での演奏がもっと気軽に出来るようになる事を願って・・・・・。


You Raise Me Up
  2010.3.18アップ 
          編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2008年9月の編曲。2008年9月30日の「阪神大震災復興祈念コンサート〜サックスでリラックス」用に作成、初演。
これも以下の曲同様、まだピアノパート譜は作っていませんが、これも書きたい曲の一つ。
今でもはっきりと覚えているけど、楽譜が出来たのは初演当日の朝。しかもその日は大雨洪水警報が出て、雷が鳴り捲りjの豪雨。嵐の予感ならぬ「嵐の中」での演奏会でした。
Altoの独奏のようなつくりになっていますが、これはこの曲のイメージそのまま現したらこうなっただけです。例によって「Alto(奥さん)がおいしいねぇ〜」という声も多々聞かれましたが(笑)、これは一歩も譲れません。
ちなみに、私はSopがおいしいと思うんだけどなぁ・・・・。

映像では曲頭にオカリナが入っていますが、通常がAltoの無伴奏。
お気に入りの一品です。


 「You Raise Me Up」
 Youtube動画 3分42秒
  ←この音符をクリック!


プッチーニ/「トゥーランドット」より〜誰も寝てはならぬ  2007.1.22アップ
          編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2006年9月の編曲。
2006年9月30日の「阪神大震災復興祈念コンサート〜サックスでリラックス」用に作成、初演。
これも以下の曲同様、まだピアノパート譜は作っていませんが、これも書きたい曲の一つ。
昨年は「これでもか」というくらい演奏されたこの曲、いや〜、TVの力は大きい。というか、やはり日本中が金メダリストの演技に引き込まれたのだろう。
私も洩れずに感動したクチで(今まではそれほど良い曲とは思えなかった・・・3大テノールとか何とかいう人達の演奏のせいだ(ToT) ))、しっかり編曲やってしまいました。
とはいえ、あまりにも多くの編曲作品が出てるので、何だかなぁ・・・・と、公表は控えていました。でも、年も変わったし、時効かな。
全パートとも、ピッチの取り方に苦労するアレンジながら、まずは初演で此れだけやってくれれば恩の字です。トゥジュールの皆さん、感謝!


 「誰も寝てはならぬ」
MP3データ 3.4MB 2分56秒
  ←この音符をクリック!


マ○ケン○ン○2  2007.1.22アップ
          編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2006年2月の編曲。ほぼ一年前ですね・・・
2006年3月24日の「サックスでリラックス 夜久野公演」用に作成、初演。
これも以下の曲同様、まだピアノパート譜は作っていませんが、一番人気の曲の一つ。
パーカッションのノリを、平均率と純音楽で表した自慢のアレンジ。
今年のノリはこんな感じで行くぞ〜って事で。


 「○○ケンサ○バ2」
MP3データ 3.2MB 2分45秒
  ←この音符をクリック!



風と共に去りぬ〜タラのテーマ  2006.2.1アップ
          編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2005年9月の編曲。映画「風と共に去りぬ」をこよなく愛するオールドファンの声に応えて、2005年9月24日の「阪神大震災復興祈念コンサート〜サックスでリラックス」用に作成、初演。
ピアノパート譜のみ作っていなかった為、楽譜提供できませんでしたが、その後メガマーツSQ(トゥジュール楽譜を提供した事でネット上でお付き合いが出来た静岡のカルテット)のメンバーが「めでたく結婚」との一報を受け、そのお祝いもかねて2007年7月に楽譜作成し、式で演奏してもらいました。確かにこういうイベントでもないと、通常の新曲作成に追われて、過去の曲は中々楽譜に出来ない(書く気力が出ない(^^;)です・・・はい(^^ゞ
余談ですが、このSQに「お祝いに何か一曲楽譜に起こしてプレゼントしますよ」と申し出たところ、この曲を選択されたわけですが、正直、「オペラ座」か「マツケン」が来ると思ってました。この2曲の楽譜作成依頼数は相当なものですし、この機会に無理やり作っちゃえ(笑)!と。中々、現実は甘くないですね(^^;

Duoたんとでは結成時より度々演奏してきましたが、演奏会アンケートにこの曲の、映画に対する思い入れを書かれるお客様が多かった事を思い出し、「復興祈念コンサート」用として5重奏編成にアレンジすることにしました。7年前初めてこの曲の旋律譜を見たとき、単純な旋律ながらタイトル負けしない旋律線に魅力を感じたのを覚えています。
さて、皆様にはどのように届きますでしょうか。
演奏は初演というだけあって、お世辞にも「良い演奏」とはいえないものですが、私は何故かこの初演時の録音が気に入っています。


楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。


 「風と共に去りぬ〜タラのテーマ」
MP3データ 4.27MB 3分43秒
  ←この音符をクリック!


オペラ座の怪人〜前奏曲  2008.8.15アップ
          編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2005年9月の編曲。2005年9月24日の「阪神大震災復興祈念コンサート〜サックスでリラックス」用に作成、初演。
2008年8月、ようやくピアノパートの楽譜も完成しました。
ここまで約1000日・・・・・長かった(ToT)
楽曲は7分ほど続くメドレーものに仕上げていますが、全部やると長いので冒頭のみの公開です。
全曲聴きたい方は、是非またトゥジュール&大島の「リラックス」シリーズにお越しくださいませ。
またいずれやるでしょう(^^)/



楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。


 「オペラ座の怪人〜前奏曲」
MP3データ 2.44MB 2分07秒
  ←この音符をクリック!


芭蕉布  2005.8.31アップ
          編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2005年4月の編曲。2005年4月9日の「サックスでリラックス〜奈良公演」用に作成、初演。
これもFM局の収録用に音源編集したもの。時間の関係上、オンエアーされませんでしたので、この場を借りて公開です。
これも以下のリバーダンス同様、まだピアノパート譜は作っていません。
特に凝ったことをしているわけでもなく、ほとんど素のままの編曲です。その理由は、旋律の美しさを見れば分かるでしょう。
沖縄民謡の中での、一番のお気に入り旋律です。



 「芭蕉布」
MP3データ全曲版 3.24MB 2分50秒
  ←この音符をクリック!


Countess Cathleen  2005.8.29アップ
キャスリーン伯爵夫人   編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

これもアイルランド民族音楽「リバーダンス」の中の一曲。先にアップしていた「ファイアーダンス」の前に2曲続けて演奏する目的で編曲。私はファイヤーダンスよりもコチラの方が好きだったりして。演奏する際には、これ単独でというわけにはいかないので、最近はなかなか演奏機会がないなぁ。。。。

2004年1月の編曲。2004年3月8日の「神戸震災復興祈念演奏会シリーズ〜サックスでリラックス」演奏会用に作成、初演。
初演から1年半後のアップですが、たまたま本日FM局の収録があって、その中で使う録音を探していたら出てきました。
遅まきながら公開です。
これもファイアーダンス同様、ようやく楽譜が完成。とはいえ、これもやはり楽譜に書いて固定させてしまうには惜しい曲ですね。

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



 「キャスリーン伯爵夫人」
MP3データ全曲版 3.02MB 2分38秒
  ←この音符をクリック!
(録音は校訂前のもので、楽譜上とは違う部分があります)


Firedance  2004.11.8アップ (2007.2.28再アップ)
ファイアーダンス   編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

ご存知アイルランド民族音楽「リバーダンス」の中の一曲。
2004年1月の編曲。2004年3月8日の「神戸震災復興祈念演奏会シリーズ〜サックスでリラックス」演奏会用に作成、初演された。
2001年にはソプラノとピアノ用に編曲、繰り返しDuo「たんと」で演奏してきたが、人気のある曲なので2003年にSax2本とピアノ用を作成。
この曲は・・・・・燃えます!!以上!
即燃えたい方は0'59"あたりから聴きましょう。

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。



 「ファイアーダンス」
MP3データ全曲版 5.0MB 4分20秒
  ←この音符をクリック!
(以前は初演時の演奏をアップしていたものの、「何故ピアノ部分をカットする?」「足踏みのリズムが楽譜と違う!」というクレームがいくつかあったので、再アップしました。
そりゃ、前の録音は楽譜を作る前のヤツだもんなぁ。。。。。。ピアノなんて、毎回違う事やってるし。。。。。
この曲を演奏する時は必ず2部のラスト。この録音も2時間公演のラストのものだから、いやはや、さすがに皆さん疲れてますね〜(^^; )


Time To Say Goodbye  2004.9.29アップ
タイム・トゥ・セイ・グッバイ   編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2004年3月の編曲。2004年3月8日の「神戸震災復興祈念演奏会シリーズ〜サックスでリラックス」演奏会用に作成、初演された。神戸の人たちに元気を!というテーマで選曲していたので、迷わずにこの曲を選んだ。単純なのに、とても良い曲ですね。結構気に入ってます。
長い間楽譜に起こさずに眠らせてましたが、楽譜が欲しいという熱い要望にお応えしての製作となりました。お待たせしました〜。
さてこの曲、私の頭の中のイメージではどうしてもアルトがメインになる。別にトゥジュールのアルト奏者が嫁さんだからエコヒイキしているわけではないが、傍から見ればそう思われても仕方がないか。。。(^^;
でも、やっぱりアルトなんですよ。。。。。音色が。。。。。
オプションは書いてませんが、アルトソロの部分を半分ソプラノがもらっちゃっても問題はないです。はい。
でも、やっぱりアルトに吹いて欲しいなぁ。。。。。



 「Time To Say Goodbye」
MP3データ全曲版 3.48MB 3分49秒
  ←この音符をクリック!

楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。


Joyfull Joyfull  2001.6.17アップ
ジョイフル・ジョイフル   編成:サクソフォンカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

2001年最初の編曲。ご存じ「天使にラブソングを2」の曲で、2001年2月17日の「リベルタ・S・Q」演奏会のアンコール用に作成、同演奏会で初演された。アドリブのパートがSop.とBar.に含まれる。このMIDIでは、初演奏者のA.J氏とK.N氏両名のアドリブ演奏を元に作成。
ベートーヴェンの「第九」の変奏という、誠に楽しい作品で、ついついMIDIの作成にも力が入っちゃったよ(笑)
後半のノリノリが好きで、しばらくはこの曲にハマッタよ、、、、(^^ゞ

前半はワシのMIDIではかっこよく聴こえるのですが、嫁ハンのMIDIで聴いた処なんじゃこれ状態でした。1分45秒くらいの処(テンポが速くなって)からが聴き所なので、それまでは辛抱辛抱!(^^;

 「Joyfull Joyfull」
Midiデータ全曲版 25KB 4分02秒
  ←この音符をクリック!


楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。




♪♪♪ サクソフォン・ソロ( Sax . and Pf. )作品集 ♪♪♪

ウンチクはなし!良い曲は私たちも演奏したい!良い曲はたくさんの人に知ってもらいたい!良い曲はたくさんの人に聴いてもらいたい!それが無名な曲ならなおさらだ!
・・・・・以上が私の「編曲する理由」なのでした。

Malcom ARNOLD / Sonatina  (Soprano Saxophone version 〜Final Mov.)  2001.8.10アップ
ソナチネ最終楽章   編成:Soprano Saxophone & Piano

原曲はクラリネットとピアノの為のソナチネ。演奏は聴いたこともなく、たまたま楽譜倉庫でばったりと出会った曲。別にこの曲で目新しい事をしているわけではないけど、譜面の面白さからいつかはやってみたいと思っていた。でも、なかなかこの曲をしたいというクラリネット奏者と出会えず(私の知ってるCl.奏者はロマンチストが多くて・・・・(^^ゞ)、我慢しきれずSax用に編曲。音域から機能性まで何から何まで違う為、原曲のイメージとはかけ離れてしまったかもしれないけど、この曲を知ってもらうには良い機会だと自分に言い聞かせながら1999年に初演。その時は演奏直後、客席から「おぉぉ〜」という声が聞こえるくらい反応があったんですが、そのワリにこの曲についての情報を知りたがる人が少なかった(残念)。面白くないのでそれ以後封印してきましたが、またまた再演の話が・・・・。

この曲を聴いて「かっこいい!」と思った方!ぜひとも原曲の楽譜も買って見てくださいね。全曲面白いですから(^_^)

 「Sonatina〜Final Mov.」
Midiデータ全曲版 19KB 1分58秒
  ←この音符をクリック!
楽譜・・・T&T publisher より  お問い合わせはただのりまで



- 作曲関係 -


♪♪♪ サックス5重奏曲集 ♪♪♪

民謡の主題によるワールドバリエーション  2001.8.6アップ
    編成・サックスカルテット(Sop. Alto. Ten. Bar.)、Pianoによる5重奏

もともとこの曲は小学生4年生から6年生までのリコーダーアンサンブルグループの為に作曲されたもので、1998年の作品。小学生演奏者にも興味を持ってもらえるような楽しい曲を作りたいと思ったのがキッカケだが、聴いて頂ければ分かると思いますが「非常に難しい!(笑)」。まさに対象年齢を考えない「独りよがり」の作品となったわけですが、恐るべきは子供達の能力!コレをものの見事に演奏してくれたのでした。初演時はその子供達の可能性に、涙が出るほど感動したことをはっきりと覚えています。

さて、それから再演の機会もないかと思われていたこの曲ですが、あるキッカケからSaxカルテットとピアノ用に編曲、再演されました。それが結構好評で、ちゃんと別のピアニストでも弾けるように楽譜を作ってほしいという事になりました(当然今までは私がピアノを弾いていたので、楽譜が無かった訳でして。。。。(^^ゞ )。

曲は「民謡」(私の作った「ロシア風旋律」)を元に、第一変奏「ルーマニア風」、第二変奏「フィンランド風」、第三変奏「沖縄風」、第四変奏「中国風」、そしてロシアに戻る「変則世界一周旅行」です。

さて、皆様はどの国の旋律がお気に入りですか?私はフィンランドと中国ですね(笑) あちょ〜っ!

 「民謡の主題によるワールドバリエーション」
本来は「沖縄」と「中国」でかけ声が入ります。子供達は喜びますよ(^_^)
Midiデータ全曲版 30KB 6分29秒
  ←この音符をクリック!


楽譜のお問い合わせはトゥジュール・サクソフォン・カルテットまで。







♪♪♪ その他の編成作品集 ♪♪♪

トトト・スプラッシュ  2004.3.27アップ
    編成・3マリンバ、ピアノによる4重奏 (前半、ピアノ奏者もマリンバ演奏)

2003年春初演。初演者は小学3,4年生の子供たち3人。
器楽合奏用に作曲したこの曲、元になった原曲はタイトルからも想像できる通り「トトトのうた(チョップスティック)」。
『ととと・ととと・ととと・ととと・すごいすごいニワトリだ、ととと・ととと・ととと・とても・すごいタマゴ産むよ!・・・・』
という歌詞から、「さーどんなタマゴが産まれるのかね〜」と色々面白おかしく想像しながら作った遊び心満載の曲。
子供たちに「調の変化」「拍子の変化」「テンポの変化」の面白さを体感して欲しくてこの曲を作ったのだが、難しい曲にも関わらずものの見事に演奏してくれた。演奏が終わった瞬間の客席の大きな拍手と子供たちの満足感に満ちた笑顔が印象的でした。ワシも指揮台の上で思わずガッツポーズ(笑)。

プロのマリンバ奏者用に作ったのではないので、おそらく再演の機会はないでしょうね。
でも子供たちの熱演のおかげで、とても思い入れの深い曲となりました。
というわけで、せめて記念にHPにアップしておきましょう。
子供たちの熱演に感謝!

 「トトト・スプラッシュ」
Midiデータ全曲版 25KB 3分28秒
  ←この音符をクリック!

楽譜・・・T&T publisher より  お問い合わせはただのりまで


ある落葉の物語  2003.8.9アップ
    編成・サックス(アルト)、クラリネット、ピアノによる3重奏

2002年春初演。とある演奏会用にこの編成で依頼され作曲したもの。偶然バックアップを整理していたらでてきたMIDIを聴いて、こんな曲も作ってたんやなぁ〜。。。。あまりにも懐かしく感じたのでアップしてみました。

この曲は、2001年秋に息子と山深い渓谷を見に行ったときの情景をそのまま曲にしたもの。
一枚の落葉が水面に落ち、漂い、流され、水流と遊ぶ。。。。
その落葉が見えなくなるまで、息子と二人、目で追ったものです。
子供が生まれるまでは、きっとこんなものには目もくれなかっただろうに。
そんなことを思い浮かべながら書いた、私の中の「童心」を曲にしたものです。

譜面上は、ピアノとクラが難かしいですね。サックスに音圧で喰われないようにするには、、、、、と考えながら作ったらこうなっちゃうんですよ(^^;
・・・・また別のグループの演奏、聴いてみたいものです。

さて、再演はいつのことやら。。。。。

 「ある落葉の物語」
Midiデータ全曲版 37KB 7分19秒
  ←この音符をクリック!

楽譜・・・T&T publisher より  お問い合わせはただのりまで

♪♪♪ オカリナ作品集 ♪♪♪


都合により当コーナーは閉鎖致しました。
御了承くださいませ。
ナマの演奏でお会いしましょう(^_^)/


TOPへ