猫のNG!餌

ここでは、猫に食べさせてはいけない食べ物を紹介します。

食べ物 主な症状
ネギ・玉ネギ・にんにく 貧血を起こします。他にニオイのきつい野菜はダメです。人間の食べ物でこれらが含まれてる食べ物を食べさせてはいけません。注意です。
時には死に至ることもあります。
塩分の多いもの 心臓病・肝臓疾患の恐れがあります。
猫ちゃんも少量の塩分を取らないといけませんがキャットフードに含まれている程度で十分です。
絶対に塩コショウの振ってある食べ物、塩分の濃い食べ物を与えないで下さい。
辛し、わさび、香辛料など このような刺激が強いものは、胃炎や内臓障害を起こしますので要注意です。
甘いもの
 (チョコレート・ケーキなど)
肥満や糖尿病になる恐れがあります。
心臓の負担にもなります。
貝類(特にアワビ、サザエ) 猫が食べると体の中で毒物が発生するものがあります。皮膚病になったり耳が壊死することがあるので注意です。
生肉 消化不良になります。
寄生虫もいるので注意です。
イカ・タコ 特に生のままで消化不良を起こします。
消化に良くないので食べさすのは禁物。
スルメ 食べさせてしまうとスルメは胃の中で水分を吸収して10倍に膨れてしまいます。
急性胃拡張を起こします。
鶏、豚、魚の骨など 鶏の骨は噛み砕くととがった形に割れますので咽喉に刺さる危険があります。豚の骨も同様です。
魚の骨は大きいものは要注意、そのまま飲み込んでしまうので刺さる危険性大。
 
注意すれば問題ない
牛乳 牛乳に含まれている成分で猫には分解しにくいものがあります。そのため下痢になる仔もいますので注意
卵白は消化が悪いので加熱して与えてください。
ですが、体にはいいので与えてはダメと言うわけではありません。夏場は食中毒になる可能性があるので卵黄も加熱する必要があります。
 
猫の餌
餌の種餌, ドライフード